事務の仕事って大変ですよね。

実際に事務の仕事をされたことのある方は、業務内容がなかなか大変だと分かっていただけると思います。

しかし、事務の仕事をやったことのない方々には、その大変さがどうしても伝わりにくい仕事のように感じます。

そんな事務の仕事が辛いと感じた時の乗り越え方を、今回はご紹介させていただきます。

「事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

事務の仕事のおおまかな仕事内容とは?

事務の仕事と一口に言っても、様々なものがあります。

一般的には、営業事務、経理事務などがよく聞かれるのではないでしょうか。

書類作成や伝票整理、電話対応や受付対応など、会社の規模や部署、配属先によって仕事内容は様々です。

小さな会社でしたら、自分の仕事以外にもお茶くみや掃除、買い出しなど、細かい仕事を挙げていけばキリがありません。

また大きな会社になると、高い専門性を求められることもあります。

例えば、経理の専門知識や英会話のスキル等です。

それらを持っていれば仕事の幅は広がると思います。

しかし、事務の仕事内容を細分化するとキリがありませんので、今回は多くの人が共通して感じる大変さや辛さをご紹介したいと思います。

事務の仕事が辛いと感じる6個の瞬間とは?

事務の仕事と言えば、人をサポートするのが好きな人や、人前に立つのではなく、縁の下の力持ちとして働くことに楽しみや嬉しさを覚える人が向いている、と一般的に言われています。

しかし、いくら向いていると言われる人が仕事を行っても、やはり仕事ですので、何かしらの辛さや大変さがあります。

今回は、そのような事務の仕事の辛さや大変さ、そしてその乗り越え方をお教えします。

事務の仕事は覚えることが多い

事務の仕事は、ルーティンワークのものが多いです。

一度覚えてしまえば、そこから先は同じことの繰り返しになりますが、そこまでいくのが大変です。

月に1度しかない仕事などもありますので、前任者からの引き継ぎが上手く行われるようならまずは一緒に仕事を行い、次の月から自分の仕事として行うこともできますが、まったく引き継ぎがないまま、初めての業務を行うことも多々あります。

そのほかにも、直接的な事務作業だけでなく、あらゆる雑務も覚えなければなりません。

お茶汲みやその順番などから掃除の手順まで、マニュアル化されていない業務を、なんとなく周りに合わせながらも自分なりに覚えていき、業務をこなしていかなければなりません。

それを乗り越えるための方法とは?

とにかく乗り越えるためには、場数を踏むしかないようです。

仕事上覚えることが多いのは、事務の仕事の特徴ですが、わからないことは素直に上司や同僚など会社の人々に聞いて、自分の仕事をこなしていくしかありません。

前任者や周りの人に話を聞いてみると、なんとなくこうやっていたから自分も引き継いでやっているなど、明確な理由はなくそのまま行われていることも意外に多いようです。

せっかく自分が仕事を行うのであれば、自分にあったやり方や、出来るだけ効率よく素早く仕事が出来るように、引き継ぎされたことから自分なりに問題や課題点を見つけ、取り組んでいっても良いでしょう。

PC作業ばかりで辛い

今の時代、ほとんどの会社員がパソコンを使い業務を行うかと思いますが、特に事務の仕事を行う人々は、一日中パソコンとにらめっこしていないといけないのではないでしょうか。

仕事の内容にもよるかと思いますが、データの入力や経理業務などは同じような数字の入力が続きますので、自分の目や体にも負担がかかってきます。

これが毎日続くのですから、デスクワークが苦手な人にとっては、辛く大変な仕事でしょう。

それを乗り越えるための方法とは?

パソコンの業務を行う際は、自分自身でできるだけ対策を行うことが大切です。

パソコンを使用するときは、PCメガネを使い、少しでもパソコンの業務が効率よく行えるように、環境を整えていくのです。

もちろん職場の状況や環境によって、どこまでできるのかは人それぞれだと思いますが、少しでも自分なりに環境を整えていき、また適度な休憩をとり、自分なりのリズムをもって仕事を行う必要があります。

仕事はこなさないといけませんが、こなすことばかりに集中せず、自分のペースで仕事を行っていくことが大切です。

人間関係が面倒臭い

自分自身が働いている会社や職場の規模・雰囲気にもよりますが、事務の仕事を行う場合、大抵は同じ人の顔を見ながら仕事も行うことがほとんどだと思います。

そのため、人間関係には非常に気を遣い、気をつけなければなりません。

一度でも職場の人間関係がこじれてしまうと、そこから円滑な関係に戻るのは非常に困難です。

なんとなく職場での居心地が悪くなり、気がつくと自分の居場所が無くなっている場合もあります。

そうならないよう、自分自身で職場の人間関係が悪化しないような取り組みを行う必要があります。

それを乗り越えるための方法とは?

職場の人間関係を円滑にするためには、毎日の積み重ねが大切です。

挨拶やどこかへ行った際は、必ずお土産を購入し、職場の人とのコミュニケーションを大切にするなどが必要になります。

自分の本心では、そこまで仲良くしてなくていいのではないかと思っている人でも、自分の仕事をやりやすくするのであれば、ここは手抜きをせず、積極的に職場での人間関係を良いものにしていく必要があります。

職場での人間関係は、積極的に深めていく必要はありませんが、円滑にしていく努力は大切です。

職場の人間関係の悩みは、こちらの記事を参考に!

やりがいを感じない

事務の仕事は、一度覚えてしまえばルーティンワークとなってしまい、一カ月の流れや一年の予定の見通しが立ちますので、勤務年数が長くなればなるほど、仕事へのやりがいや新鮮さは無くなっていくでしょう。

同じことの繰り返しになってくると、どんな仕事もやりがいを感じることは難しくなります。

また事務の仕事は、縁の下の力持ちといった業務が多く、自分の仕事が目に見える形で評価されにくい面もあります。

そのため、仕事へのモチベーションも保ち続けることが難しく、やりがいを感じにくくなってしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

プロセスを考えて工夫する

日々の仕事は単調な作業の繰り返しでも、その業務を行うプロセスを自分なりに考えて、工夫を行っていけば良いのではないでしょうか。

どうやったら仕事が早く出来るだろうか?どうやったら自分が苦労しないで作業出来るだろうか?といった、日々の業務に対しての取り組み方を考えて、少しでも楽しく仕事が出来るように工夫することは、仕事へのモチベーションを上げるよい方法だと思います。

そのように自分で考えた新しい方法や作業手順によって、自分の仕事を効率的に行うことが出来れば、よい刺激となり、仕事のやりがいを感じるでしょう。

仕事の全体像を見る

また、自分の仕事の全体像を考えるのも、良い方法かもしれません。

自分の仕事は、会社全体の仕事からすると、一部分を担っているにすぎません。

ということはつまり、自分の仕事にはたいてい、前後に他の担当の方の仕事があるのです。

一度その全体像について学んだり考えたりして、全体から見た自分の仕事の意味などに目を向けてみましょう。

それによって自分の仕事の立ち位置や意味を見直すことができ、その上で仕事に取り組めば、気分も一新され、やりがいを感じることが出来るのでないでしょうか。

給料が安い

事務の仕事は、営業職や技術職と比べて、給料が安い傾向にあります。

事務の仕事を行っている人の多くは、このように感じている人が多いようです。

他の職種と比べると、どうしても軽視されやすいように感じるのですが、社会全体がこのような風潮ですので、仕方がないことなのかもしれません。

仕事を定時で終えるイメージがあり、実際、固定給以外の残業がつかなかったりすると、基本給のみでは非常に安い給料となる場合もあります。

それを乗り越えるための方法とは?

給料がある程度の金額しかもらえないのであれば、仕事をある程度割り切って行うしかありません。

もちろん仕事ですので、手を抜くことがあってはいけませんが、出来るだけ定時に上がる努力をしたり、職場の風潮に負けずに自分の中でルールを決めて、それに則って仕事と給料の折り合いをつける必要があります。

自分が納得した給料をもらいつつ、仕事終わりの趣味を充実させたり、土日は全く別のことに取り組んでみたりと、自分にあった働き方をすることで、給料が安い仕事でもやっていけるのでないでしょうか。

仕事量が多すぎる

事務の仕事自体が、様々な雑務をこなす必要があり、本当に自分の仕事なのか分からないまま、担当になっている業務などもあります。

そのためいつのまにか仕事が増えていたり、また入ってしまった職場によっては、どう考えても自分一人の仕事としてはこなしきれない量を、仕事として押し付けられる場合があります。

これは、職場によって異なると思いますが、自分一人ではこなしきれない仕事を行わないといけない場合は、仕事への取り組み方を見直す必要があります。

それを乗り越えるための方法とは?

仕事は会社の業務ですので、上司や同僚の協力を得ましょう。

与えられた仕事を自分一人で頑張ることも大切ですが、頑張ってもこなせない仕事量だった場合には、それを割り振っている会社にも大きな責任があります。

業務の見直しや取り組みについては、自分自身だけで解決出来る問題ではありませんので、周りの人も巻き込んで改善していく必要があります。

まずは周りの人に相談してみましょう。

そして、自分が出来る範囲の仕事に精一杯取り組むことが、自分にとっても、会社にとっても良い効果をもたらすと思います。

「事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

辛い時もあるけど、事務がおすすめの理由

事務の仕事は、大変なことも多いですが、それ以上に自分自身の成長やスキルアップに繋がることがあります。

そのいくつかの良い面を紹介したいと思います。

仕事の幅が広がり、スキルアップに繋がる

事務の仕事は、雑務も含めて多種多様なものが沢山あります。

マニュアル化出来るものや出来ないものなど、すべてを業務としてこなしていく中で、あなたの仕事に対するスキルはどんどん上昇するでしょう。

色々な業務を行っていれば、他の仕事に活かせる機会が多くなりますし、全く別の業務に異動させられても、なにかしら事務の仕事の経験が役立つことも多くあります。

また、事務の仕事は業務を引き継いで行うこともありますが、まったく分からない手探り状態から、仕事に取り組むこともあります。

1から仕事をこなしていくと、自分自身のスキルアップに繋がりますし、いつのまにか様々な業務を自分自身で行うことが出来るようになります。

段取り力や先読み力がつく

事務の仕事は、決まったことをこなしていくことも多く、次にこうなってこうなるだろうなというように、状況や先の展開が読みやすい仕事でもあります。

そのため仕事をこなしていくうちに、仕事の段取り力や先読み力がつくようになります。

これは、自分で仕事を行っていくうちに自然と身につくのですが、その先読み力や段取り力があるかないかで、仕事への対応が変わってきます。

先を読むことができれば、先のトラブルや問題点などをあらかじめ、自分の頭で想定することができますので、その対応も含めた取り組みを行うことが出来るのです。

もちろん、想定していない自体も仕事では起こり得ますが、仕事への対応や柔軟性は、事務の仕事の様々な雑務をこなしていくうちに自然と身につき、想定外の場合にも適切な対処が出来るようなります。

そしてこの段取り力や先読み力は、事務職以外の仕事でも役に立ちます。

それを自然に身につけることができるのが、事務の仕事なのです。

コツコツ取り組むことが出来るようになる

どんな仕事もある程度の根気と継続性が求めらます。

毎日同じような仕事内容でも、事務の仕事を行っている人は、日々の仕事の中で、創意工夫や自分なりの仕事の面白さを見つけ、継続的に仕事に取り組んでいます。

それにより、どんなことにもコツコツ取り組む根気強さを身に付けることができます。

パソコン操作が身につく

事務の仕事に、パソコン業務は欠かせません。

エクセルやワードなどの作業についても、最初は詳しくわからなくても、日々の業務をこなしていくうちに慣れてきて、様々なことが出来るようなります。

難しい業務でも、パソコンを使いこなすことが仕事の効率化の第一歩となりますので、仕事で様々なパソコン操作を覚えることが出来るのです。

「事務の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

事務の仕事は大変なことも多いですが、コツコツと根気強く仕事をこなすことができ、向上心の強い人には、とてもおすすめの職業だと思います。

簡単な作業内容でも、それをコツコツと大量に素早くこなすことが出来ることは、とても大きな強みになると思います。

辛い大変な仕事でも、自分なりに折り合いをつけて仕事に臨めば、しっかりとスキルアップすることも可能な仕事です。


関連キーワード

事務求人