皆さんこんにちは!

今回は日本の産業の中でも大きな割合を占める小売業について、その概要、種類などについて説明していきたいと思います。

そもそも小売の語源は「小分けして売る」ことだと言われています。

昔は砂糖やみそやしょうゆなどは「量り売り」が基本であり、訪問販売による「掛け売り」が中心でした。

つまりお勝手口などで注文を聞き、それぞれの家庭の容器に商品を補充し、年末などに代金をまとめていただく販売方式です。

サザエさんの「三河屋のサブちゃん」に今も名残がありますね。

そうやって販売してきた商品を、特に昭和20年代後半~30年代にかけてアメリカから日本に輸入された「セルフサービス方式」、つまり①お客様が店に来て、②自らカゴに商品を選び、③レジまで持って行くという販売方式に対応するために、商品を見やすく、取りやすく、現金で買いやすい「小分けのパッケージ」で販売を始めたのが小売業の始まりと言われています。

そこから50年以上の時を経て、小売業は様々な業態に細分化していますので、代表的な業態とその特徴について解説していきます。

ちなみに、小売業の業態はアメリカで生まれたものがほとんどなので、基本的に名称は「英語」です。

今回は名称とその英語での略語についても紹介していきます。

「どんな小売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「小売」の仕事例をチェック

小売にはどんな職種・種類があるの

デパートメントストア(略称:Dept)

もっとも古い小売業と言われるのがデパートメントストアで、日本では「百貨店」と呼ばれています。

その設立は1887年のフランス、パリで開店した「ボンマルシェ」というお店で、これはフランス語で「安売り」という意味です。

日本では三越百貨店(当時は三井呉服店)が、1900年にそれまでの「座売り」から「陳列方式」に売り場を改装したことにより始まったと言われています。

基本的にはビルのような多階層の建物で、衣料品を中心に展開し、食料品は地下の売場で販売されることが多いです(デパ地下と言いますね)。

価格は他の業態と比較して高級志向の為、高めで、特に日本の場合は呉服屋さんが中心となって開設したため、セルフサービス方式ではなく、従業員が接客をする対面販売方式を取っている場合が多いです。

ちなみに呉服屋の頃からの名残で、商品に付けられている「値札」は基本的に隠されており、目立つ価格表示がないのも特徴です。

ゼネラルマーチャンダイズストア(略称:GMS)

デパートメントストアとほぼ同じ、多階層のショッピングモール形態ですが、低価格帯の品揃えがメインであり、食料品売り場に力を入れている点で違いがあります。

GMSは世界の中でも日本で特に発展した業態です。

1960年代後半から1970年代にかけて「価格破壊」「流通革命」をキャッチフレーズに成長した「ダイエー」が、この業界の基礎を作り、初めてデパートメントストアに変わり日本の小売業の売上高1位となりました。

現在でもイオングループやイトーヨーカドーが、売上高ランキングの上位に位置しています。

よくスーパーマーケットと混同されますが、スーパーマーケットがお店の半径五キロの狭い商圏のお客様を対象に、「普段の日の買物」を請け負っているのに対し、GMSは半径百キロ以上の広域商圏で、「休日のレジャーを含めた買物」を請け負っており、現在は映画館やゲームセンター、ジムなどを併設した、丸一日滞在できる施設化が進んでいます。

「日本型スーパー」、「総合スーパー」など、よく分かりにくい名称で呼ばれたりもします。

スーパーマーケット(略称:SM)

スーパーマーケットの設立はデパートメントストアより遅く、1930年にアメリカのニューヨーク州ジャマイカで開店した「キングカレン」が第一号店だと言われています。

業態の特徴は食料品に特化し、生活必要雑貨を加えた生活必需品を低価格で販売することであり、セルフサービス方式の採用、魚、肉、野菜などカテゴリーごとに売上高と利益を管理する「部門別管理方式」、広告などの配布による、期間によって安売り商品を変える販売促進「ハイ&ロー方式」と、利益率の低い商品と高い商品を混在させて販売する「マージンミックス方式」などのシステムを導入していることが特徴です。

食料品を中心に販売しますので、基本的には「内食食材(うちしょくしょくざい)」と呼ばれる「家で作るご飯の材料」(肉、魚、野菜などの「生鮮食材」が中心)を販売しています。

この為、国としての歴史が古く、海が三つ(日本海、太平洋、瀬戸内海)もある為、地域の食生活や食文化が多様化している日本では、地域によって料理に使われる商品が違うので、それぞれの用途に応じて、取り扱う商品や販売方法を変えています。

「地域密着」と言われるこの方針により、前述した「狭い商圏で、その地域に合わせた、普段の食事の材料の買物をする」というSMの特徴がより明確になりました。

売上高が大きく日本の代表的なSMとされる企業でも、複数県内での出店にとどまり、全国展開している会社が無いのは、この特徴に由来しています。

ちなみにSMには価格で勝負する「ディスカウントスーパー」と、商品の品質などサービス力で勝負する「高質スーパー」の2種類があり、価格、品質、品揃え、料理提案などのサービスで個性化を出すべく、それぞれの企業が努力しています。

コンビニエンスストア(略称:CVS)

コンビニエンスストアも起源はアメリカですが、日本において大きく発展した業態であり、世界のCVSの売り上げトップ3はすべて日本の企業が占めています。

現在、日本全国に3万店舗以上あり、日本国内で最もお店が多く、売り上げも多い小売業です。

業態の特徴はその名の通り「コンビニエンス(利便性)」を追求したものであり、24時間営業、惣菜やお弁当、真空パックの調理済み商品など、買って帰ってそのまま食べる「中食食材(なかしょくしょくざい)」を中心に、飲料、スナック、日用雑貨、雑誌などで構成されています。

SMとの違いは生鮮食品など「内食食材」を取り扱わないので地域性が出しにくいこと、料理に特化した提案ができないことなどですが、SMよりはるかに少ない人数と小さいお店のサイズで運営できるため、郵便、公共料金の支払い、ATMなどのインフラを整備し、過疎化した地域のライフラインとして、出店する機会も多くなってきています。

ドラッグストア(略称:DgS)

ドラッグストアは、現在日本で最も成長している小売業態と言っても良いでしょう。

医薬品の規制緩和により、従来薬剤師がいなければ販売できなかった第2類、第3類の医薬品も登録販売士により販売ができるようになり、また登録販売士もかつてあった2年以上の勤務経験が必要という条件が無くなりましたので、資格が取りやすくなりました。

このような追い風を受けて、現在DgSの店舗数は増加しています。

特徴としては医薬品の他にも生鮮食品以外の食料品や生活雑貨といった他の業態でこれまで取り扱ってきたカテゴリーにも進出してきており、医薬品という高い利益率のある商品を軸に、それ以外の商品を低価格で販売する戦略が他の小売業態の脅威となっています。

ワンプライスショップ(略称:OPS)

ワンプライスショップと言われると聞きなれないかもしれませんが、「100均」と言われると、なじみがあるかもしれません。

店舗の商品をすべて均一価格で販売する業態のことで、100円ショップを代表格に300円、500円、1000円などの販売価格があります。

取り扱う商品は生活必要雑貨がほとんどで、日常の「ちょっとした役に立つ」アイディア商品の開発と、新商品の投入と旧商品の廃止といった商品回転の速さが生命線になります。

食料品はあまり取り扱わないのでSMと競合することが少なく、テナントとして一つのショッピングモールを形成することも多くあります。

100円ショップバイトの求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

ホームセンター(略称:HC)

DIY(ドゥー・イット・ユアセルフ)を中心とした、木材や工具などの工芸関連商品、種や肥料などの農業関連商品、鉢植えや土などのガーデニング関連商品などを中心に家電や家具などのホームファニシング商品も取り扱う業態です。

一般的に取り扱う商品の販売期限が長く、また種類も多いため、売り場面積は広く、またワンフロアもしくは2階建てまでで敷地面積を広く展開することが多いです。

ディスカウントストア(略称:DS)

「低価格」を最大のテーマに食料品のみならず全ての商品を取り扱う総合小売業です。

アメリカでは「売上高世界一の小売業」にもなった「ウォルマート」が有名であり、SMなどの広告を打って集客をする「ハイ&ロー方式」に対し、期間に関係なく常に商品を低価格で販売する「エブリデー・ロー・プライス(ELP)」によって爆発的に成長しました。

広大な売場で全ての商品を低価格で販売していますが、そのような「全ての商品」というコンセプトから、一つ一つのカテゴリーに対しての品質、品揃えは専門店と比較して劣る場合が多く、後述する「カテゴリーキラー」の台頭により一時の勢いを失いつつある為、「ドン・キホーテ」の様に、売り場レイアウトをはじめから「商品を探す」ことを前提に設定し宝探し的な楽しみを付加するなど、個性的な運営により特色を出している企業もあります。

メンバーシップ・ホールセール・クラブ(名称:MWC)

その名の通り「量目の多い商材を低価格で販売する会員制のお店」であり、「コストコ」が最も有名です。

特徴としては、「会員登録をしないと買い物ができないこと」、「一つの商品ごとの量目が多いこと」が挙げられます。

もともとは平均的な買い物の頻度が週1回で、車で来てまとめ買いをする、アメリカの購買動向に合わせて作られた業態で、週3回~4回の買物で、あまりまとめ買いをしない日本の購買動向に合うのかが懸念されましたが、家族や友人の間でのシェアによる購入が増えたこともあり、日本でも定着しつつあります。

会費と大容量販売による単価アップで利益を確保しますので、低価格ではありますが商品の品質は悪くなく、安くて良いものを買える業態でもあります。

日本では似た業態に「業務スーパー」がありますが、こちらは容量は多いですが会員制でない点に違いがあります。

「どんな小売店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

カテゴリー・キラー(専門店)

カテゴリー・キラーは一言でいうと「低価格・高品質な専門店」といえるでしょうか。

衣料品、家具、家電、など、一つのカテゴリを専門的に取り扱う専門店は多くありますが、「ユニクロ」を展開する「ファーストリテイリング」の台頭により、専門店の強みを活かし、製造から販売までを管理したり、独自の仕入れルートによる商品手配により、高い品質の商品を低価格で販売する企業が、家電量販店の「コジマ」や「ヤマダ電機」、ホームファニシングの「ニトリ」や「IKEA」、靴の「ABCマート」、雑貨の「無印良品」など各業界に置いて増加しました。

このカテゴリー・キラーの台頭により、全ての商品を総合的に取り扱う、しかも低価格販売を行うという特徴を持つGMSやDSが売り上げを落すという状況になっています。

その為GMSなどでは自社のショッピングセンターのテナントにこのカテゴリー・キラーの店舗を誘致するなど、協力体制により施設としての価値向上を図っています。

小売職種別の仕事内容

商品を手配し、販売する仕事

小売業の仕事を一言で言ってしまえば「店に商品を並べて販売すること」であり、その点においては共通ですが、各業態によって取り扱う商品が違う為、その方法に違いが出るということになります。

例えば生鮮食品を取り扱うSMでは、その商品をカゴに取りやすく、またレジ清算後に持って帰りやすくするために、魚であれば切身や刺身、肉であれば切り落としやスライス、ブロックに「加工」し「パック詰め」をする必要があります。

調味料やお菓子、飲料などすでに加工してある商品は、売場に陳列するだけで良いので、CVSには商品を加工する場所がありません。

そのことがCVSのお店を小さくし、SMより低コストで運営することができる強みとなっています。

また食料品は賞味期限が有り、販売期限が短いため、商品を発注して手配する頻度が多くなり、売場に置いておく期間も短くなります。

HCやDgS、専門店など主たる販売品が食料品ではない業態は賞味期限が無く、必然的に販売期限が長くなり、発注回数も少なくなりますが、その分店舗に置く商品の種類や量が多くなり、陳列するための売り場面積が広くなります。

仕事を選ぶ際に「加工する」か「発注し陳列する」かの違いがありますが、この2種類はどの小売業でもほぼ共通なので、「どんな商品を販売したいか」が仕事を選ぶうえでの重要なポイントになります。

食料品や雑貨、医薬品、衣料や家具家電まで、小売業が取り扱う商品は多岐にわたります。

自分が何が好きで、何に対して知識を深め、お客様に提案したいか。

小売業で働く上で、商品によって企業を選択することは、自分に合った仕事を探すうえでの近道となります。

「どんな小売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

時給(or年収)が高い職種と高くなる理由

その小売業がメインで取り扱う商品の価格と、その商品を提供するサービスの質によってそれを提供する従業員の給与は変動します。

例えばDgSは医薬品を取り扱い、その取り扱いには登録販売士の資格という質の高いサービスが付帯する為、給与が高い、百貨店は高質な商品を取り扱い、対面販売で高い接客サービスを提供する為、給与が高い、CVSは食品というあまり高価でない商品を取り扱い、陳列しレジ清算を行うという一般的なサービスの為、給与が低いなどです。

また小売業でも外資系の企業は時給が高い場合が多いですが、保険料や通勤費、退職金や賞与など日本の企業ではサポートしている福利厚生が無い場合が多いので、応募する際には時給だけではなく付帯する条件も確認する必要があります。

小売業において時給が高い職種としては接客(Dptなど)、加工技術(SMの魚や肉の部門など)、商品販売(DgSの登録販売士や各業態の発注責任者など)、低い職種としては商品の補充、レジでの接客、包丁を使わない加工、清掃などがあります。

小売でこれから注目を集めそうな職種や業界とその理由

今後の小売業のトレンドと、注目を集めそうな職種、業界について述べる上で、お客様の購買意欲をどのようにして上げるか、が重要になります。

買い物をする際、お客様がその商品の価格を見て安いと感じるポイントは二つあります。

一つ目は価格自体が低い場合、二つ目は例えばいつもは1,000円の商品が今日は500円になっているなど、前日や他の企業と比較して相対的に安い場合です。

お客様は支払う価格に対してその商品の価値が高い場合、その商品を買いたいと思います。

このような状態にするためにはその商品の①「価格」を下げること、②品質、鮮度、話題性など「商品自体の価値」を高めること、③接客、店舗の高級感など「その店に来る価値」を高めるという三つのパターンがあります。

この三つの視点より、注目を集めそうな職種や業界を分析していこうと思います。

商品の価格を下げる

消費税増税、社会保険料の高騰などにより、現在他の年代と比較して「生活に余裕がある」とされる65歳以上のシニア層は、現在よりも確実に貧困層が増えると予測されています。

その為、特に日常消費する食料品や雑貨に対しては今以上に低価格志向が強まるでしょう。

SMで言えば価格志向で運営を行うディスカウントスーパーの躍進が今後も予測されます。

反対に商品の品質やサービスで勝負する高質スーパーは、今後いかに商品やサービスの質を落とさずに、価格を下げていくかということが課題となります。

食料品以外の商品に関しては、今後もカテゴリーキラーの躍進が続き、DSは苦戦が続くと予想されます。

またカテゴリーキラー内でも、同業他社の増加により、競争が激化してくるでしょう。

中国の経済発展により、すでに商品の製造工場を人件費の高騰している中国よりほかのアジア諸国に移すなどの動きも加速しています。

その中で「ユニクロ」や「無印良品」に代わる新たなブランドが発生してくるかもしれません。

また、低価格販売を進める上で、少ない収入の中でいかに支出を抑えるかという戦略が重要になってきます。

求人倍率の向上により高騰している人件費の抑制が、一番の課題になるでしょう。

レジなどは既にセルフレジによる自動化が進んでいますが、このような人の手からAI等による機械化を効率よく進めた企業が、低価格販売における勝者となると思われます。

商品自体の価値を高める

商品自体の価値を高めるポイントとしては、その商品の製造過程、及び原材料に焦点が当たると思います。

具体的に言えば野菜などの「オーガニック栽培」更にそのオーガニック商材を原材料とした二次加工品、あるいは「昔ながらの作り方」や「完全手作り」、また逆パターンとして「コンピュータによる管理の為、常に一定の品質でお届け」などが挙げられます。

しかし、最近ではインターネットによる販売網が全国に敷かれており、スマホからでも簡単に買い物ができる時代です。

本当に価値の高い、こだわりを持った商品はもう店舗に買い物に来るのではなく、インターネットで注文する時代になっていると思われます。

そういう意味では、小売業の店舗で販売している商品の価値を高めることは、非常に困難になっていると言えるでしょう。

店に来る価値を高める

インターネットの普及により、ボタン一つで商品が届く時代に、わざわざ店に買い物に来る価値とは何でしょうか。

ポイントの一つ目は「コミュニケーション」、二つ目は「体験」です。

人間は人とのかかわりを感じることで、生きる活力を得ることができる動物です。

家に閉じこもるのではなく、きちんとおしゃれをして人の中に入り、会話などのコミュニケーションを行う事で生きているという実感が沸きます。

特に高齢者にとって、病院がコミュニケーションの場になるというのは以前からよく言われていましたが、健康保険料の引き上げなどにより、今後はお金を掛けずに交流できる場として、小売業の存在価値が高まってくると思います。

また小売業もイートインスペースを拡大したり、お茶やコーヒーなどを無償で提供したりなど、買い物をするだけではなく、人との交流を楽しむスペースとしての店舗の活用を進めています。

そして二つ目の体験ですが、専門知識を持つ従業員との会話や、店内に掲示されている様々な商品紹介や、食料品であれば料理レシピ、試食などの情報提供を受けて、その商品を購入しなくても、自分がその商品を使用する疑似体験ができることが、店舗に来店する大きなモチベーションになると思います。

例えばIKEAなどのホームファニシング業界は、ただ家具を陳列するだけではなく、その家具を使った部屋ごと展示することで、まるでその部屋に住んでいるように疑似体験できます。

SMやデパ地下では、たくさんの商品の試食を行っていますし、雑貨店には香料などのテスターは必ず置いてあり、家電量販店のマッサージチェアにも多くの人が座っています。

このように商品を購入する前に実際に食べてみる、使ってみるといった体験をする機会は、インターネット上ではできません。

小売業ではそのような体験できる商品を増やして、店舗に来る価値を高めています。

そのような体験型のサービスを創意工夫により増やしていくことができる企業が、今後より成長してくると言えるでしょう。

小売ならではの面白い職種や業界とおすすめポイント

前述したようにこれからの小売業は「商品の持つ価値」という従来のストロングポイントを最大限に維持しつつ、「コミュニケーション」「体験」といったサービスの充実を通じて、「生活提案型」の販売方法へシフトしていくと考えられています。

そのような流れの中で、発生している新たな形態について代表的なものを紹介させていただきます。

グローサラント

特に食品小売業に関しては、従来行っている「試食」をより進めて、店内で購入した商品をその場で食べれる、あるいは店内で売っている商品を使用した料理を食べれるといった「外食産業」の携帯を持つ小売業が新たなトレンドとして発生してきています。

グロサリー(食料品店)とレストランを合わせた造語である「グローサラント」と呼ばれる小売形態です。

例えばイタリアンレストランとイタリア食材の専門店を併設した「イータリー」やニューヨーク発祥のセレクトショップで買物をしながら併設されたレストランで本格的なランチやディナーを楽しめる「ディーン&デルーカ」など海外発のものから、日本でも成城石井やマルエツなどイートインスペースを更に進化させレストラン形態にする企業も増えてきています。

タイプ別のおすすめの職種

これまでの文章を読まれて、「ぜひ小売業で働きたい!」と思われた方向けに、それぞれの働くスタイルに合わせたお仕事について紹介していきたいと思います。

「どんな小売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パートタイムやアルバイトなら

本業の合間に働きたいなどの補完型の勤務であれば、パートタイムやアルバイトがありますが、最近では社会保険の拡大や同一労働同一賃金の問題より、パートタイムにもきちんとした責任を与え、それに応じた給与を支払うという流れになってきていますので、本当に単純作業でとなると、アルバイトになります。

SMやCVSの商品補充やレジ接客、清掃などがありますが、どちらの業界も慢性的な人手不足に悩んでいますので、応募はたくさんあると思いますし、業務もオペレーション化されていて覚えやすいので、気軽に始めるにはもってこいの職場だと思います。

正社員でちゃんと稼ぐなら

基本的に小売業はどの業界にも正社員はたくさんいますので、前述した取り扱いたい商品で企業を選べば問題ないと思います。

但し正社員の場合は専門的な知識、技術が必要となりますので、SMの場合は加工の専門家や商品の発注責任者などの役職に就いたり、DgSの場合は登録販売士などの資格を取る必要もあるでしょう。

取り扱う商品に対しての深い知識と、適切に商品をお客様に提供するための商品手配力や商品加工能力、接客を基とした提案力なども必要です。

CSVなら店長といった一つのお店を任せられる役職になりますので、人件費や水道光熱費などの経費の管理も行う必要があります

派遣社員や契約社員で働くなら

外資系の企業であればあまり正社員登用はありませんので、派遣、契約社員としては働きやすいと思います。

日本の企業であれば正社員とアルバイト、パートが中心ですので、無理に派遣社員で働く必要はなく、アルバイトや正社員での就業を目指せば良いと思います。

短期で働くなら

小売業には繁忙期があります。

年間最も忙しいのがクリスマス商戦から年末年始に繋がる12月22日~1月1日の10日間、それ以外ですと5月のゴールデンウィーク、7月20日頃~8月15日のお盆商戦などになりますので、短期で働くなら12月、5月、8月の時期の勤務がお勧めです。

形態は期間アルバイトなど、短期での雇用形態をこの時期ではどの企業も準備して募集をかけていますので、選択して応募すれば良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は小売業界全般に対して、業態ごとの特徴、仕事内容、そしてこれからの業界の流れについてご紹介させていただきました。

小売業界には様々な企業が有りますが、その仕事内容は前述したとおりほぼ共通しており、「モノを売る」ということ自体に対して違いはありません。

自分が食べることが好きであれば食品小売業界を、部屋の模様替えや生活小物が好きだったら雑貨業界やホームファニシング業界を、園芸や物を作ることが好きであればホームセンター業界をというように、ライフスタイルや価値観に合わせて業界を選んでいただければと思います。

そして小売業界は「生活に密接に関連する」業界であるという特徴があります。

それはつまり自分が興味ある商品を売る仕事につけば、自分のプライベートも充実するという事でもあります。

食品小売業であれば家での食事が、ホームファニシングであれば部屋のレイアウトが充実します。

そうやって体験した美味しさや、楽しさを、更に売場でお客様に自己の経験として伝えることで、プライベートと仕事がその商品を通じ、正のスパイラルとして回転していきます。

ぜひ自分の興味のある商品を売る仕事を選んでいただき、そのような小売業の特徴を通じて、仕事もプライベートも充実させた人生を送っていただきたいと思います。

「どんな小売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

【小売の転職を考えている方は、こちらの記事も参考にしてみて下さい】

小売の転職を成功させるためにやるべき2つのこと、注意すべき3つのこと

  販売の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  販売の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト


関連キーワード

小売求人

小売求人についてもっと深堀りした情報を見る

100円ショップの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

今やブランド数も店舗数も増え、生活に欠かせないお店になっている人も多いであろう100円ショップ。そんな身近な存在である100円ショップで働きたいと考えている方もいらっしゃることと思います。そこでこの記事では、主に100円ショップで働く際の向き不向きについて解説しますので、100円ショップの仕事にご興味がある方はチェックしてみてください。100円ショップはどんな仕事?100円ショップの仕事は、品出しと接客が主となります。豊富な商品の整理やレジ対応などを、他の従業員と分担しながら行うことになるでしょう。特に専門的な業務は無いため難易度は低く、雑用レベルの業務をこなすことになりますので、アルバイトの

レジの仕事って難しい?仕事のコツから接客のポイントまで詳しくご紹介!

スーパーは普段から利用する人も多いので、「レジの仕事」は仕事内容もイメージしやすい身近な仕事でしょう。求人数も多く、パートでもアルバイトでも気軽に始められる仕事かもしれません。レジの仕事は難しいと思っている方もいると思いますが、レジの仕事内容や注意点などをご紹介していきますので、レジの仕事を検討している方はぜひ参考にしてみてください。レジの仕事内容レジの仕事はほとんどの人が見たことがあり、仕事内容もだいたいイメージがつくと思います。店によって多少のやり方の違いがありますが、作業はマニュアル化されており、慣れてしまえば簡単にできるようになります。レジ打ちレジのメインの仕事はこのレジ打ちです。お客

100円ショップアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった2個のことやそこで身に付く力とは?

100円ショップの仕事は、アルバイトやパートの定番と言ってもよい仕事でしょう。実際にこれから100円ショップに応募したいと考えている方は多いのではないでしょうか。そこで、100円ショップのアルバイトの時給ややりがいについてご紹介します。これから100円ショップで働きたいと考えている方は、是非チェックしてみてください。私はこんなところで100円ショップのアルバイトをやりました私が働いていた100円ショップは、スーパーの隣にありました。スーパーに買い物に来たついでに100円ショップで商品を見ていくお客様が多く、客層は主婦や家族連れが多かったです。田舎町のひっそりとした場所にありましたので、のんびり

コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

転職してコンビニの店長になることを目指す人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。そんな方達へ、コンビニ店長の転職を成功させる為にやるべき3個のことや上手な転職方法を、アルバイト経験もあり社員経験もある立場から解説してみたいと思います。みなさんのより良い転職にお役に立てれば嬉しいです。コンビニ店長の転職で注意したほうが良い3個のことフランチャイズだということコンビニの店長と聞くと、自分のお店が持てて凄いなと思うかもしれません。もちろん、店長のお店です。しかし、コンビニはフランチャイズ契約していることを忘れてはいけません。フランチャイズ契約で企業から様々なシステムなどを提供してもらっている分、

海外買い付けの仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴や仕事の探し方について解説します

海外買い付けの仕事ってどんな事を具体的にする職業なのか皆さんは知っていますか?海外で買い付けをする分野と言えば、ファッション、雑貨、インテリア、文具や食品に至るまで様々です。世界各国の素敵な商品は、どのように買い付けされ、輸入されているのでしょうか。今回は、そんな海外買い付けの仕事について、様々な視点からまとめてみました。向いてる人の特徴から必要なスキル、メリットについてや、海外買い付け求人の探し方や上手な選び方までお教えしちゃいます!海外買い付けの仕事はどんな仕事? 海外買い付けの仕事は、海外の見本市やメーカーで直接商品を見て選び、注文し、輸入する仕事です。会社やお店のコンセプトや客層に合わ

百貨店正社員求人の給与や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

キラキラした照明の下で華やかなディスプレイ、おしゃれをして訪れるお客様に笑顔で対応する販売員。ほんの少し日常から離れて過ごすことが出来る場所が百貨店ではないでしょうか。普段の生活でのストレスの発散やリフレッシュするための場所として百貨店へ出かけること、あるのではないですか?たとえ買い物をしなくても高級感溢れる店内をウィンドウショッピングするだけでも気分転換になりますよね。そんな百貨店で正社員として働くってどんな感じ?・・・を解説します。百貨店の仕事はどんな仕事?百貨店と言えば高級ブランドの洋服や靴、鞄から、家具、寝具など他に生活用品、食料品売場では老舗料理店の惣菜や流行りのスィーツなどを販売し

コンビニのやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

みなさんは、コンビニの仕事と言うとどんなやりがいがありそうだと思いますか?「レジとか品出しだけやればいいのではないか。」「やりがいはあるのか。」と思う人もいるかと思います。経験者の私が「コンビニの仕事にはこんなやりがいがある」というものを紹介していきたいと思います。コンビニでの仕事はどんな仕事?やりがいの話に入る前に、まずはコンビニの仕事がどんな仕事なのかを知る必要があります。コンビニは一つの店舗だけで様々な用事を済ませることができますが、できることが多いということは、それだけ仕事の種類も多いということです。では、具体的にどんな仕事があるのか見ていきましょう。コンビニの仕事の具体的な内容とは?

コンビニのバイトは未経験でもできる!未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

アルバイトと聞き真っ先に思い付くであろう仕事の一つがコンビニバイト、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。未経験OKと求人内容に書いてあっても、アルバイト自体が初めての場合は特に「本当に大丈夫だろうか?」と不安になってしまうものです。心配は要りません。コンビニバイトは未経験でも仕事に就くことが可能です。コンビニのバイトにおける仕事内容や、面接でのコツやお店の選び方などをご説明します。コンビニのバイトはどんな仕事?コンビニバイトのメイン業務は、レジとなります。近頃のコンビニでは様々なサービスを請け負っていますので、宅配便の受付やチケット発行などもレジで取り扱います。他には、商品の品出しや陳

コンビニで働くメリット4選。私が感じた良いところをまとめました

アルバイトをするにあたって、「自分にはどんな仕事が向いているだろうか。」と悩む方が多いのではないでしょうか。今は様々なアルバイトがありますから、何を優先するかを整理してからアルバイトを探すと「こんなはずではなかった」ということが防げるはずです。今回は、選択肢の一つとして参考にして頂く為の「コンビニ」のアルバイトで働くメリットについて、ご紹介していきます。コンビニ仕事の大まかな内容現在のコンビニは、なんでも屋と言って良いくらい細かい業務が多いのです。そんなコンビニの業務を紹介させて頂きます。レジ業務レジ業務は、コンビニのメイン業務ですね。コンビニを利用する人は、大量に買い物をするよりも、お弁当、

スーパーレジの仕事が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

皆さん、スーパーのレジでの仕事経験はありますか?またスーパーのレジの仕事について興味を持っている方、これからスーパーのレジで働いてみたいと考えている方はいますでしょうか?スーパーのレジの仕事はとても簡単で仕事内容もとても覚えやすく、主婦や学生などの幅広い年齢の方にとってやりやすい仕事です。そして、スーパーはどの家の近所にも一つや二つありますよね。どのような人にも行きつけのスーパーなどがあるものです。家から近いところに職場があると、出勤するのも楽です。そのためアルバイトやパート未経験の方には特に、私はスーパーのレジの仕事をおすすめします!今回はそのようなスーパーのレジの仕事について、向いている人

スーパーの水産部門の仕事内容4個の業務。やりがいや面白いポイントも一緒にチェック!

スーパーでは、アルバイトやパートの求人募集をよく行っています。「レジ打ちの仕事はイメージできるけど、その他のコーナーについては仕事のイメージができない」という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、スーパーの「水産部門」コーナーの仕事内容についてお話していきたいと思います。スーパーの水産部門の仕事は大きく4個の役割に分けられる水産部門の役割は大きく「主任」「調理」「品出し」「掃除」の四つに分けられます。水産部門だけの役割ではこの四つに分けられますが、これとは別に、スーパーの店長からの水産部門への指示も出されます。主任の役割主任というのは、水産部門のコーナーのリーダーです。通常スーパーでは、

100円ショップ求人でよくある募集内容をご紹介!求人選びの参考にご覧下さい!

身近にあり、様々なものをワンコインで売っている100円ショップ。100円ショップで働いてみたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。この記事では、100円ショップで働いてみたいという方のために、オススメの求人内容などについてご紹介します。100円ショップに関する知識をつけて、万全の状態で面接に臨みましょう。100円ショップのおおまかな仕事内容100円ショップのおおまかな仕事内容は、100円均一の商品をお客さんに販売することです。お客さんが持ってきた商品をレジで精算したり、売り場の案内を行ったりします。最初のバイトとして働きやすく、接客業の基本的な仕事内容であると言えるでしょう。特別なスキル

ネットスーパーで働くにはどうしたらいい?仕事内容や自分に合った求人の選び方教えます!

足を怪我して買い物に行けない、店舗が遠くてなかなか買い物に行けない、子どもが小さくて手が離せないなど、買い物したくてもできない状況はあります。そのような時にお客様の代わりに商品を選び、自宅まで届けてくれるサービスがネットスーパーです。インターネット環境さえあれば買い物できてしまうこのご時世に沿ったサービスであり、次々と参入する会社が増えてきています。そのネットスーパーで働くことも勿論できます。それでは、どうすればネットスーパーで働けるのでしょうか。その仕事内容や求人の選び方などをお教えします。ネットスーパーの仕事の大まかな内容は?ネットスーパーは通信販売事業です。お客様から注文を受けその内容に

コンビニアルバイト仕事内容21個の業務。経験者が教えます!

コンビニは全国各地に多数あり、馴染み深いものとなっています。普段コンビニを利用することはあってもコンビニで働いたことがない人はどんな仕事をしているのか意外と詳しくは知らないのではないでしょうか?コンビニアルバイトの仕事内容は具体的にどういったものがあるのか、通算7年務めた経験者がお伝え致します。コンビニアルバイトの仕事は大きく4個の役割に分けられる接客コンビニでのメインとなる業務は、接客です。レジでの業務だけではなく、店内の案内なども接客業務の一部です。また、他の業務よりも最優先される業務です。商品管理お店の商品は、常に動いています。売り場を良い状態に保つ為に行わなければならない業務は、多岐に

スーパー品出しの仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

スーパーでの品出しの仕事内容について詳しく解説していきます。いつも何気なく行くスーパーには、いつも綺麗に商品が陳列されていて、賞味期限が早いものが手前で遅いものが奥にあったりする光景をよく見ますよね?こういう細やかな仕事も品出しの業務内容の一つです。スキルを要されるような仕事内容ではないので、アルバイト未経験の方や、隙間時間に働きたい主婦の方にはピッタリの仕事です。ぜひ今後の仕事探しの参考にしていただければと思います。スーパー品出しの仕事は大きく3個の役割に分けられます品出し文字通り、スーパーの品出しの仕事がメインです。スーパーの仕事は品出しに始まり、品出しに終わります。品出しの目的は、常に在

スーパーの品出しの仕事に向いてる人の特徴は?求人を探すときの注意点もお伝えします!

生活する上で欠かせないものといえば食事ですが、食料品を揃える為にはスーパーに行く方が多いと思います。「パートで働くなら社員割引が効くスーパーにしようかな」「スーパーのアルバイトの求人が多いけど、実際働くとどうなんだろう」と思っている方に、今回は「スーパーの品出し」の仕事をピックアップしてお話していきたいと思います。スーパーの品出しはどんな仕事?まずスーパーの品出しとは、食品コーナーに商品を出し、ある程度時間が経ったものをコーナーから戻して廃棄する仕事です。スーパーに行くと、店員が厨房から商品を載せた業務用カートを押して来て商品を並べているので、容易に想像ができるかと思います。スーパーの品出しの

ネットスーパーの仕事はどんな人に向いている?楽しい?きつい?自分は向き不向きどっち?

ネットスーパーは自宅に居ながら買い物ができる、ネット社会ならではのサービスです。子育てで手が離せない、高齢で車もなく買い物に行けないなど、あまり外出できない人に役立つサービスです。いわゆる「宅配サービス」ですね。中でも、共済や組合などを持つスーパーの宅配サービスが有名です。しかしその実態は働いてみないと分かりません。また仕事である以上、適性が求められるのも当然です。意外に続かない人もいるような、ある意味難しい仕事でもあります。ではそのネットスーパーの仕事を、宅配サービスであるという側面を交えて紹介します。意外に知らないことが多い仕事を根掘り葉掘り見ていきましょう。ネットスーパーの仕事はどんな仕

100円ショップの仕事内容をご紹介!この仕事の良い点・大変な点についてもご紹介!

100円ショップは品数が非常に豊富で、選んでいるだけでワクワクします。そんな100円ショップで一度は働いてみたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。この記事では、実際に100円ショップで働いた私の経験に基づき、100円ショップの仕事内容についてご紹介します。これから100円ショップで働いてみたいと考えている方は、是非チェックしてみてください。100円ショップの仕事は大きく3個の役割に分けられる100円ショップではどのような仕事をするのか確認してみましょう。100円ショップの仕事を役割別にご紹介します。接客重要な仕事として、接客があります。レジ打ちのみではなく、お客さんに商品の場所や使い方を案

小売正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

小売正社員の求人について、年収や業務内容、募集内容について紹介させていただきます。小売業の正社員は具体的にどのような業務を行っているのでしょうか?また、どのような人が向いているのかなど、この記事では、小売業の求人をお探しの方は必見な情報が満載です。正社員におすすめな職種3選も詳しく解説させていただきますので、どうぞ最後までお付き合いください。小売正社員のおすすめ職種3選販売業務小売業における販売の仕事は商品手配を行い、店舗で売り場づくり行って接客をしながらお客様に商品を販売していく業務です。商品の欠品やロスを起こさないようデータを活用しながら発注精度を高めたり、什器や販売促進備品を活用して魅力

小売派遣求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

小売派遣の求人内容って具体的にどのような募集項目が多いのでしょうか?小売業といえばスーパーなどでレジや陳列する業務なイメージがありますよね?そこで今回は小売業の派遣求人での時給や、おすすめな求人について詳しく紹介させていただきます。派遣と正社員とバイトの違いも明確なので必見です。どうぞ最後までお付き合いください。小売派遣のおすすめ職種2選レジ清算業務小売業で派遣社員として働くのであれば、最も求人数が多いのがレジ清算業務になります。業務的にはレジにおける商品の清算と、お客様への接客対応であり、レジの操作方法を覚えると他の企業の店舗でもすぐに働くことができることと、店舗によっては24時間営業を行っ

小売営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

小売営業の転職について、成功させるためにやるべきことを知っておきましょう!今回は、小売からの転職をお考えの方には必見の狙い目な転職先について紹介させていだたきます。自分のスキルや経験を活かせる職場に転職して、やりがいの持てる仕事を上手に探してみませんか?そのヒントとなる内容をこの記事にまとめましたので、どうぞ最後までお付き合いください。小売営業の転職で注意したほうが良い2個のこと自身のスキルや経験が活用できるか小売業は初心者でも比較的早く仕事を覚えやすい、間口の広い業界ですが、転職によるキャリアアップを図るのであれば、今まで培った経験やスキルが活かせる部署を選ぶ必要があります。同業種からの転職

ネットスーパー求人でよくある募集内容をご紹介!求人を探すときの参考にご覧下さい!

今や小売業界の部署として欠かせず、そしてサービス競争も激化しているネットショッピング、それがネットスーパーです。これは通信販売とは少し違います。毎日の食事の為の食料品をメインに、安心且つ安全で新鮮な生鮮品や買い置きしたい日用品などを最短即日で自宅まで届けるサービスです。これから更なる拡大が期待され、今注目されているネットスーパーのお仕事は、大手小売店でも応募が出されている状況です。それではその求人の特徴、応募内容などを見ていきましょう。ネットスーパーでの仕事の大まかな内容ネットスーパーの仕事は客注から始まり配達で終わる、日用品配達サービスです。一日分の客注の確認から始まり、商品の選別や鮮度や品

コンビニバイトの仕事内容をご紹介!こんなこともするの?気になる人は今すぐチェック!

バイトと言えば、真っ先にコンビニを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。現在、コンビニは全国に展開しており、バイト初心者でも気軽に応募できる点が魅力的でしょう。現時点で、これからコンビニで働きたいと考えている方も多いはずです。この記事では、実際にコンビニバイトの経験がある私が、その仕事内容についてご紹介致します。コンビニバイトにご興味がある方は、是非チェックしてみて下さい。コンビニバイトの仕事は大きく3個の役割に分けられるコンビニバイトの仕事は、大きく三つに分けることができます。どのような仕事があるのか、一つずつ確認してみましょう。商品補充売り場に商品を補充する仕事です。入荷した商品を検品

コンビニバイト辞め方の4個の注意点。辞める理由の整理、迷惑がかからない辞めるタイミングなど

コンビニの仕事は、長期にわたって仕事をする人もいれば、短期でアルバイトとして働いている人もいるなど、働く人の出入りが激しい仕事の一つです。特にコンビニの営業時間は24時間営業と長く、また年中無休ですから、一人の人が仕事を辞めてしまうと、お店の営業に大きなダメージを与えることになります。退職の気持ちをなかなか言い出すことができずに、ズルズルと仕事を続けている人も少なくないことでしょう。そんな方々の参考になればという考えから、コンビニバイトの辞め方の注意点からタイミングまでを、分かり易く紹介させていただきます。コンビニバイトを辞める時の4個の注意点仕事を辞めたくなる理由は、人それぞれです。業務内容

百貨店販売求人でよくある募集内容をご紹介!ノルマってあるの?疑問にもお答えします!

百貨店販売求人に応募しようか検討中の方は必見です!全国各地にある百貨店。最近は総合スーパーや複合型の商業施設が増えましたが、歴史あるデパートに思い出がある方も多いのではないでしょうか。そんな百貨店には多くの人が働いています。今回は、そんな百貨店販売の業務内容や求人のポイント、気になる疑問についてご紹介していきます。百貨店販売にはどんな仕事があるの?具体的に百貨店ではどんな人が働いていて、どんな仕事があるのかを考えてみても、すぐには思いつかないものですよね。百貨店は多くの物を売る小売業です。様々なものが一つの建物に集まっていますし、様々な商品のプロが揃っています。そんな百貨店販売の仕事の種類を紹

スーパーの仕事がきついと言われる6個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

皆さんこんにちは。今日はスーパーマーケットの仕事の話をします。スーパーマーケットの業界は昔は「3K」と言われていました。つまり「きつい、汚い、危険」ということです。最近はかなり改善されてきましたが、それでもデスクワークと比較するとまだまだ辛い面も残っています。そのようにスーパーの仕事がきついと言われる理由と、それを乗り越える方法を紹介していきたいと思います。スーパーの仕事がきついと言われる6個の理由体がきついスーパーの仕事は基本的立ち仕事です。トラックで入荷されてくるカゴ車といわれる車輪付きのカゴの重量が約100キロ、商品の入った箱1個あたりの重量は5キロ〜30キロあります。そのため、持ち運び

スーパーの人間関係ってどうなの?つらいときの対処法は?悩んでいたら読んでみよう!

スーパーで働く際の人間関係について詳しく説明していきたいと思います。スーパーでの仕事は社員が数名とパートやアルバイトが複数所属して運営されている為、店舗にもよりますが、割と少ない人数という、濃い人間関係の中で働く場合がほとんどかと思います。より人間関係を円滑にノーストレスで働くにはどうすればいいのでしょうか?今回は、そんな状況で注意すべき人物や辛い時の対処法までを具体的に解説していきます。スーパーの人間関係ってどうなの?食品スーパーマーケットは基本的に水産、青果、畜産、惣菜、販売、レジの6部門に分かれており、それぞれの部門にその部門を統括する部門長がいます。そして部門長の下に社員が2名〜5名、

伊勢原のコンビニバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県の伊勢原市は、最近開発の進んでいる海老名へも電車で10分程のアクセスであり、非常に住みやすい住宅街となっています。しかし、国道沿いに飲食店などが集中しており、なかなか家の近くでバイトを探すことが難しいという方もいらっしゃるのではないのでしょうか。そのような方におすすめしたいのがコンビニでのバイトです。ここでは、伊勢原市のコンビニバイトについてご紹介します。コンビニはどんな仕事?コンビニでの仕事は、大きく分けると接客、清掃、補充、メンテナンスです。接客の中でも細かい業務が多く、その広範さも特徴です。バイトの大まかな仕事内容上記の分類を使ってご説明すると、接客はレジ打ちや宅配便の受付、イベ

コンビニバイトは楽しい?!理由についてご説明!楽しく働きたい人も要チェック!

私は、今までコンビニで働いていました。そして今では、お客さんとして1日に1度は必ず大好きなコンビニへ買い物に行っています。様々なサービスを提供するコンビニバイトの仕事は、大変な準備や覚えなければいけない難しい業務内容があります。しかし、仕事に慣れてコツをつかめれば、肩の力を抜いて楽しみながら働けるようになります。コンビニのバイト経験者だからこそ言える、気分が乗らなかった日の働き方や楽しかった思い出、長く続けられるコツを紹介していきます。コンビニバイトのおおまかな仕事内容とは?何といっても、コンビニは24時間営業です。店を営業する為に維持しなければいけない業務は、多々あります。その為、時間の経過

スーパー鮮魚の仕事内容3個の業務。辞めたいと思わないためにどんなことをするか確認してみよう!

皆さんこんにちは。今回はスーパーの仕事シリーズの一つとして、鮮魚部門の仕事の内容をご紹介させていただきます。生鮮食品の部門の中でも畜産部門と並んでメインのおかずを構成する鮮魚部門には、どのような特徴があるのでしょうか。どうぞ最後までお付き合いください。スーパーの鮮魚部門の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品手配鮮魚は季節によって獲れる魚が異なる、旬のある食材です。また養殖物と天然物がありますが、野菜や果物、精肉と違って安定的に生産できる体制にはなっておらず、自然の状況に最も左右されやすい商品と言えます。それ故価格や品質の変動が激しいので、安くて良い品を見つける目利きの能力が必要です。商品手配

スーパー青果の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

スーパーで仕事をするのでも色々な部門に分かれているのはご存知でしょうか?今回はスーパーの青果の仕事内容について詳しくご紹介したいと思います。青果部門といえば果物や野菜などの生鮮食品ですが、他の食品とは業務内容も違うのでしょうか?開店前と閉店後の業務や青果を取り扱う上でのやりがいについてもお話しさせていただきます。意外と知らないスーパーのお仕事内容、是非参考にしてみてくださいね。スーパー青果の仕事は大きく4個の役割に分けられる商品手配青果部門は野菜と果物を取り扱う仕事であり、生鮮食品と呼ばれる生ものを取り扱う部門の一つになります。まずは販売する商品を確保するために、商品の発注を行います。発注先は

スーパー惣菜の仕事内容3個の業務。経験者が教えます!

今回はスーパーのお仕事紹介シリーズとして、惣菜部門の仕事内容についてご紹介したいと思います。皆さん、一度はスーパーのお惣菜を買ったり食べたことがありますよね。そんな便利で種類豊富なお惣菜を作る仕事とはどんな内容なのでしょうか。仕事内容を役割別にお話ししたいと思います。スーパー惣菜の仕事の良い所を知って、是非仕事選びの参考にしてみてくださいね。スーパー惣菜の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品手配スーパーの惣菜部門の商品は大きく「アウトパック」と「インストア」に分かれます。「アウトパック」とは例えば惣菜工場などであらかじめ作られた商品のことであり、サラダやお弁当、麺類など作り置きをしても味や品

スーパー店長の仕事内容は?1日の流れにそって業務内容を説明していきます!

一般的にスーパーの店長の仕事内容はあまり知られていないかと思います。皆さんスーパーで買い物をしていると必ず目にするのはレジの店員さんくらいですよね。スーパーマーケットの店舗の年間売上高は平均約10億円、従業員数はアルバイトも含むと約100名と、ちょっとした中小企業並みの規模を誇ります。そのような店舗を統括する店長の仕事内容や一日の流れとはどんなものでしょうか。今回はスーパーマーケットの店長に注目してお話ししたいと思います。スーパー店長の仕事は大きく2個の役割に分けられる営業政策まずは基本となる売上高と利益の管理を行います。スーパーは肉や魚、野菜などそれぞれの部門が独立して利益管理を行う「部門別

埼玉コンビニバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

埼玉でコンビニバイトに興味がある方は必見な内容です。コンビニでバイトデビューを飾ろうとしている学生さんも多いことでしょう。今回は、埼玉県のコンビニバイトに焦点を当てて、業務内容や給与相場、人気なエリアやお店について紹介させて頂きます。埼玉で求人をお探しの方は、コンビニバイトに関する様々な情報をお届けしますので、是非チェックしてみて下さい。埼玉のコンビニバイトはどんな仕事?埼玉県内のコンビニで販売や商品補充を行う仕事です。埼玉は東京の隣の件ということもあり、ほとんど東京のコンビニとシステムは変わりません。コンビニは単純に商品をお客さんに販売するだけではなく周辺作業も多い為、最初は慣れるのに苦労し

コンビニがブラックだなと感じた8個の瞬間と、それでもこの仕事を続けたいと思う7個の理由

自分達の住んでいる近所には、24時間営業のコンビニエンスストアが沢山あると思います。コンビニエンスストアでは、昼夜を問わずに働くアルバイトや正社員の募集を見かけます。本当はどの様な職場環境なのでしょうか?この記事では、外見だけでは分からない内部の事情など、働いていたからこそ分かるコンビニがブラックだと思うところについてご紹介していきたいと思います。過去に働いたことがある人や現在働いている人に共感してももらえたり、これから働きたいと思う人などの参考になれば嬉しいです。経験者が紹介!コンビニがブラックだと感じた8個の瞬間とは?ブラック企業という言葉が世間でよく囁かれてますが、コンビニもそのランキン

コンビニバイトの人間関係でよくある4個の悩み。皆さんの周りではこんなのありませんか?

コンビニバイトの人間関係には、どんなイメージをお持ちですか?私が以前、想像していたコンビニバイトのイメージは、昼は主婦やフリーター、夜は学生が勤務しており、比較的楽しそうなイメージを持っていました。業務内容や人間関係もそこまで厳しくないと思っていました。そんなイメージから私も、「楽しそう、仕事内容も楽そう!」と考え、学生時代にコンビニバイトを経験しました。今回は、コンビニバイトの人間関係での悩みやその対処法などを紹介します。ンビニでバイトを考えている人は是非、バイトを選ぶ際の検討材料にしてみて下さい。コンビニバイトの人間関係でよくある4個の悩みコンビニバイトを選ぶ際に気になることの一つに、「人

名古屋百貨店求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、人気の働き先を紹介します

集客力のある都市部に位置し、本当になんでも揃う百貨店。行ったことがない人はほとんどいないでしょう。食材を調達するスーパーとしても使え、ちょっとしたお使い物からきちんとした御挨拶の手土産、洋服、お化粧品、家具と何でも販売している便利なお店です。広い建物内ではたくさんの人たちが働いており、求人数もとても多いです。正社員はもちろん、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトと自分にあった働き方ができるのも魅力です。今回は「名古屋」と「百貨店」に注目してよくある募集案件やおすすめ求人を見分けるポイントなどをご紹介して行きましょう。名古屋の百貨店事情は?名古屋の百貨店と言えば、一番集客力があるのが何と言って

花屋辞めたい…と言う人の2つのよくある理由とそれの対策とは?

女性の方で、子供の頃の将来の夢は花屋だったという方は多いのではないでしょうか?今回は、誰もが子供の頃に憧れていたであろう花屋の仕事において、少しマイナスな面についてもお話したいと思います。花屋の仕事を辞めたいという人のよくある理由や、またその対策についてなど詳しくお話していきます。花屋の仕事を辞めたい…2つのよくある理由とそれの対策とは?花屋の仕事を始めたけど思っていたのと違った、辞めたいという方がいるかもしれません。様々な理由によって続けられなくなる人がいるかもしれません。花屋の仕事を辞めたいと思うよくある理由や、それに対する対策をまとめてみました。手荒れ花屋では、仕事上水を使うことが多いで

アルバイトならコンビニがおすすめな14個の理由

最近ではコンビニエンスストアは販売する商品が多様化し、とても使いやすくなってきました。年々増え続けているコンビニエンスストアでは、海外からの多くの留学生が初バイトとして就業する傾向にあります。ここでは、採用されやすくアルバイトの最初の登竜門のコンビニを知ってもらう為に、必要な情報を実体験を交えながら紹介していきたいと思います。事前情報として活用してもらえると幸いです。コンビニのバイトはどんな仕事内容?コンビニでの仕事内容は、レジ・商品管理・清掃と大きく分けてこの三つに分類されます。細かな説明は、この後の見出しで紹介していきます。アルバイトならコンビニがおすすめな理由コンビニは店舗数が多く、その

スーパーの総務とはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

スーパーの総務とはどんなことをするのか?という点が今回のテーマです。スーパーは出入りが激しい業界で、採用や教育で常に人手不足を補いながら働く総務はきつい職業とも言われています。「総務を辞めたい」なんて声もよく聞いたりしますが、他の業種と比較してスーパーの総務部ならではのやりがいの持てることやメリットだってあるんです。また、向いている人やその後のキャリアについてもお話しさせていただければと思います。スーパーの総務はどんな仕事?一般的に総務や人事の仕事はほぼ全ての業界にあり、その仕事の内容は大きく「採用」「教育」「労務管理」「福利厚生」の四つに分けられます。これについては、スーパーマーケットが食品

スーパーバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給が上がるのはこんな時!

バイトを探す際に気になるのが時給です。仕事内容も勿論気になると思いますが、一番先に見るのは時給ではないでしょうか。同じ時間働いても時給が100円違うだけで収入は大分変わってきます。ここでは「スーパーのバイトはいくら貰えるの?」「どうしたら給与アップするの?」ということについてお話していこうと思います。スーパーのバイトの時給の相場はどのくらい?スーパーのパート・アルバイトの時給相場時給は地域の最低時給~1,200円が相場です。スーパーのバイトと言っても、品出しをする人・レジ打ちする人など雇用の段階から役割が分かれている場合もあります。その場合はレジ打ちの求人の方が時給は高めに設定されていることが

スーパーマーケットの職種には何がある?品出しやレジ打ち以外にも沢山ある5個の職種

皆さんこんにちは!皆さんはスーパーの仕事と聞くとどんな仕事を思い浮かべるでしょうか?普段店舗で買い物をしている際に働いている人の姿を見て、レジや商品の品出しなどを想像することが多いかもしれません。しかし、スーパーには営業時間中に行われている仕事の他にも様々な仕事があり、それぞれにやりがいと面白さがあります。今回はそのような普段は見えないスーパーの職種について紹介していきたいと思います。スーパーマーケットの職種には何がある?スーパーの主な仕事は「商品手配」と「販売」の二つがあり、皆さんが普段目にしている仕事は「販売」の仕事です。「販売」の仕事には「レジ精算」と「売場管理」という職種、「商品手配」

コンビニ店長がブラックな仕事だな…と感じた6個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う5個の理由

コンビニエンスストアの店長の仕事と言えば、24時間営業のお店の管理や、本部との交渉、クレーマーとの戦いやアルバイトの管理など大変そうなイメージがあると思います。確かに、コンビニの店長は一般的な会社員に比べ、若干ブラックな部分もあると、経験者の私は感じることがありました。しかし、それでも続けたいと思う魅力があったことも事実です。そこで今回は、「コンビニの店長はブラックな仕事だな…」と感じた瞬間のエピソードや、それでもコンビニの店長の仕事は楽しいと思った理由、更に願いが叶うなら改善してほしい点などについてご紹介していきます!経験者の私が思う、コンビニ店長の仕事がブラックな理由とは?私は、コンビニの

コンビニ店長を辞めたい理由は何が多い?3つの理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

正社員としてコンビニを経営する会社に入社後、コンビニ店長になれたのにも関わらず、その仕事が大変で辞めてしまう人は一定数存在します。コンビニ店長を辞めたい原因にはどんな理由が多いのでしょうか。その理由と辞めることを決める前に考えておきたいことについて解説します。コンビニ店長の離職率は多い?「コンビニ店長の離職率」というデータは存在しませんが、店長経験者は特に、離職率が高いイメージを持つ方が多いと思います。店の責任者である為、アルバイトが急に休んだ時や店でトラブルが起きた時などに、休みの日であっても呼び出されたることが多いのです。その為、ハードだと感じる人が多いことも理由の一つでしょう。また、店の

コンビニ店長の仕事内容9個の業務。向いている人の特徴は?働くメリットについても教えます!

コンビニ店長の仕事内容って具体的に皆さんはご存知でしょうか?コンビニは、今や日本全国どこにでもありますよね。そんなコンビニで、アルバイト経験のある方も多いとは思いますが、店長の仕事まで知っている方は少ないかと思います。ここでは、コンビニ店長の仕事について具体的な業務を経験者が解説致します。また、向いている人の特徴やメリットまでしっかりご紹介させていただきます。コンビニ店長の仕事は大きく3個の役割に分けられる経営・売上管理コンビニの店長は、コンビニ1店舗をまるまる任される謂わば「社長」のような存在です。その店の状況を常に把握し、売上の管理から経営状態のコントロールまで全てを任されます。店ごとに出

コンビニ店長になるには?勉強しておくべきことは何?将来性についてもお話しします!

自分で会社を持ち、店を開業せずとも一つの店を任され店長となることができるのが、コンビニ店長です。将来お店を持ちたい、経営の勉強がしたいという方にとっては、とても良い経験になることでしょう。そんなコンビニ店長になるにはどうすれば良いのでしょうか。勉強しておくべきこと、就職・転職の方法までを経験者が解説致します。コンビニ店長になるには?コンビニ店長になる為の方法は、二つあります。一つ目は、コンビニチェーンの会社とフランチャイズ契約し、自身がオーナーとなり、一つの会社のような形でコンビニを経営することです。二つ目は、コンビニチェーンの会社に正社員或いは契約社員として入社し、店舗経験の過程で店長になる

コンビニ店長のやりがいは?やっていて良かった3個のことやそこで身につく力とは?

コンビニ店長と言えば、とても激務で大変なイメージがあるかと思います。しかし、お店での勤務が好きな方や将来的に自分の店を持ちたい方、経営に携わりたい方には、とてもやりがいを感じることができる仕事です。そんなコンビニ店長のやりがいやコンビニ店長をやっていて良かった3個の理由、コンビニで店長を経験することで身につく力について解説します。私はこんなところでコンビニ店長をやりました私はコンビニの仕事の仕組みや、新商品の入れ替わる仕組みなどを学びたいと思っていました。なので、全てのコンビニチェーンの正社員の中途採用試験を受けました。その中で内定を頂いたコンビニチェーンに入社しました。店舗での経験を積んで、

花屋バイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

皆さん、花屋のバイトについて興味はありませんか?花屋と言えば、女の子は誰でも一度憧れた仕事だと思います。でも実際花屋のバイトってどうなの?稼げるの?と思う方もいるかと思います。今回は、実際に花屋で働いていた私が花屋のバイトの時給は一体どのくらいなのか、花屋の仕事はハッキリ言って稼げるのか?稼げないのか?など、皆さんが気になるところを解説していきたいと思います。花屋の仕事に興味がある人や、これから花屋で働こうと考えている人はぜひ参考にしてみてください。花屋の仕事について花屋の仕事について簡単に説明すると、店内で花を売ったり、花の手入れをしたり、お客さんの注文や予約を受け付け、花束や花かごを作った

コンビニ店長正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

コンビニ店長の正社員は、その具体的な業務内容や待遇などあまり知られていないことが多くあると思います。ここではコンビニ店長を目指す方に、正社員雇用という形でのコンビニ店長の年収事情や気になる業務内容、おすすめな求人の特徴について解説していきたいと思います。求人の募集内容や、コンビニのアルバイト経験だけでは知りえない情報をこの記事を通して知っていただき、興味のある方はぜひ「コンビニ店長」の求人をチェックしてみてください。コンビニ店長正社員の仕事内容とは?コンビニ店長はコンビニのお店1店舗を任され、そのお店の管理や経営状態に関すること全てに責任を負います。その為、人材管理から採用・育成、商品の発注や

バイヤーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

バイヤーという仕事に憧れている人は少ないかもしれませんが、興味がある人は多いと思います。小売業で販売員をしていて本部仕入れの商品を販売している人は多少わかるかもしれませんが、他業種の方からは「バイヤーって何?」「どんな仕事?」と良く聞かれます。言葉から何となくどんな仕事か想像ができますが、ざっくりとしかわからないと思いますので今回はバイヤーという仕事について細かく解説していきます。なりたい人もそうでない人も、人数的に限られている職業なのでぜひ読んでみてくださいね。バイヤーはどんな仕事?まず初めに「バイヤー」とはどんな仕事でしょう。BUYERとも言いざっくりと言うと買う人という意味で、売上動向や

コンビニバイト求人の募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

毎日通う人もいるくらい便利で身近なコンビニバイトの時給や募集内容についてお話ししたいと思います。コンビニエンスストアは、今や生活になくてはならない存在ですよね。そんなコンビニでバイトをしようと考えている人も少なくないでしょう。家の近くにも沢山店舗はあるでしょうし、アルバイトを探しているなら一度コンビニで働いてみてはいかがでしょうか?コンビニならではのやりがいや楽しいこともありますよ!コンビニバイトの時給は?時給はどれくらい?アルバイトで最も気になるのが、時給です。全国各地にコンビニがありますが、時給に違いがあるのか気になることでしょう。当然、地域によって時給は異なります。各都道府県には最低賃金

スーパーのレジの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

レジ打ちの仕事はパートやアルバイトの求人も多く、スーパーは一般の人がよく利用する店でもあるため、身近な仕事の一つだと思います。レジに立ってただひたすら商品をスキャンしてお金を受け取るだけのように見えますが、実際はレジ打ちでもいろいろな仕事があるのです。スーパーによって違いはありますが、レジ打ちの仕事の内容や、どんな人にこの仕事が向いているかなどをご紹介していきたいと思います。スーパーのレジの仕事はどんな仕事?スーパーには、野菜・肉・魚などのパック詰め担当、品出し担当、惣菜の調理担当、清掃担当、そしてレジ打ち担当など、多くの人が働いています。他の業務はバックヤードで仕事をしたり、店頭に出ることは

コンビニの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

コンビニの年収って知っていますか?身近にあるコンビニで働いている店員の雇用形態はさまざまで、正社員、派遣社員、アルバイトなどがあります。今回はそんなそれぞれの雇用形態ごとのコンビニの給料や年収について詳しくお話しさせていただきます。また、給料をどのようにアップさせるかを経験者が解説させていただきますので、給料アップを狙うなら転職も含めてこの記事を参考にしていただければと思います。コンビニの年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合のコンビニの年収相場みなさんがご存知のように、コンビニには様々なグループ企業があります。企業によって年収はまちまちですが、大体300万円前後というのが相場のよう

雑貨屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の5個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

プレゼントにぴったりな商品や可愛いデザインの日用品、お部屋をより素敵に見せてくれるインテリアなどが美しく並べられ、一歩足を踏み入れると思わずワクワクする「雑貨屋さん」。お洒落な空間で生き生きと働いているスタッフを見て、こんな場所で働いてみたい!と思ったことはありませんか?そこで今回は、そんな雑貨屋でバイトをしてみたいとお考えの方に向けて、具体的な仕事内容やよくある求人の募集内容、おすすめ求人の特徴などをご紹介します。向き・不向きや、仕事を通して感じることができるやりがいなども含め、経験者が詳しくご紹介します。雑貨屋バイトはどんな仕事?お洒落な雑貨や日用品に囲まれて働く雑貨屋でのアルバイトは、レ

レジバイト求人の募集内容や働き先の種類は?レジバイトのあるあるもご紹介します!

レジバイトを始めてみたい方は必見です!皆さんは「アルバイトでも探そうかな~」なんて思う時ってあったりしますよね。でも様々な求人を見て、どれが自分に出来そうなバイトかを見極めるのはなかなか難しいと思われた方も多いはず。そこで今回は小売業の数あるアルバイトの中でも、最もメジャーと言えるレジバイトについて詳しく紹介させていただきたいと思います。未経験でもこなせるレジバイト求人の業務内容やよくある疑問、あるあるネタまでしっかりお話ししていきます。レジバイトのおおまかな仕事内容レジバイトの役割レジという部門は、現在小売業界での主流な販売方法となっている「セルフサービス方式」にとって欠かせないお仕事です。

スーパーの仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴、キャリアについて解説

スーパーは一番身近にあり、誰でも働きやすい職場だと思いませんか?住宅地の近くには必ずあるスーパー。だいたいどのお家からも30分以内で行ける距離にあるのではないでしょうか?また、スーパーで働いている人を見ると年齢の幅が広く、高校生のアルバイトもおり、主婦の方であればパートでも働けます。身近にあって働きやすい職場での仕事。今回はそんなスーパーの仕事について、仕事内容や向き不向きなどについてお話していきます。皆さんが知らないスーパーの仕事内容などについても詳しくご紹介します。これからアルバイトを始めようか悩んでいる高校生や、パートでの仕事を検討している主婦の方、その他のスーパーでの仕事を考えている方

おもちゃ屋バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

「町のおもちゃ屋さんってどんな仕事をするんだろう?」と考える人もいらっしゃると思います。町のおもちゃ屋さんにも色々ありますので、働く予定のおもちゃ屋さんが何を得意としているかでお仕事の内容は大きく変わってきます。今回はそんな部分も含めておもちゃ屋バイト求人について書いていこうと思います。おもちゃ屋のバイトはどんな仕事?そのおもちゃ屋さんが得意としているジャンルの商品を重点的に、幅広い年齢層や季節商品を売るお仕事です。季節のセール以外にミニ四駆やカードゲームイベント等の店舗独自イベントを行っているおもちゃ屋さんは、そのイベント開催に関わるお仕事がある場合があります。おもちゃ屋のバイトの大まかな仕

雑貨販売が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

お洒落で可愛い食器やインテリアなどが揃い、訪れる人達を幸せにしてくれる雑貨屋さん。毎日の生活をもっと楽しくする為や大切な人への贈り物を探す為に、毎日多くの人が訪れます。お買い物をしながら、「こんな幸せな空間でお仕事がしてみたい…!」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、そんな雑貨屋の主なお仕事内容や、「雑貨販売が向いている人」の特徴、必要なスキル、実際に就職したいと思った時に心がけておきたいことをご紹介します!雑貨販売とは、どんな仕事?雑貨屋には、例えば食器類、服、ハンカチ等の布物、文房具、インテリア、お茶やバスグッズなど、幅広いジャンルの商品が並んでいます。その特徴と

コンビニ店長が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

毎日、コンビニにお世話になっている方も多いのではないでしょうか。その中でコンビニでアルバイトを経験したことがある方も少なくないかと思います。では、コンビニの中でも上の立場である店長の仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。アルバイトと異なる業務はあるのでしょうか。また、どのような方法でコンビニの店長になることができるのでしょうか。コンビニの店長の仕事内容や向いている人の特徴についてご紹介します。コンビ二の店長の仕事とはどんな仕事?コンビニの店長の仕事は、コンビニの運営全てと言って良いでしょう。スタッフの採用・管理からシフト作成・給与の支払いや、商品の発注・廃棄・肉まんなどの仕込み数の決定、

コンビニ店長の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

コンビニエンスストアにて店長業務を行うのは各コンビニチェーンとフランチャイズ契約をしたオーナーである場合と、コンビニチェーンの本社に入社した社員である場合の2種類があります。今回はコンビニチェーンの本社に入社し、店長業務を行うことを目指した場合の年収についてご説明していきます。小売店の店長はあまりお給料が高くない印象がありますが、コンビニの店長の年収はどうなのでしょうか。相場感や給料の上げ方について見ていきます。コンビ二店長の給料の相場はどのくらい?それでは、コンビニチェーンに入社した正社員で、コンビニの店長をしている人の給料の相場はどのくらいなのか、正社員で新卒入社した場合と、正社員で転職し