介護の仕事は、ほとんどの施設で24時間体制の介護が必要になります。

パートタイムの介護求人もあれば時間短縮での介護求人もあります。

日勤の求人もあれば、もちろん夜間の求人もあります。

夜間専門の介護求人は少ないのではないかと感じる人もいると思いますが、パートタイムの求人と同じくらい求人があります。

ここでは、介護の夜勤求人の特徴についてご紹介します。

介護夜勤求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

夜間帯の介護職の主な仕事内容は、日勤とほとんど同じですが、日勤帯と違う所は「頻度」です。

分かりやすい介護業務はオムツ交換やトイレ介助等の排泄介助です。

排泄介助は日勤帯でも、夜間帯で行いますが、夜間帯は入居者の方は睡眠中の為、目が覚めた時しかトイレには行きませんし、睡眠を阻害する頻度でのオムツ交換は、良い介護とは言えませんよね。

その為、夜間の介護は日勤と同じ事を低頻度で行う事になります。

介護夜勤は職場でどういう役割を求められる?

夜間の介護の職場では「入居者の状態管理」も求められます。

これは本来日勤帯では看護師や医師が行う事ですが、夜間帯には必ずしも看護師がいるとは限らないのです。

もちろん、危篤状態の入居者や点滴を持続されている入居者のような方はいませんが、急変や転倒はもちろん考えられます。

入居者の体の状態を観察する事と、夜間は「夜間せん妄」という症状が出る入居者の方もいらっしゃいます。

夜間だけ感情がコントロール出来なくなる症状です。

夜間状態をしっかり観察し、翌日看護師や介護のリーダーに報告する事も大切な業務になります。

介護夜勤求人でよくある募集内容とは?

介護の求人は日勤の介護求人と何が違うのか、夜間の求人の募集内容は違うのか、気になる所だと思いますが、ここでは日勤帯の求人と夜間帯の求人と求人内容を比較しながら、何が違うのか。

夜間帯の求人の利点は何かをご紹介します。

給与相場

給与は就職先で違いますが、まず「日給」と「時給」とで分かれます。

もちろん都市部では時給も日給も高くなります。

この給与計算の仕方も日勤の求人と違う所でしょう。

夜間帯のみの求人の給与相場は平均で「日給13000円~16000円」「時給1200円~1600円」となります。

介護施設の夜勤はほとんどが2交代制となっています。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は日勤帯の平均6時間~8時間と比べると、12時間から15時間と長時間の勤務になります。

病院は3交代の病院が多いですが、介護施設はほとんどの求人が2交代の求人となっています。

休日は、就職した施設の雇用形態によります。

週2回の夜勤や週3回の夜勤もあります。

週3回の夜勤となると夜勤開けの次の日の直ぐ夜勤をする事になりますので、体力に自信がある人はおススメです。

夜勤は、ゆっくり出来る夜勤と忙しい夜勤とでまちまちです。

これは、入居者の精神状態や体の状態による為です。

その為残業は「あったりなかったり」と考えておいた方が良いでしょう。

夜間帯は記録や報告も大切です。

忙しい夜勤となると、記録の時間がなかったり、報告する事が多いと残業をする事もあるでしょう。

福利厚生

福利厚生は夜勤をした回数によって違います。

回数が多いと日勤帯と同じ福利厚生を受ける事が出来ますが、月2回や3回等の少ない夜勤では、ほとんど福利厚生は無く、お給料の支払いのみとなるでしょう。

その施設のみの回数が多い夜勤となると、社会保険の加入対象となりますが、育児休暇の取得が難しくなります。

理由としては、育児休暇が明けても、夜間専従の介護業務に戻る事が事実上難しくなる為です。

この「育児休暇の取得」が日勤の求人と違う所でしょう。

しかし、夜間専従から、日勤のパートに変更出来る施設はありますので、慣れた所で仕事をしたいと思う人は、育児休暇を取得後日勤の仕事に変更できるか、上司に相談するのも良いことでしょう。

求められる人物像

夜勤専従として求められるのは「経験」です。

夜間の介護はほとんど1人~2人の介護職員にて対応する所が多いです。

規模の大きい施設となれば、夜間の指導の先輩介護士がつく事もありますが、オムツ交換やトイレ介助等。

一般的な介護が十分に出来ていなければ、少ない人数での介護対応は難しいでしょう。

その為、ほとんど新卒者の夜間専従の介護求人は少なくなっています。

また、夜間せん妄の入居者さんは、睡眠を取らずに徘徊していたり、何かに怒っていたりと感情がコントロール出来ていない入居者を管理しなければなりません。

その為、忍耐力のある人が求められます。

しっかり睡眠を取らないから、歩き回って危ないのに言う事を聞いてくれないから、と腹を立てては元も子もありません。

入居者さんは何かを考えていたり、不安に思っていたりしています。

入居者さんの気持ちに寄り添いながら、介護が出来る人が夜間専従の介護者に向いているでしょう。

体力があり自己管理をしっかりできる人

夜間専従は体力との勝負です。

仮眠が出来る施設でも、夜間に働き、昼に睡眠を取る事は想像以上に体に負担がかかります。

慣れてしまえば少し楽になりますが、体力的にも精神的にも負担は大きくなります。

また、自分の体調管理を怠ってしまうと、長時間の勤務に加えて、夜勤はなかなか交代出来る職員がいないのが現状です。

体調が優れない中での長時間勤務は体力を大幅に落とす原因にもなります。

夜間専従勤務はしっかり稼ぐにはもってこいですが、自分の体と相談しながら、無理せず行う事が大切です。

ただし夜間の仕事をしてしまえば昼はプライベートの時間になる為、日勤勤務と違う所は、予定が立てやすい事もあるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

夜間専従の介護者はもちろん「介護福祉士」の資格がある事が理想ですが、初任者研修後でも、実務者研修後でも夜間専従の介護求人に応募する事は可能です。

ただし、一定期間の介護経験は必要でしょう。

もちろん全ての求人が経験者のみを募集しているわけではありませんが、新卒や新人介護士が夜間専従勤務をしている時に何か起きてしまった場合、自分のせいではないかと考えてしまう人が多いようです。

そんな時、せっかく介護という仕事をし始めた時に、介護が嫌いになってしまう事もあります。

気軽に出来る仕事ではありませんが、少しずつ経験を積みながら自分のスキルを高めた上で夜間専従を選ぶ事をおススメします。

介護夜勤求人の雇用形態による違い

夜間の介護職員の雇用形態と常勤勤務の雇用形態は、やはり違いが出てきます。

保険や社会保険等はあまり変わりはありませんが、夜間専従は正社員での求人はほとんどありません。

派遣社員や準社員と言う雇用形態が多いです。

それは「勤務時間の差」です。

単純に考えて8時間労働の日勤者と同じ時間働く為には、2日に1回の夜勤をこなさなければなりません。

週休2日の条件であったとしても、負担はとても大きくなります。

その為、夜勤専従勤務の求人は週3回~2回の頻度が多いです。

雇用形態は労働時間と大きな関係がある為、夜間専従の正社員の募集はほとんど無いのです。

自分にあった介護夜勤求人の選び方や注意点

介護の夜間求人はたくさんの求人の種類があります。

パートタイムの求人になっていたり、アルバイトの求人があったりと様々な求人があり、雇用形態や給与も大幅に変わってきます。

ここでは、求人の選び方や注意する点をご紹介します。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態は夜間の求人は正社員の場合は少なくなりますが、「パートタイム」「アルバイト」「派遣社員」の求人が多いです。

それぞれの求人で違う所は、パートタイムの場合は給与の額によっては社会保険の対象になります。

アルバイトでは社会保険の対象にならないような頻度の出勤になっている求人が多くなっています。

派遣社員は、施設から雇用されてるわけではなく、他の会社から派遣され、施設の夜勤専従をしている形になる所が多い為、1つの施設だけではなく、多数の施設の夜間専従を任される事があります。

【選び方②】職場の業態から考える

介護施設はたくさんの業態があります。

特別養護老人ホームだったり、有料老人ホームだったりと介護度に応じて形態は代わります。

スキルアップや、高給与を目指す場合は「特別養護老人ホーム」が良いですが、介護度が高い方が多い為、業務が多くなってきますので、やや残業が多くなります。

逆に残業が少ない所を選ぶのであれば、有料老人ホームが良いでしょう。

見守り介助やトイレ誘導が主な夜間の業務になります。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

求人を選ぶ中で1番気になる所が「給与」でしょう。

夜間の勤務はなかなか上司を話し合う時間のも無く、夜間の勤務が終了した後帰宅する為、始業前の上司と会う事もあまり無い所もあります。

その為、就職する時にしっかり自分の上司となる人に話を聞いておかなければなりません。

そこはしっかり注意しましょう。

【選び方④】エリアから考える

夜勤専従になると日勤と比較すると、通勤にとても気を使います。

その理由は、夜勤後の通勤は体力的に辛くなりますし、電車通勤の夜勤専従の方が、乗り過ごした経験はほとんどの方が経験した事があるはずです。

通勤時間が長ければ長い程、通勤で体力を使ってしまいます。

夜勤前に体力は使いたくはないですよね。

夜勤専従を考えるのであれば「自宅に近い場所」を選択しましょう。

日勤帯の職員は足りているのか

日勤の職員が足りていなければ、夜勤開始から夜勤終了まで、みっちり働かなければなりません。

この「みっちり」というのは夜勤の勤務時間で行う事以外の業務をしなければならないという事です。

日勤帯の仕事が終了していないと、夜勤帯の時間に業務がずれ込み、夜勤者に負担がかかる事があります。

その為、日勤帯の職員がしっかりと十分な人数がいるかの確認は自分の勤務の為には大切な事です。

注意点

夜勤専従介護で、1番注意する事は「申し送りがきちんと行える施設を選ぶ」事です。

夜勤専従は毎日夜勤をしている場合もなければ、日勤帯で業務を行う事も無い為、常勤の職員よりも入居者さんの状態が分からない事が多いです。

入居者の状態をしっかり申し送り行わないままに夜勤をしてしまうと、危険な事になる事もあります。

申し送りをしっかりする事と、分からない事をきちんと教えてくれる施設を選ぶ事が大切です。

「職員なのだからそれくらい出来て当たり前」「知っていて当たり前」というような雰囲気を持っている上司にはなかなか分からない事も聞きにくいですよね。

人はそれぞれ性格が違いますから、やはり仕事がしずらい上司はいらっしゃいます。

しかし働いてみないと分からない部分になりますので、働きにくいと感じたら、施設長等の上司に手紙でも良いのできちんと意見を言う事も大切です。

「そこまでしなくても…」と感じる人もいらっしゃるでしょうが、申し送り=入居者さんの状態の管理と同じ事です。

体の状態や心の状態を知らずに1人で夜間帯の入居者を管理する事は難しいのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

介護施設の夜勤専従の求人数は多くあります。

夜勤は体力的にも大変な業務ではありますが、日勤帯に比べ、少人数で同じ数の入居者を見なければならない大変な業務を任されます。

もちろん時給も多く、稼ぐ為に夜勤専従を選ぶ人も多いでしょう。

ですが、時給が高いという事は「責任が大きい」という事です。

介護経験も浅く、知識も少ない介護士が夜間専従の勤務をするのは、大きなリスクを伴います。

しかし、経験も少ないが夜間専従の勤務を望む方はいらっしゃるでしょう。

そんな時はまず「知識をつけましょう。」夜勤専従の職員に1番求められる事は、日々の介護能力もそうですが、緊急時の知識を求められます。

高齢者施設はほとんどの方が「最後の住処」としてその施設を選んで入居されています。

人がいつか亡くなるように、その施設に入居されている方もいつか亡くなります。

その急変時の対応は夜間帯の1人の時に行わなければならないかもしれません。

あたふたしますし、驚きもするでしょう。

しかし「何も出来ない」と言う状況を作ってはいけません。

しっかり勉強し、知識を就け、経験を積み、最後の住処として自分の働く施設を選んで頂いた事を受け止められるような介護者になりましょう。


関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護