面接ってどんなことを聞かれるのか。

いい印象を持ってもらえるかな。

などと不安なことがたくさんありますよね。

同じような職種に就く場合ですと、仕事内容を理解しているので、答えることや今後のビジョンがはっきりとしているので比較的面接でも答えやすいことが多いですよね。

しかし、全くの未経験であったり、これまでとは全く違う業種に就こうとしている場合ですと、余計に不安が大きくなってしまいます。

介護業界は今は未経験であったり、これから介護の仕事をしたいと考えている方も多くいることでしょう。

そんな時に、介護施設の面接とはどんなものなのか。

一体どんなことを聞かれるのか、全く予想がつかないと不安を抱えている人も多いことでしょう。

ここでは介護の面接ついて触れていきたいと思います。

事前に準備をすることや、逆に質問をしておくべきことなどを解説いたします。

これから介護の仕事に就こうと考えている方は参考にしてみてくださいね。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護の面接時によく聞かれること

今は企業などはホームページで自社の特徴や社内の様子などを掲載しているところがほとんどですね。

企業実績や仕事内容についても詳しく記載しているところがほとんどです。

しかし、介護施設ではそこまで詳しく記載しているところはありません。

施設案内程度のものがほとんどです。

ですから、面接を受ける側としては情報が乏しいままに面接をするといったようなケースがほとんどです。

ですから、どんなことを聞かれるのか、どんなことが求められているのかがわかりにくいといったこともあります。

ここでは介護の面接でよく聞かれることなどを中心に解説していきたいと思います。

志望動機

この質問は、どんな面接でも聞かれることですね。

「なぜこの仕事に就こうと考えたのですか?」「どうして介護に転職をしようと思ったのですか?」などこの質問は必ず聞かれます。

まして今、介護の仕事は「3K」と言われる仕事です。

この職に就こうと考えて理由がどんなことなのかは、必ず聞かれます。

どれだけの思いがあって介護という仕事をしようとしているのか、介護をするということをどう考えているのかを面接の際に聞かれるでしょう。

理想とする介護士像

これは志望動機とも通づるところもありますが、どんな介護士になっていきたいか、どんな介護をしていきたいかを聞かれます。

在宅サービス系であれば、在宅で生活をする高齢者の実態を理解してどんな支援をしたいか、施設系であれば、どんな風に入居者の介護をしていきたいかなど、自分なりでいいので介護士としてどうしていきたいか、こんな介護をしたいと、こんな介護士になりたいと考えているかを聞かれます。

ここでは、あなたが介護士としても、適しているかどうかを見極められているのです。

意地悪な介護をすような人を雇ってしまっては、高齢者に対して虐待をする可能性がありますから、施設側にとっては大きなリスクとなってしまいますからね。

健康状態や体力面について

健康状態が良好かどうかは必ずと言っていいほど聞かれます。

介護の仕事は体力が必要です。

利用者を車椅子に移動させるや、抱きかかえると言ったことが頻繁です。

ですから、腰痛などがないかなどの質問があります。

介護士に多いのがぎっくり腰をしてしまう人が多いので、体力や身体的に健康状態は大切ですね。

そして一日中体を動かして仕事をするので、体力もかなり消耗します。

体力がない人では1日持たないと言った人もいるでしょう。

また、介護施設では感染症などにも対策をしています。

スタッフが体調を崩してしまって、風邪やインフルエンザの媒介となってしまわないように、健康管理は大事なのです。

不規則な勤務への対応が可能かどうか

入所施設では、夜勤や早番、遅番、日勤などの交代制のシフトがほとんどです。

ですから、このような不規則な勤務に対して対応が可能かどうかは質問されます。

決して強要するわけではないのですが、このシフトをこなせることが条件となってくる施設もあります。

特に小さい子供がいる人であれば、夜勤は難しいなどのこともありますから、面接では合格をしたいからと言って無理をしてはいけません。

実際に入社してできない。

となってしまっては、施設側でも困ってしまいます。

今あなたがどこまではできるのか、また今後はどうしていきたいかをしっかりと伝えることが重要です。

感情のコントロールができるか

昨今では介護施設従事者の入居者の虐待が大きな問題となっています。

これか介護従事者が自身の感情のコントロールができないことで起こってしまうことが多いのです。

認知症の利用者は時として心ない言葉を言ってくることもあります。

また、介護抵抗がある方もいます。

それは認知症によって状況が理解できないことでしてしまう行動であって決して悪意があるわけではないのです。

ですが、このような状況を毎日続け、自身の感情をコントロールできなくなってしまい、利用者に手を上げてしまう、または八つ当たりのように抵抗できない利用者へ怒りの矛先が向いてしまうのです。

ですから、自身の感情のコントロールができるというのはとても重要なこととなります。

介護の面接で事前に準備すべきこと

では実際に介護の面接に行くときに事前に準備できることはあるのでしょうか。

面接前に準備しておくことで緊張なくリラックスして面接に望むことができるので、事前準備はしましょうね。

服装は?

面接を受ける際の服装ですが、これは一般常識としてビジネススーツですね。

普段着で面接に行くと言った人はいないでしょう。

それでは社会人としての常識が備わっていないと判断されてしまいます。

これは常識ですね。

履歴書・職務経歴書

こちらも面接に行くものとしての常識です。

きちんと志望動機を記入してください。

面接で聞かれるからここは簡単でいいと思わないでください。

履歴書からすでに試験は始まっているのです。

一次試験が書類選考となっている施設もありますから、面接前に落とされてしまうこともあります。

職務経歴書はきちんとこれまで自分がやってきたことの絶好のアピールになりますので、しっかりと記入しましょうね。

面接に行く施設の概要を覚える

今はネットでたくさんの情報が溢れています。

介護施設でもホームページは必ずあります。

ですから、施設概要をしっかりと把握して行くことも重要ですね。

面接では質問を受けるばかりではありません。

自分から質問をして施設をもっと知りたいという気持ちも伝えましょうね。

施設に興味を持って応募してくれたと分かれば好印象となるでしょう。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護の面接での受け答えのコツとは?

介護の面接を受ける際に、受け答えは難しいのではないか?と感じている人もいるでしょう。

しかしそんなことはないのです。

難しいことを答える必要もありませんし、難しい言葉を使う必要もありません。

ここでは受け答えのことを紹介します。

はっきりと大きな声で

質問に答える時は大きな声ではっきりと答えましょう。

介護施設では高齢者と会話をします。

そんなときに小さな声では利用者は聞き取れません。

聞き取りやすい声でしっかりと話すことが重要です。

ゴモゴモと受け答えしていては、利用者に対してもこうなのかな?と思われてしまいます。

受け答えははっきりと大きな声でしましょうね。

「はい」「あいさつ」をしっかりと

基本ですが挨拶は大事です。

それは面接官に対してだけではなく、施設内で会う人に対してもきちんと挨拶をしましょう。

知らない人でもきちんと挨拶ができることは好印象です。

そして面接で、「◯◯なのですか?」などと言われたら、「はい」と言ってから話ましょう。

相手が質問したことに関してまずは意思表示が大事です。

わからないことはわからないという

面接でわからない専門用語などが出てくる場合があります。

そう言ったときには、知ったかぶりをしたり、勝手に解釈をするのではなく自分がわからないことをしっかりと謝罪して説明を求めましょう。

どこでも業界用語はあります。

それがわからないことは悪いことではありません。

むしろそんな専門用語を使う面接官が悪いのです。

知ったかぶりをしたことがばれる方が問題で、信頼関係にも影響が出てきます。

笑顔を大事に

緊張するのは仕方がないです。

ですが、笑顔で明るくが一番です。

笑顔がいいと利用者は自然と打ち解けてくれます。

介護士には笑顔が重要です。

表情豊かに話す方が印象はいいですね。

機会作業ではありませんので、人としての感情がとても大事な仕事ですから。

介護の面接で逆質問しておくべきこと

面接では必ず「何かありますか?」「聞きたいことやわからないことはありますか」と聞かれます。

ここは絶好のチャンスです!!

全く質問をしないで、いるよりは気になることはどんどん聞くべきなのです。

ここでは介護の面接で逆質問しておくべきことを紹介します。

給与について

ここは大切です。

どのような給与形態になっているのか、どのような手当なのかなどはこのタイミングでしか聞けません。

失礼にあたるのでは?と思ってしまうかもしれませんが、初めから聞くのではなく最後にと言った形できちんと確認をしましょう。

試用期間が必ずあります。

試用期間は求人に記載されている給与と違う場合もあります。

ですからきちんと確認をしましょう。

そして試用期間がどの程度なのかもきちんと確認が大事ですね。

資格支援があるのか

これから介護の仕事を始めようと思っている人は必ず聞いてください。

まだ資格がなくても採用してくれるところもありますが、働きながら資格を取るにはある程度の会社の理解がなければ難しい部分もあります。

試験に必要な時間であったり、研修などもありますからそれを考慮してくれるのかどうかは重要ですね。

資格支援をしてくれる施設もありますから、しっかりと聞きましょうね。

施設の雰囲気など

これは聞いておくべきことですね。

実際に働いてみるのと聞くだけでは違いがありますが、面接官から施設の様子を聞いておくことは情報の一つとして必要です。

産休があけで戻って働いている人がいるや、勤続年数が長い人が多いなどは、離職率が少ないと言った情報となります。

自分の施設のいいところを言えない施設は、働くのにはNGですからね。

利用者もどう言った状況の方が多いのかなどを聞けると、具体的な仕事内容が見えてきますからね。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

この記事では、介護の面接のための話をさせていただきました。

みなさんの参考になりましたでしょうか。

実際に介護の面接に限らず、面接って緊張をしてしまうものですよね。

まして初めて介護の職に就こうとする人はどんなことを聞かれるのか、どんな風に答えればいいのか困ってしまうことも多いかとは思います。

ですが、介護の仕事は何よりも人間性が大事になります。

弱い人をいじめない。

相手を思いやるなど、あたりまえのことが重要となってくるのです。

専門的な仕事であり、確かに体力的にも精神的に厳しい仕事ではあります。

そして離職率ももっとも多いです。

まして介護施設での事件が多い今、施設側も慎重になってしまっているのも事実でしょう。

ですから、難しく考えることはないです。

あなたが介護の仕事をしたいと思った気持ちや、どうして介護の仕事を選んだかをしっかりと伝えることができればいいのです。

あなたの志が伝わればいいのです。

介護士になりたいとうい人が減少している中であなたが、この仕事を選んだとということは、本当に福祉の仕事に興味を持っているからですよね。

ですから面接のときにはあなたの介護に対する気持ちをそのまま素直に話すことが一番いいと思います。

難しい言葉や綺麗事を言わなくてならないわけではありません。

自分の言葉で、これからの介護の仕事をしっかりとしていきたい気持ちがあるとこを伝えるが一番です。

今は施設側も人材選びに慎重になっています。

施設側は利用者を守らなければいけない立場ですからね。

ですから、どんなに立派な経歴があっても人間性に問題があると採用は厳しいでしょう。

今回この記事を読んでくださっている人が、面接での不安なく、自分らしく、介護の仕事をしたいという気持ちを面接で伝え、少しでも自分に自信を持って介護に携わる仕事をしていけることを願っています。

あなたの優しい気持ちが今の介護の世界にも最も大切なことだと思います。


関連キーワード

介護求人