介護職の求人は、求人募集の中でもたくさんある職種の一つです。

介護職含め福祉業界では人材不足が問題になっているほか、高齢者社会ともいわれる現代で福祉施設が増加する一方働き手がいないという問題もあり、求人募集は多くあります。

では、たくさんある介護職の求人がどのような求人募集が多いのかをご紹介していきながら、就職先を見つけるために失敗しないための押さえておくべきポイントをご紹介できればと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

介護職求人の種類

介護職の求人の中にも、たくさんの業種があるのをご存知でしたか?

介護職の職種や業種は様々ですが、職種によっては資格が必要とする職種も多くあります。

福祉施設には介護士以外にも様々な業種が協力し合って運営をしているのです。

では、介護職求人の中でどのような職種や業種があるのかをここではご紹介していきます。

介護士

介護職として一番想像しやすい職業が介護士です。

一般的にも認知度は高く、福祉施設の利用者の生活の補助を主に業務として担います。

介護施設の中でも特に利用者の生活に直接接することも多く、また係る時間も長いことから福祉施設で働いている職種の中では多く配置されています。

その分、求人募集も多くあります。

募集をしている福祉施設の運営母体によって介護職の業務は違いがありますので、転職を考えている方はどのような施設に就職するかで業務を見分けて転職先を考える人も多いです。

ケアマネージャー

福祉施設の利用者の専属担当者ともいえるべき職種がケアマネージャーになります。

ケアマネージャーは要資格となりますので、ケアマネージャーの資格を所持している状態での就業となります。

主に利用者のケアをデータで管理したり、利用者のご家族や保護者・代理人との仲介を担う業務も兼任します。

特に終身介護を行っている福祉施設によっては利用者の専属担当になることも多く、入退所の際には取り仕切る立場にもあります。

ケアマネージャーは資格取得の条件として実務経験が必要になってくる職業にもなるので、介護ケアの知識は必須要綱です。

生活相談員

福祉施設において利用者が生活をしている施設運営のイベント進行をしたり、入退所持の現場の介護士との連携やケアマネージャーとの情報交換を担当するのが生活相談員の仕事です。

生活相談員はケアマネージャーと似たような仕事もこなすことがありますが、ケアマネージャーの場合には利用者さん一人一人の生活の担当をするに対して生活相談員は福祉施設の全体の利用者の生活をサポートする役割を担います。

専属というわけではありませんが、施設によって終身介護と一緒に短期入所施設やデイサービスを運営している場所ではそのサービスに専属して生活相談員が常駐しています。

機能訓練士

生活の中でも利用者が日々の生活において機能的な衰えを予防するための機能訓練を行います。

これらの機能訓練のサポートをするのが機能訓練士の仕事です。

機能訓練士は要資格所持者ではないと従事できません。

理学療法士・作業療法士などの機能訓練に携わる国家資格を所持したうえで利用者の既往歴を確認し、個々に合った機能訓練のカリキュラムを構成します。

機能訓練時には機能訓練士立会いの下訓練を実施します。

看護師

服薬管理や医療行為は介護士ではできません。

そのような医療行為を行う職員が看護師になります。

利用者のほとんどは様々な病気を持っている方が多くいらっしゃいます。

その病歴をもとに医療的な面での業務を行います。

福祉施設の中には医者が常勤していない施設もあります。

そのような施設においては看護師がメインとなって医療的な援助を現場の介護士と情報交換をしていきながら対応していきます。

看護助手

老人保健福祉施設において特に募集している職種でもあるのが看護助手です。

老人保健福祉施設は福祉施設の中でも医療的な面でサポートする分野に特化していることから看護師も多く在中しています。

看護師の補助的業務を担当するのが介護助手です。

業務内容は介護士とほとんど変わりなく、利用者の生活の補助をしたり看護師の業務のサポートをします。

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

機能訓練士と似たような業務内容を担うこともあるのが針灸師・あん摩マッサージ指圧師です。

この職種の求人は福祉施設の中でも特に少ないように思います。

福祉施設で在中している時には利用者の生活の中で既往歴や病歴に応じて予防ということが目的としてマッサージをしたり針灸をします。

栄養士

栄養士は利用者が朝・昼・晩の食事の献立を担当する人になります。

福祉施設の中では施設内で調理をしているところもあれば、外部の業者に発注している場所もあります。

それらの献立を計画して食事の安全管理を徹底するのが栄養士の仕事です。

よくある募集内容

では、介護職の求人募集にはどのような募集要項が書かれているのでしょうか。

求人を総合的に見て各職種に応じて求人募集がどのような形で募集されているのかをご紹介できればと思います。

介護士

介護職の求人募集の中でも最も多く目にするのが介護士の求人案内です。

介護士は介護福祉士という国家資格があるほど優位に就職活動ができますが、そのほかにもヘルパーなどの資格要項を条件とする求人が良くみられます。

しかし、介護士の求人は未経験でも募集できるのが現状です。

無資格でも働きながら資格取得を目指すことができるので、募集求人の件数も多く、未経験者が一番入りやすい求人職種になります。

月給

福祉施設や福祉サービスの募集案内にもよってばらつきがあります。

デイサービスの場合ですと総支給額で18万円から20万円、夜勤ありの短期入所施設や終身介護のサービスですと20万円から25万円になります。

深夜手当や残業などを込みでの給与換算になるので、自分がどのサービス内容で介護士として勤めたいかによっては給与の差は大きいでしょう。

業務内容

主に介護・介助がメインとなります。

利用者の福祉施設内での生活の援助、入浴時の入浴介助、送迎時の介助など様々な介助を担当します。

現場で利用者と一番接する立場にもなります。

利用者が日々の施設内の生活の中で異変などがあるかどうかを観察して見極めます。

異変があったりいつもと違うような状態であればその際に日々の情報を記録し報告します。

緊急時に即座に対応できるかどうかのカギを握るのが介護士とも言われているのです。

勤務時間

福祉サービス内容によって勤務時間は異なってきます。

日勤営業のデイサービスであれば日中の時間帯が勤務時間になります。

短期入所施設や終身介護をサービスとする場所では24時間の間にシフト制の交代勤務で従事します。

シフト内容は早番・遅番・日勤・夜勤と様々で、施設によってシフトのバランスも違います。

経験や資格

介護士は募集要項の際に優遇される資格があります。

それが介護福祉士やヘルパーです。

施設によっては社会福祉士・精神保健福祉士なども資格を所持していると優遇してくれる場所もあります。

また、未経験者を募集している求人で介護職の中の求人では多くみられる職種の一つです。

実際に介護職が全くの未経験でも働きながらヘルパーを取得したり、実務経験を重ねて介護福祉士を取得するなど、働きながら経験を重ねたり資格取得を目指せるので安心して働くことができます。

ケアマネージャー

ケアマネージャーの資格を取得している方が応募できるのがケアマネージャーの求人です。

ケアマネージャーは実務経験と取得する資格によって受験することができます。

介護職の中でも働きながら取得を目指す人も多く、任意の高い資格です。

月給

給料は一般の事務職より高いでしょう。

福祉施設によって異なりますが、平均が20万~30万と幅広い設定になります。

ケアマネージャーの資格を持っていることが条件の職種となりますので、介護職の中でも平均的に高い職種となります。

しかし、介護士から転職する際にはケアマネージャーに転職してから給与が下がったという声もよく耳にします。

特に終身介護で介護士をしている方は、夜勤手当が付き給与が高いので、ケアマネージャーの転職を目指す方は給与の面で考慮したほうが良いでしょう。

業務内容

主に福祉施設を利用している利用者の専属ケアマネージャーとして勤務します。

終身介護の利用者の専属ケアマネージャーとなり、利用者の基本情報から既往歴までを管理します。

入退所の際にも直接かかわってきたり、介護認定の際には認定士の方とコンタクトを取りながら仲介業務もこなします。

また、現場の介護士との連携もします。

日々の情報を更新する際には現場の介護士と連携を取ったり、医療面では介護士、機能訓練では機能訓練士と情報交流します。

勤務時間

ケアマネージャーの勤務時間は日勤帯になります。

シフト制ではありません。

福祉施設によっては宿直もある勤務もあります。

求人広告を確認しましょう。

経験や資格

ケアマネージャーの資格が必要になります。

そのほかにも社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の国家資格があると優遇されやすいです。

経験としては、ケアマネージャーの経験があるとより転職しやすいでしょう。

また、介護士や看護師などの経験が長いことも考慮されます。

生活相談員

福祉施設の相談員として働きます。

福祉施設のサービスに応じてサービス場所に所属し、相談業務を行います。

デイサービスの相談員になると、介護業務や相談業務を兼任することがあります。

終身介護・短期入所施設などでは、ケアマネージャーと連携して現場の介護士と利用者の情報共有をします。

ケアマネージャーが利用者個々の情報管理をするのに対して生活相談員は現場の営業ルーツを担う業務になります。

似たような仕事をすることもあるように見えますが、業務内容は大きく異なります。

月給

施設によって違いますが、20万円から25万円が平均です。

事務職と比べると比較的高い方の平均給与になります。

業務内容

主に福祉施設の稼働を事務的処理します。

そのほかにも入退所の際の手続きを行ったり、現場の介護士との情報共有を主導的に行います。

入退所の手続きの際、利用者との面談やご家族との情報共有を施設側の運営者として担当するのが生活相談員の仕事です。

そのほかにも、福祉施設のイベント業務も兼任します。

勤務時間

勤務時間は日勤帯になります。

シフト制ではありません。

施設によっては宿直を担当する勤務もあるので求人広告を確認しましょう。

経験や資格

主な資格としては社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事が必要になります。

求人広告によって資格条件に上記の資格が必要になってくると書いてある箇所があるので求人広告を確認してみましょう。

求人広告の中には無資格で募集している求人広告もあります。

未経験からチャレンジしてみたいという方は未経験可能の求人を探してみるのも良いでしょう。

経験としては生活相談員の経験業務があればよいでしょう。

相談員業務の経験がなくても問題はありませんが、介護士や看護師の実務経験が長いほど優遇されます。

看護助手

病院が経営している福祉施設で募集されていることが見られるのが看護助手の職種です。

聞きなれない職種ですが、業務内容は介護士と似たような業務になります。

月給

基本給は介護士と同じです。

18万円から25万円になります。

深夜業務などの手当がつくと給与の幅が上がります。

求人広告の記載事項を確認してみましょう。

業務内容

看護助手の業務内容は介護士と似たような形になります。

看護師の業務のサポートのほか、シーツ交換や食事の介助など、利用者の生活補助を行います。

介護業務も兼任することが多いので、介護士は福祉施設で働くのに対して看護助手は病院などの医療系福祉施設で働くという認識で理解してもらえれば良いと思います。

勤務時間

シフト制で働くことが多いです。

早番・遅番・夜勤などに従事します。

現状では看護助手の求人は正社員として募集しているところよりも契約社員やパート・アルバイト従業員として募集しているところが多いです。

働く場所が違うということが条件となれば看護助手を選択しても良いですが、正社員として働きたいという思いがあれば看護助手のほかにも介護士として働くことも視野に入れておく方が良いでしょう。

経験や資格

未経験から始めることができる職種でもあります。

看護助手として働いている経験があれば優遇されやすいです。

また、介護士としての実務経験も優遇されます。

看護助手は未経験可能の募集が多いので未経験から挑戦する方にはおすすめできる職種です。

失敗しないための4個の注意点

求人広告を閲覧している時に、特に介護職の求人では注意してもらいたいポイントがいくつかあります。

失敗しないために、ぜひ参考にしていただければと思います。

求人条件が良すぎるところ・悪すぎるところは注意

自分の思っている条件よりも良い情報があふれている求人広告は要注意です。

給料が高かったり出勤の条件が良かったりするのは良いですが、あまりにも良い情報を提示している仕事先は、入社してすぐに求人広告との条件と合致しない点が多々発生する可能性があります。

求人内容の条件があまりにも良くて本当の情報であれば人が退職することはありません。

特に一人を募集しているだけではなく多数募集しているところは要注意です。

残業や休日出勤をきちんと確認しよう

介護職の残業時間や休日出勤等は現場で働いている職員に話を聞くとよくある話のようです。

求人広告からは、残業時間や休日出勤の情報などが記載されている箇所があります。

それが年間残業時間と年間休日です。

求人情報に記載されている数字があっているとはいえませんが、おおよそ自分が無理なく働ける数字を提示している求人広告に目を通していきましょう。

あまりにも数字が大きかったり短かったりすると働く環境に疑念が生じます。

選択する際には自分が働く日数や時間帯の条件を考慮してから吟味していきましょう。

小規模施設は制度が整っていない可能性がある

福祉施設の中でも小規模施設の求人募集では、転職をしても設備等が十分にそろっていない可能性があります。

大規模な福祉施設ですと施設に従事する際に不自由さを感じられないほど設備が整っていると思いますが、小規模であれば設備の不十分さが際立つ可能性もあります。

その点を考慮した上で求人広告の事業体を調べておきましょう。

スタッフさんや管理職の人たちの雰囲気が悪くないかどうか

実際に求人広告を出している福祉施設の中では、社内見学をさせていただける場所もあります。

見学をすることができる機会があるのは良いことです。

その理由は施設内の雰囲気を直接見てその場の環境を確認することができるからです。

従業員同士の仲が良いかどうか、上司と連携して仕事をこなすことができそうかなど、入社できても社内の環境に順応することが不安要素の一つでもあることから実際に肌で環境に感じることで不安を払拭することができます。

まとめ

介護職の職種も様々あり、求人広告も自分がなりたい職種によってさまざまな内容の求人広告があるのです。

ぜひ、自分に合った条件の求人広告を探してみて就職活動をより良いものにしましょう。


関連キーワード

介護職求人

介護職求人についてもっと深堀りした情報を見る

介護職の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

介護の求人を見る前にぜひ読んでほしい、給料についての話をしていきたいと思います。介護職の年収相場や給料UPのポイントを含めた転職術も紹介します。介護職の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合高校卒業後に介護施設に入社した場合、ほとんどの人は無資格の状態だと思います。平均的な総支給額は15~17万円で、社会保険や厚生年金等で差引され、手取りとしては13~15万円程度でしょう。施設によっては夜勤がありますので、夜勤手当が収入に加算されていきます。最初のうちは月に4回程度の夜勤をする事と思いますが、先ほどの総支給額の中には、夜勤手当の平均的な額(夜勤1回につき4000~6000円)が4回分

介護職の転職でおすすめな3個の職種や働き先。成功させるためにやるべき5個のことや上手な転職方法も解説します!

他の職種から初めて介護職に転職する方、また介護職の中でも他の事業所へ転職する方や新たな資格を取得しスキルアップしてからの転職など、介護職の転職には様々な形が考えられると思いますが、どの方にも参考になる、おすすめの職種や働き方、転職する際のポイントをまとめてみました。介護職の概要とは?要支援者や要介護者が介護保険を利用して受けるサービスは多種多様です。そのサービス事業所の中で、介護職は主に施設系、通所系、訪問系に分かれ、働く場が設けられています。資格がないと働けない職種もありますが、なくても働ける職種も多くあります。介護職で転職する人は多い?結論から言いますと、介護職ほど転職がマイナスにならない


介護職求人に関するコラム

介護職は未経験で働ける?未経験から介護に転職した私の、転職の流れ・職場での成長の流れ

需要の高まっている介護職。介護職は未経験からでも大丈夫?異業種からでも介護職で活躍するコツとポイントを紹介していきます。介護職の大まかな仕事内容入居している高齢者を対象に、洗濯や掃除といった生活援助や、オムツの交換やシモの世話と言った身体介助を主に行います。施設によって生活している入居者の身体レベルは様々で、ほとんど自立しており安全を確保しながら見守っているだけで良い高齢者もいれば、寝たきりで食事も排泄も介助なしでは出来ないレベルの高齢者も施設もあり、最期まで看取りを行う施設も少なくありません。高齢者の身体レベル以外にも、施設によってはレクリエーションを行ったり、車を使って景色を見に行ったり、

40代でも介護職に就ける!他業界から介護への転職を成功させるための注意点と転職の流れ

少子高齢化に伴い、高齢者対象の介護施設の新設、求人が多くみられます。また、ニュースや新聞などの報道でも様々な話題を見聞きするようになりました。介護保険の運用もあり、介護が身近に感じるようになりました。転職を考えたとき、求人の条件には「未経験者歓迎」「年齢不問」という言葉もみられますが、一方で資格所持者を求めるものも見受けられます。実際に40代未経験でも就業できるのか、年齢不問の範囲はどれくらいか、解説していきます。最近の介護業界への転職事情求人条件に「未経験者可」「年齢不問」とあるものが多いことから、他業界から転職する方が多くみられます。特に最近は資格取得を促す専門学校や講習会開催会社が「資格