今回は介護の仕事の中で夜勤について書いていきます。

夜勤は心身ともにきつい仕事で、正社員の人でも夜勤はしていないという人も珍しくないです。

夜勤を辞めたいと思う理由を、現在も夜勤をしている私がいろいろと説明していこうと思います。

介護夜勤のおおまかな仕事内容とは?

介護職の夜勤は施設によって勤務時間が違いますが、一般的には夕食~翌日の朝食までという所が多いと思います。

食事の時間帯はそれぞれ遅出・早出がいますが、利用者様の就寝中から起床までは一人で対応するというところがほとんどでしょう。

夜間のナースコール対応・排泄交換が主な仕事となります。

施設によってほとんどナースコールが鳴らないという所もあれば、ひっきりなしにナースコールがなるという施設様々です。

排泄交換の時間・人数も施設によって大きく差がある部分です。

介護夜勤の仕事を辞めたいと感じる人の2つの理由とは?

ここでは夜勤を辞めたいと感じる理由と、それに対する工夫・方法について書いていこうと思います。

なんにせよ、夜勤という仕事は心身にキツイものですので、それを少しでも軽減できるようにするには・・という見方で見てほしいです。

拘束時間が長い

夜勤は拘束時間が長いです。

短いところでは22時~8時くらいの勤務時間の施設もあるようですが、基本的には夕食~翌日の朝食終わりまでという施設が多いと思います。

16時間くらいの勤務時間(休憩含む)ということになります。

施設によりますが休憩時間がしっかり設けられていて、その間は好きに過ごせるという所もあれば、休憩時間は一応あるが自分の担当するフロアのナースコールには対応にいかなくてはならないという施設もあります。

私はそのどちらの夜勤も経験していますが、後者は一時も気を抜けないのでかなり疲れます。

独身の方なら、この拘束時間が長いという点は慣れてしまえば自分の問題だけなので、そこまで問題にはならないかもしれませんが、結婚していて子供がいるという方(特に女性)は、月に4回程度でも長時間施設に拘束されるのはちょっと・・・ということで夜勤を辞めたいと考えるようになるようです。

それを乗り越えるための方法とは?

乗り越える方法としては「慣れる」ということしかないと言えます。

どんな仕事もそうですが特に夜勤は慣れるということが重要となります。

夜勤を始めた時と今とを比べると、今の方が楽に仕事が出来ています。(夜勤が楽ということではありません)

慣れてくると色々と要領がつかめてきますので、楽が出来るようになります。

最初は「どんだけキツイんだ。これからやっていけるのか」と思ってしまうかもしれませんが、不思議と慣れてくるものです。

他に出来ることと、言えば夜勤の日の昼間の過ごし方です。

ずっと眠っていろと言われても、私が無理なのでおススメしませんが、出来る限り体力を温存するように過ごしましょう。

夜勤の後に休むことより、夜勤の前どんな過ごし方をするかがかなり大切だと実感しています。

寝ようとして眠れないということで焦るより、眠れなくても体力を温存するように過ごすことをおススメします。

家庭を持ち子供もいるという場合、拘束時間が長いということに慣れたからと言っても何の解決にもなりません。

家族の理解が必要となります。

とはいえ、家庭の事情は色々とありますので、無理に乗り越える必要はないと思います。

どうしても難しいのであれば施設側に相談しましょう。

精神的にキツイ

夜勤というのは経験者なら分かるのですが、日中の勤務よりもイライラしやすいものです。

普段は何でもないことでも夜勤中だとイライラしてしまう・・・という悩みを抱えている人は少なくありません。

私自身も同じ悩みを持っています。

夜勤は、一人で業務をすることが多いので、知らず知らずのうちにプレッシャーを感じているのだと思います。

それで、気が立っているのではないかと私は思っています。

それを乗り越えるための方法とは?

私が実践していることは、何を言われても、何があっても「ただ淡々と」仕事をこなすということです。

言葉は悪いですが、認知症の方を相手に正論をぶつけたところで何にもなりません。

夜中に自分が何を言っていたのかを忘れていることが多いのが認知症の方で、朝を迎えると「おはよう。昨日は世話になったな」と世話をしていなくても言われることがあるくらいです。

そのため、いかにその時間を淡々と過ごすかがどちらにとっても良い方法だと思います。

辞めたい時もあるけど、介護夜勤がおすすめの理由

夜勤手当は大きい

悲しい介護の仕事は給料が少ないことで有名です。

夜勤手当があるだけでかなり給料面は違ってきます。

夜勤手当は1回5000円くらいが相場です。

それを月に4回とすると2万円の給料アップにつながります。

月に2万円というのはかなり生活面が違ってきます。

心身共にキツい夜勤の仕事ではありますが、給料が上がると思って頑張っているという職員も少なくありません。

夜勤手当があってもこれだけか・・・という不満がないわけではないですが、とはいえ無いよりは良いです。

給料を励みに夜勤を頑張ってみることもおススメします。

事務仕事が出来る

日中の仕事では委員会やその他事務仕事などをする時間は持てません。

夜勤中はナースコール対応や排泄交換などがありますが、それ以外の時間は何に使っても良いです。

少しでも休憩をするというのも良い方法ですが、少しでも事務仕事を進めておくことも出来ます。

そういう意味で夜勤を有効に使うという方法もありますので紹介しておきます。

まとめ

今回は夜勤について書いてきました。

文中に何度も書いていますが夜勤の仕事は心身にキツイ仕事です。

その分、辞めたくなるということもあります。

私自身も夜勤を始めた当初は「続けていけるのか」と不安に思ったものです。

しかし、現在も続けることが出来ています。

介護の仕事の給料の低さを改善するには夜勤をするというのが一番効果的です。

かなり大変ではありますが、良い面に目を向けて頑張ってみるのも良いと思います。

多い施設では夜勤手当が8000円というところもあり、月に6回夜勤があるというところもあります。

施設によっては、夜勤だけで5万円近く手当がもらえるというところもあります。

とはいえ、かなりきつい仕事であることにかわりはありません。

少しでも楽に出来るように、夜勤の日は体力温存で過ごし、夜勤中は「淡々と」業務をこなしていきましょう。


関連キーワード

介護求人