東京介護求人の特徴や、人気な施設・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護の仕事とはどんな仕事?

一般的に介護の仕事は高齢者、障害者の身の回りの世話(ケア)をする職業=ヘルパーさんと言うイメージではないでしょうか?

主に高齢者や障害者の介護をする専門職として日常生活上の食事、入浴、排泄ケアなど3大介護と言われている仕事を中心に食事や入浴や排泄時のケア、移動補助なども含めた身体介護や、利用者への相談・助言、他あらゆる生活に関わる家事、生活上のお手伝いをします。

最近は認知症患者の方が増加傾向にあり、認知症高齢者のケアも専門に見る専門職として介護サービスの中心となる重要な存在です。

東京の介護求人の特徴は?

関東圏でも東京都は人口が多い為、介護関連求人は最も多くなっています。

代表例として、介護福祉関連求人サイトから介護求人ナビの関東圏求人掲載数約21000件中、約8900件と関東圏第一位を見る事からも分かります。

東京都は地価が高い為人件費も高くなる傾向の為、給与設定も高くなっています。

比較的民間よりも社会福祉法人経営の所の方が経営も安定しており、給与待遇も良いです。

特別養護老人ホームが足りないと言われている現状で施設の数は足りていない中、給与の良い仕事に職員が流れてしまい施設どうしで職員の奪い合いになっているといる為、施設系求人は数多くあります。

1時間あたり有資格者で時給1500~と一般のパート職員よりも高く介護職の派遣社員の値段が上がってきています。

夜間や緊急時の対応を考えた“夜間対応型訪問介護”や“定期巡回・随時対応型訪問介護看護”といったサービスも増えて来ており訪問介護人の求人も多いようです。

また、訪問介護の登録制で働いた場合、身体介護人において時給2000円台の事業所もあり、高額になっています。

参照サイト:介護求人ナビ

東京の介護求人の給与相場

首都圏でも人口の多い東京都は給与も比較的高い傾向にあります。

介護職

介護職の平均年収

平均年収:310万円(賃金構造基本統計調査調べ)

平均給料:19万円~27万円

参考サイト:平均年収.JP

ケアマネージャー

ケアマネージャーの平均年収

平均年収:394万円(賃金構造基本統計調査調べ)

平均給料:28万円

参考サイト:平均年収.JP

社会福祉士

社会福祉士の平均年収

平均年収:476万円(厚生労働省統計より)

平均給料:26万円~35万円

参考サイト「平均年収.JP」より「http://heikinnenshu.jp/fukushi/socialworker.html」

参考サイト:平均年収.JP

保育士

保育士の平均年収

平均年収:315万円(平成27年賃金構造基本統計調査より算出)

平均給料:約21万円

参考サイト:平均年収.JP

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

東京の介護求人で人気な施設とその特徴とは?

ベネッセスタイルケア

教育事業であるベネッセコーポレーション子会社であるベネッセスタイルケア。

近年待遇改善に積極的に取り組んでおり、現場だけでは無く会社内の幅広い部門への転向などあらゆるキャリアを積める環境が魅力です。

「SOMPOケアグループ」 SONPOケアメッセージ

SOMPOケアホールディングス子会社であり、全国展開する豊富な職場から活躍の場を選べます。

昇給試験による10段階のキャリアパスにより明確にキャリアアップをイメージしやすくなっています。

高齢者保険福祉施設 ありすの杜きのこ南麻布

都心の大使館が並ぶ中心街に構える高齢者施設です。

「重度の認知症であっても、その人らしく最期まで地域の中で暮らしていくことを支えます」という施設理念を掲げ認知症ケアにも尽力しているグループ。

普通のケアでは飽き足りない人にはおススメです。

株式会社舞浜倶楽部

ディズニーランド近隣にある老人ホームです。

スウェーデンの介護のコンセプトや様々な手法を活かしながら先進的な介護を行っている事が特徴で、日本にはない雰囲気の現場で働きたい方にはおススメです。

アライブケアホーム

セコムグループの企業です。

最高級のケアサービスを追及する高級有料老人ホームで、業界でもトップクラスの職員待遇でおススメです。

自分に合った東京の介護求人の選び方のコツやポイント

趣向する業態別により異なるが先ずは施設サービス、在宅サービスなど大別して施設か在宅かどちらに関わるか?

施設、在宅それぞれの細かい業態によっても現場の雰囲気はまるで違ってくる為、最初の職場選びはとても重要になって来ます。

進みたい方向性が決まってから諸条件で選んでも遅くはありません。

施設を選んだ場合やりたいケアの内容、夜勤も含めると不規則になりがちなシフト勤務となる為、希望する生活リズムなどの事、将来的に目指したいキャリアの方向性によって、施設業態によっても細かい点は違ってきます。

その為、雰囲気や志望する条件と照らし合わせて何ヵ所か面接する事がオススメです。

通所介護や訪問介護において夜勤は基本的にありませんが、志望するケアの仕事内容、キャリアの事も自分に合うか複数の事業所を見比べて見ると良いでしょう。

一部の業態では、通所介護ではお泊りサービスがあり在宅介護においても24時間巡回型訪問サービスがあり夜勤がある場合があります。

ライフスタイルによって合わせて選ぶと良いでしょう。

たとえ良い職場に就職出来たとしても自身が企業理念に共感できない、または、やりたい仕事ができないという状態では、その職場で自分の居場所や仲間を見つけることは難しく長続きしない原因になってしまします。

面接時に可能ならなるべく現場見学をし、現場の雰囲気を体験しておく事をおススメします。

給与・雇用形態

施設において固定給である基本給以外でプラスされるのは主に住宅手当や夜勤手当などがあります。

施設において手当ての幅はピンきりになっています。

住宅手当額の具体的な金額としては月に数万円支給というものから上限付きで家賃の何%かを支給してくれる場合があります。

支給対象者は大半が賃貸世帯主ですが、持ち家世帯主、独身なのか扶養家族があるのか、扶養家族がいれば扶養手当として扶養家族、子供一人あたりに応じて月額数千~数万円と出る場合があります。

又、夜勤手当の相場は数千~一万円となっており施設により月に大体4~6回シフトに入る事が多い様です。

細かな法人規定があり、各事業所事に違うのでにしっかりと確認する必要があります。

好条件を選ぶのであれば時間を掛けて自分の志望する条件の求人を探す事をお勧めします。

雇用形態は様々で法人の正規雇用(正職員、正社員)の他に契約期間を定めた契約社員、派遣会社からの出向となる派遣職員、パート契約となる非常勤職員などがあります。

夜勤専門のみの雇用形態もあります。

施設の種類を確認

施設サービスでは介護保険3施設と呼ばれる「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設」以外に養護老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)、認知症対応型共同生活介護(高齢者グループホーム)、サービス付高齢者住宅など様々あります。

施設の規模やスタッフの人数

介護保険3施設など大規模の施設である事が多く、居室数も中には一施設で100以上数える所も珍しくありません。

その為スタッフ数も数十人規模と他職種の従業員が勤務しています。

一方小規模の施設になると居室数が数十程度となりスタッフの数も大規模施設と比べて減 少します。

勤務時間や残業の有無

一般的な介護現場では拘束時間9時間の内、休憩時間1時間を除き実働8時間労働となっています。

最近週休3日制を導入する介護企業が少しづつ増えており一日あたり10時間勤務となっている所がある様です。

残業に関しては職場による所が多いのですが、施設勤務の場合大抵シフト制の交代勤務の為さほど多くない傾向の様です。(月残業時間例:10時間程度)

資格

最低限介護職員初任者研修資格は必須であると言えるでしょう。

初任者研修資格から上級の実務者研修、介護福祉士国家試験へと現場でキャリアを積みながら目指すのが良いでしょう。

場所により、施設サービス、通所介護サービスなどでは無資格者でも就業されている様です。

訪問介護のみ介護保険法で有資格者のみ派遣出来る為、資格取得者のみ就業可となっています。

勤務地や通勤にかかる時間

東京都23区内勤務地多数あり、通勤にかかる時間が負担にならない範囲で検討すると良いでしょう。

通勤一時間ともなると、往復で2時間にもなり毎日に就業と合わせてプラス2時間もあると負担となるものです。

通いきれるかも考えて無理のない通勤時間を選びましょう。

福利厚生

事業所の経営する母体により福利厚生は千差万別であると言えます。

社会保険の加入や年金など必要最低限の法定福利と企業の裁量で決められる法定外福利があり、住宅補助やお祝い事や不幸事について企業から現金を支給する制度として結婚祝金、出産祝金、入学祝金、傷病見舞金、弔慰金、法定超付加給付などがあります。

他に資格取得費の補助、取得祝い金や社外セミナー等への勉強費用補助を設けている事業所もある様です。

福利厚生代行サービスに加入している所では様々な施設やサービスを特別料金と特典がある形で利用できるサービスを導入している所もあります。

研修の有無

一般的にはOJT(On-the-Job Trainingオン・ザ・ジョブ・トレーニング)現場 を通して現場実務を学んでいくのが一般的ですが、プリセプターと呼ばれる専任の教育担当が長期に渡り担当に付くケースもあり事業所により独自の研修を設けている所があります。

又、外部の研修へ参加する事もあれば、外部から事業所に講師を招聘し テーマ事の研修を事業所の職員全体へと研修に力を入れている所もあります。

中には海外の福祉先進国への海外研修を取り入れている所もあるようです。

キャリアについて

キャリアアップとして介護職から介護福祉士を取得した後、長く現場で活躍する人もいれば管理職へと昇進後、経営幹部として活躍、さらに自ら起業し、社会的起業家と呼ばれる経営者への道を進む方もいます。

現場で実務経験を経て介護支援専門員の資格をとってケアマネージャーなるケースなどもよく見られます。

又、ソーシャルワーカー・生活相談員などの専門職に転向する為、社会福祉士などの資格を取得して、活躍している人も多いです。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

介護保険が施工されてからまもなく20年近く立ち、制度も成熟へ向けて制度改正の毎にルールがいくつか変わって来ています。

その中で介護職と呼ばれる人も「介護士」として一般的に呼ばれる事で世間に認知されてきているのではないでしょうか?

日本では急な高齢化と介護保険制度の創設も相まって「介護士」という職業ジャンルが急激に拡大し、1つのカテゴリーとして確立しました。

しかし、その多くはネガティブな話題で占められています。

だからこそ介護職自身ができることから自発的に動いていくことが求められているのです。

まだまだ未開拓の部分が多く占められている未成熟の業界だからこそ自発的にチャレンジをしたい人材の方にとってはチャンス溢れる業界でしょう。

今後も間違い無く、ますます高齢化の進む日本社会に取っては必用とされる分野です。

商業的にも保険外サービスの開拓余剰は医療と福祉の隙間に隠されており、新しいサービスが産まれてくるかも知れませんね。

そういった意味ではこれほどチャレンジしがいのある業界はないのではないでしょうか?

実際に介護の仕事をしている人たちは、介護を働きがいのある仕事だと感じやりがいを持って働いています。

また、人の役に立ちたい、お年寄りが好きなどの気持ちを持っている人も多くいます。

何よりも利用者がよくなっていく経緯を間近でみることができ、共に喜び、感謝の言葉を頂ける事が何よりの介護職の醍醐味であると言えるかもしれません。

あなたに合った職場で是非、介護の仕事で活躍する一助になれば幸いです。


関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護