介護はとても大変な仕事です。

介護の経験がある人でも、家族の介護をするとなると、自分の仕事でも介護と帰った後でも自分の家族の介護が待っている状況が重なると、体力的にも精神的にもストレスが溜まります。

近年、高齢者が高齢者を介護する老老介護が原因で、介護疲れから悲しくも殺人を犯す人もいます。

介護の疲れは大きなストレスになり、自分では解消しきれないほど大きいものになる事もあります。

ここでは介護疲れにならないようにどんな事をすれば良いのか、どんな人が介護疲れになってしまうのかをご紹介します。

自分では気づきにくい介護疲れにご注意ください!

介護疲れは自分でも気付かないうちになってしまう人が多くいらっしゃいます。

多くの人は気付かずうつ状態にまでなってしまう人もたくさんいて、介護が多くなってきている現代社会では大きな問題になっています。

介護疲れは「私が介護しなくちゃ」「私が頑張らなきゃ」「私しか介護する人はいないのだから」と感じている人がなりやすい傾向にあります。

一人で悩みを抱え込んでいませんか?

家族の介護は誰かが一人で行う傾向にあります。

例えば家庭にいつもいる専業主婦の方や、嫁が舅を介護したりと「介護をする事が当たり前」のように一人で介護の悩みを抱えてしまう人は多いです。

現在は、核家族化が進んでいる為、高齢の配偶者が介護をする事も少なくありません。

しかしその場合、相談できる家族も近くにおらず、24時間介護が必要な配偶者と共にいなければならなくなります。

高齢者に多い傾向として「介護が必要になった事を恥ずかしいと思う人」が多いのです。

その為誰にも相談せず自分だけで抱えてしまうのです。

ここでは「介護を受ける事は恥ずかしい事では無い事」だとしっかり思って頂く事が大切になるでしょう。

介護の認定をきちんと受け、担当のケアマネージャーを付け、しっかりと要介護者の介護プランを立てることが、介護を必要とする人にとっても、家族を介護する側にとっても助けになるでしょう。

こんな性格の人は要注意!

介護をする時に自分の性格上「しっかり」「きちんと」しなければいけないと考えてしまう人もいらっしゃるでしょう。

しかし、介護を毎日しっかり、きちんとする事は大きなストレスになってしまいます。

ここではどんな考えの人が介護疲れを感じてしまうのか、どんな人が介護疲れを感じてしまうのかをご紹介します。

責任感が強い

ここでの責任感が強いという事「自分は専業主婦なんだから、私が介護しなければ」「私しか介護が出来る人はいないのだから」と考えてしまう人を指します。

介護は大変な仕事です。

家庭の事をしながら介護する事は簡単な事ではありません。

自分の時間はほとんどありませんし、排泄の介助はなかなか慣れるものではありません。

そんな中自分以外に介護をする人がいないという事はとても大きなストレスになってしまいます。

他に家族がいるのであれば「自分だけが介護をする必要はありません」介護は誰にでもできる事です。

自分がしなければならない事は絶対にありません。

趣味がなく息抜きが下手

介護に限らず、仕事をしている人でも簡単な息抜きは必要ですよね。

8時間勤務の仕事でもそう思うものですから、24時間介護をしている人はもちろん息抜きが必要になります。

しかし、自分の趣味も無く、息抜きをどうしたらいいかわからない人は、多々いらっしゃいます。

趣味がある人は趣味の時間を取ることで、息抜きする事が出来ますが、趣味が無い人は「森林浴」や「温泉」等で副交感神経を刺激する事をおススメします。

この森林浴や温泉には分かりやすく言うと「ゆったりとした時間を過ごす」と言う事が大切なのです。

介護で自分が気付かない間に使っている神経をゆったり解す事で、息抜きが出来るでしょう。

頑張り屋さん

入浴の介助や排せつの介助は、ほとんど毎日行いますが、一人で毎日介助していては、自分のゆっくりする時間は無くなってしまいます。

それを「頑張って」毎日してしまう人は、自分の介護疲れを自覚している人も多いでしょう。

頑張るという事は多少なり「無理をしている」と言う事です。

頑張る事は良い事ですが、そこには「限度」があります。

自分の限度を超えてしまっては頑張る意味はありません。

頑張る場所と頑張る時間を決めて、自分の為に使う時間も決めておきましょう。

体力を過信している

まだまだ大丈夫。

○時間寝れば大丈夫。

と自分の体力を過信していると、介護の現場では大変な事が起こる事もあります。

人は疲れてしまうと深く眠りについてしまいます。

そんな時に要介護者が転倒してしまったり、重度の認知症の要介護者の場合は自宅からいなくなってしまう事もあります。

自分はまだ大丈夫と思わずにひとつひとつの介護が終わったら、少しでも休憩するようにしましょう。

どんなに若くても、どんなに体力があっても、自分の知らない所で疲れは確実に溜まって行きます。

しっかりと休憩しながら、自分が介護から離れる時間を作る事が大切になります。

何でも相談できる人がいない

近くに知り合いがいない。

家族が近くにいない。

と今の自分の現状を理解してくれる人がいない事は、大変なストレスがかかります。

人に相談する事でストレスが解消される事もあります。

自分の辛さが分かってくれる人がいるというだけで、救われる事もあります。

しかしどうしても近くに誰もいなかったり、誰に相談すればいいかわからない時は「公共施設の福祉課」に相談する事が1番の解決策になるでしょう。

しかし、誰にも相談できない人が福祉課を訪れてくれるかと言えば、そうではありません。

その場合第3者が気付く事が出来るかがカギになる事も多いでしょう。

病院で薬を貰う時や、介護の申請に行く時等に、介護される方ではなく、介護をしている人の状態を見る事も大切な事になるでしょう。

介護の悩みと介護する側の負担を減らす工夫とは?

介護の辛さについてご紹介してきましたが、ではどのようにして介護の負担の負担を減らす事が出来るのか、またどんな工夫をすれば介護自体の負担を減らすことが出来るのかを簡単にご紹介します。

徘徊などで気の休まる時がない

認知症の要介護者に多い事ですが、自宅にいるのに違う所に帰ろうとしたり、畑なんて持っていないのに畑仕事に行こうとしたりする事があります。

これは認知要の要介護者が幼いころや自分が1番楽しかった時代に記憶が戻ってしまう事から起こります。

しかし、認知症の要介護者はいつどのような形で徘徊が始まるのか分かりません。

夜中にいきなり起きて徘徊が始まる事もあります。

そうなると介護をしている方はなかなかしっかり眠る事も出来なくなってしまいます。

改善策

ここでの改善策は2つあります。

家族がいる場合は「交代で要介護者と同じ部屋で寝る」事です。

ここで大切なのは「交代で」と言う事です。

同じ人がずっと一緒に睡眠を取ると、一緒に寝る事に慣れてしまい、要介護者の徘徊に気づかない事もあります。

また、疲れも溜まってしまう為、家族で協力する事が大切になります。

もう1つの改善策は、自分がしっかり睡眠を取る為に、週末や短期間のショートステイを利用する事です。

介護は自分だけがする事ではありませんし、公共の施設を利用する事で、自分を責める事もありません。

自分の休憩の為にしっかり利用出来るサービスを利用しましょう。

体位交換や移動が思った以上に大変

寝たきりの要介護者や車椅子への移乗は思った以上に大変です。

寝たきりの要介護者なら楽なんじゃないかと思う人もいますが、寝たきりの要介護者の体位交換をしないと直ぐに「褥瘡」が出来ます。

これは「床ずれ」ともいい、体の重さで圧迫され、血液の循環が行われず、皮膚の状態が悪くなり、圧迫している皮膚から腐ってくるのです。

また、車椅子への移乗は人を1人抱えるわけですから、自分の腰に大きな負担がかかります。

介護の経験者でもぎっくり腰やすべり症になり介護を辞めて行く人も多いのです。

改善策

ここでの解決策は、まず車椅子への移乗は「ボディーメカニクスを取得」する事です。

重心を低くし、足を肩幅に開く事で腰への負担を軽くすることが出来ます。

しかしこの態勢は慣れるまでふらついてしまったり、重心を低くしすぎると、要介護者と一緒に転倒する事もあります。

練習する事も大切ですが、介護に必要なボディーメカニクスに慣れる事から始める事も1つの手ではないでしょうか。

体位交換の解決策は、レンタル介護様の家具をレンタルする事です。

介護様のレンタル家具は色んなものがあります。

寝たきりの要介護者の体位交換は「2時間~3時間毎が理想」と言われていますが、1日ならまだしも毎日2時間~3時間毎に起きる事は、大変な苦労です。

ここでレンタルする介護用品で活用できるものが「エアマット」です。

このエアマットはマットレスの間に空気が入っているような感覚になります。

ふらふらしていて危ないのではないかと感じる人もいらっしゃるかと思いますが、体重の重みが分散される為、体位交換が比較的長時間しなくてもよくなります。

しかしここで勘違いしてはいけない事は「比較的長時間」と言う事です。

6時間や10時間等長時間全く体位交換をしなくても良い事ではありません。

家庭で出来るならば、自分が寝る前に体位交換し、夜間のオムツ交換やトイレ介助の後に1回。

その後朝起きる時に1回と頻度は少なくすりますが、しっかりと体位交換を行わないと褥瘡の原因にまりますので注意しましょう。

仕事と介護の両立が大変

他に仕事をしながら帰ったら介護が待っているという事は、自分の安らぎの場所があまりなく、体力的にも、精神的にも辛くなってしまいます。

辛い事を積み重ねてしまうと、介護が待っている自宅に帰りたくなくなってしまい「介護放棄」を招く原因となってしまう事でしょう。

介護の現場で働きながら、自宅でも介護が待っているという状況は介護放棄をする確率は少なくなりますが、介護を仕事としている事で、他の家族から頼りにされ、1人で介護をする事になるケースが多いです。

介護の現場で働いているから「介護に慣れているだろう」と言う考えが生まれてしまう為です。

改善策

ここでの改善策は「介護の負担の分担」です。

介護を家族全員で行う事も1つの手でしょう。

介護をする日を決めて分担すれば、仕事の休みも取りやすくなり、自分の時間と介護の時間との切り替えが出来やすく、ストレスの解消もしやすくなります。

また、家族が介護に非協力的な所ももちろんあるでしょう。

若い世代では協力的な男性も多くなりましたが、高齢の男性になればなるほど「介護は女性がするもの」と思っている人も多い為です。

そこで、利用出来る公共施設は「特別養護老人ホームや有料老人ホームのショートステイ」です。

ショートステイとは、名前に通り短い時間入所する事です。

週末や長い祝日等の自分がゆっくりしたい日や、お正月には、ショートステイの利用率は増えています。

高齢化社会となるにつれ、このような短期間の施設利用は増えてきています。

また、夜間はしっかり寝てくれる要介護者であれば、昼の忙しい時だけ利用する「デイサービス」もあります。

デイサービスでは脳のトレーニングや散歩など、体を動かす事もあり、入浴もありますので、夕方に自宅に帰り、ゆっくりした後、睡眠するという一連の流れが出来るようになるでしょう。

そうなると、自宅でも介護もとても楽になるでしょう。

レスパイトケアってご存知ですか?

上記でご紹介した改善策にあります「デイサービスやショートステイ」のような行政が行う介護事業の事を指します。

また、普段介護を行わない親族や友人が普段介護をしている人に代わって介護をする事の総称になります。

後悔のない介護生活が送れますように

いかがでしたでしょうか。

介護はもう一人でするものではありません。

家族や親族や行政の力も借りながら、地域のみんなで行う事が理想です。

しかし核家族化が進む現代では「高齢者の孤独死」も多くなっています。

介護に疲れたり、介護をする事で自分を追い込む事は、介護をされる側にも心が傷つく事になります。

楽しく介護をする事が1番良い事なのですが、現実は違います。

しかし介護をされる人は、言葉に出さないだけでちゃんと感謝していらっしゃいます。

あなたが介護をする事で介護されている人は救われています。

辛い介護ではなく、人を救う事が出来る介護が出来るように自分に辛い事を抱え込まないようにしましょう。


関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護


介護求人に関するコラム

ホームヘルパーの仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

「長く安定して働きたい」と、介護の仕事を目指している方も多いのではないでしょうか。高齢化が進むにつれて、介護サービスの必要性はますます増え、介護市場は今後も拡大すると予測されています。介護の仕事と一口にいっても、いろいろな種類がありますが、「ホームヘルパー」という仕事はご存知でしょうか?ホームヘルパーは、その名の通り利用者の自宅に訪問して介護を行う仕事です。介護の仕事なので、もちろん体力的にも精神的にもきついことがありますが、やりがいも多い仕事です。また、雇用形態によっては、好きな時間に働くことができるので、お子さんがいる方でも安心して働くことができます。では、肝心な仕事内容はどんなことを行う

埼玉で働きやすい福祉施設10選。女性が活躍できる職場環境プラチナ認定企業だけを厳選!

「介護などの福祉施設で働きたい」「でも、出産や子育てなどでなかなか思うように仕事が続けられない、条件に合った職場が見つからない」という女性も多いです。今回はそういった方々の中でも、埼玉県やその近辺に住んでいる人向けに、埼玉県の「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナ企業として認定を受けている福祉施設を紹介します。認定企業の中でもいくつか厳選しているので、女性も働きやすく・活躍もしやすい職場が見つかりやすいはず!ぜひ参考にしてみて下さいね。プラチナ認定企業とは?プラチナ認定企業とは、埼玉県が認定を行っている取り組みです。仕事と介護や育児の両立を支援する「多様な働き方実践企業認定制度」の一環とし

夜勤の介護は大変?経験して気づいた5個のメリット・デメリット

介護の仕事をしていると、3交代勤務があります。特に入所系の施設では夜勤が入ってきます。介護の仕事をしたいと考えている人で、夜勤に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。これまでとは全く違った勤務体制でもあり、夜に働くといったことに対して不安な気持ちがあるのは当然です。「眠らずに働くってできるの?」とか「仕事量はどうなのかな?何をするのかな?」など不安はつきませんよね。夕方から朝まで働くってそんな簡単に考えることってできないですよね。なんとなく大変なイメージしか出て来なくって、なかなか介護の仕事に就くことができずにいる方もいるでしょうね。この記事では、夜勤を経験して介護士だからこそ分

介護が向いてない人の8個の特徴と対策とは?介護業界15年の私が解説します

介護福祉士の仕事をしていると、「自分はこの仕事に向いていないのではないか・・・」と感じてしまう瞬間はありませんか。仕事で失敗をしてしまったり、イライラしてしまったり。体が疲れてしまっているなど、色々なことがありますよね。これは仕事をしている中で、誰もが一度は感じてしまうことだと思います。どんな仕事をしていても必ず失敗してしまうことはあります。そしてそんな時は、「自分に介護は向いてないかも」と感じてしまうものです。本当にそうでしょうか。失敗は必ず誰にでも起こりえます。この記事では、「向いていない」と感じる人のために、本当に介護の仕事に向いていない人の8個の特徴とその対策をお伝えします。また新人育

介護求人サイトを徹底比較!おすすめの6個のサイトを紹介します

介護の仕事を探そうと思ったとき、今の時代はネットから求人サイトを探し、そこから仕事を検索される方が多いと思います。とはいえ、今は求人サイトの数がたくさんあり、介護職に特化したサイトも増えてきています。介護の仕事を探す上で介護求人サイトを比較し、おすすめのものをまとめてみました。介護求人サイトのおすすめ6選私自身、介護職を何回か転職し、そのたびに求人サイトを利用してきました。そんな私のおすすめするサイトをご紹介します。ハローワークインターネットサービスご存知の通り、厚生労働省職業安定局が行っているハローワークの求人を見ることができます。介護職専門のサイトではないですが、介護の求人もたくさんありま