現在、あなたはどんな仕事をしていますか?

営業職や販売職に就いているけど、職場の人に「事務の仕事のほうが向いているのでは?」と言われたことがあるという人もいるのではないでしょうか?

ですが、「事務」といわれても、具体的にはどういう仕事をするのかよく分かっていないという方も、たくさんいらっしゃるかと思います。

今回は、「事務」とはどういう仕事なのか、どんなタイプの人が「事務」の仕事に向いているのかなど、「事務」の仕事について、ご説明します。

事務職と今の仕事、どっちが自分に向いているのかどうか分からないという人も、判断材料として、こちらの記事を読んでみてくださいね!

「事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

事務はどんな仕事?

「事務」の仕事は、企業によっても異なってきますが、基本的には「資料作成、データ入力、電話応対」をしています。

基本的には、オフィスワークでの業務で、クライアント先に出向く、突然営業をしに行くということはありません。

「事務」の仕事は、どんな企業でも必要不可欠な存在です。

事務の仕事がおろそかになっていると、会社の信頼や経営にも関わってくることもあります。

事務の求人でチェックする点

「事務」といっても、一般事務、OA事務、営業事務などたくさんの種類があります。

「事務職に転職しよう!」と思ったら、まずは、事務の求人を見てみることが始めましょう!

事務の求人で、チェックするべき点をご紹介します。

人気がある求人は、倍率も高く、応募期限よりも前に、求人を締め切ってしまう可能性もあるので、気になったら、すぐに「応募」だけしてみるというのも、転職活動の作戦の一つです!

事務の求人でチェックする点1:仕事内容

事務職は、会社に関する様々な仕事を任せられるので、どういう仕事なのかを念入りにチェックしましょう。

パソコンを利用してデータ入力や資料作成をメインにする場合には「OA事務」、請求書作成や電話応対、お茶出しなどを会社の中心で作業する場合には「一般事務」、営業部のサポート業務がメインなら「一般事務」など、仕事内容から、どんな事務職なのかを把握することができます。

事務の求人でチェックする点2:求人の対象となる方

求人の「対象となる方」というような項目をチェックすると、自分のスキルに合っているのかが分かります。

事務職は「未経験」の方もチャレンジしやすい仕事の一つ。

そして「事務の未経験者歓迎!」と求人を出している企業もたくさんあります。

ですが、「未経験者歓迎」と出している求人は、人気があるので、採用の倍率が高くなっています。

「対象となる方」の項目から、今の自分のスキルや経験にピッタリなもの、例えば接客業の方なら、人とお話しがするのが好きなどがあると、未経験の方でも他の応募者と差が付きますよ!

事務の求人でチェックする点3:福利厚生

事務職に関わらず、会社で働く上で大事なのは「福利厚生」ですよね!

会社によっては、ドリンクやお菓子が無料だったり、マッサージがあったりするので、会社の環境を大事にしている方は、福利厚生もしっかりとチェックしておきましょう。

また、事務の求人では「交通費がどこまで支給されるかどうか」も確認することも忘れないようにしましょう。

なぜならば、事務職は、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトと様々な雇用で働くことができるからです。

雇用によっては、交通費が支給されないので、注意が必要です。

社員のことも大事しているサービスがある、「交通費全額支給」など、福利厚生が充実している事務の求人は、人気がありますよ!

事務の求人でチェックする点4:残業の有無が明確に記載されているかどうか

近年、「働き方改革」で、労働時間についてちゃんと考える企業が増えてきましたよね!

それでも、繁忙期には、事務職でも会社によっては、残業時間が多いこともあります。

求人に「残業時間が○時間程度!」と記載があるところは、自分が働くイメージも湧きやすいですし、安心することができますよね。

残業時間について記載されていない場合は、面接のときにしっかりと確認しておきましょう!

自分にあった事務の求人の選び方や注意点

事務の求人でチェックする点が分かってきたら、今度は自分の希望する条件やスキルにあっているかどうかをしっかりとチェックするようにしましょう!

事務は、様々な働き方があるので、自分に合った会社や仕事を見つけることができると思います。

【選び方①】雇用形態から探す

先ほども、簡単に説明しましたが、事務職は、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、業務委託といった様々な雇用形態で働くことができます。

しっかりと安定的に働きたい人は「正社員」、家事や子育ての合間に働きたい人は「アルバイト」や「派遣社員」という、自分の条件にあわせることができます。

事務職の求人が掲載している転職サイトでは、雇用形態を選んで探すことができるのでオススメです!

ハローワークでも、子連れママさんのための求人の紹介や若者を対象とした求人の紹介、アドバイスをしているところもあるので、自分が住んでいるエリアのハローワークに足を運んでみるのもいいですよ。

【選び方②】会社の業態から考える

事務の仕事は、どの企業でも欠かせません。

そのため、大手の企業からベンチャー企業、個人経営の会社などで、事務の求人があります。

どの会社も、大きく事務の仕事が変わることはないと思いますが、会社の規模によっては、社長秘書、総務、経理などの会社全体の事務作業をお願いされることもあります。

自分が、どういう会社で働きたいかを求人を見ながら、改めて考えてみてくださいね。

【選び方③】エリアから考える

事務の仕事は基本的には、オフィスワークになります。

ですので、なるべくなら、通勤時間がかからないほうがいいですよね!

派遣社員の場合は、交通費が支給されないことが多いので、交通費がかからないエリアの仕事を選んだほうが、お財布に優しいですよ。

「事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

事務の給与相場

事務の給与相場は、会社や雇用形態によっても異なってきますが、月に約18万円から約22万円程度が相場です。

継続年数や業務内容によって、昇給する可能性もあります。

気になる事務の求人で、給料面が気になる場合には、応募して、面接の際に「事務職で昇給した人はいるのか」と質問してみるのもいいですね!

事務が向いている人の3個の特徴

現在、販売職や受付など、事務職とはかけ離れた仕事をしているけど、事務職に興味がある!家族や友人に「事務の仕事に向いている」と言われるけど、自分ではよく分かっていないという人も多いと思います。

それでは、事務職に向いている人はどういう特徴を持っているのかについて紹介します。

紹介した特徴にすべて当てはまる!という人は、事務職に転職することを前向きに考えてみてくださいね。

事務が向いている人の特徴1:タイピングが得意

事務の仕事は、パソコンを使うことが多いです。

特に、OA事務になると、パソコンでの事務作業がメインになるので、タイピングが得意だと、仕事を早くすることができます。

タイピングは、毎日、パソコンをしているだけで、早く打てるようになります。

インターネット上で無料でタイピングを練習できるサイトもありますし、個人でブログを作ってパソコンから毎日投稿すれば、タイピングが得意になります。

事務の仕事をしたい!と思ったタイミングで、タイピングの練習をしておくことをオススメします。

事務が向いている人の特徴2:気が利くと言われることが多い

事務は、会社の縁の下の力持ち的なポジション!

会社内で、仕事に困っている人がいたら、サポートやフォローすることも必要とされていることもあります。

常に社内の状況をみて、行動できると、事務員として、信頼されます。

信頼されていると、自分自身も働き甲斐がでてきて、モチベーションがあがります。

また、普段の事務作業をしながら「こういう風に資料を作成したらいいのでは?」と、気を利かせることで、同じチームや課の仲間たちから高評価をいただけることもありますよ!

事務が向いている人の特徴3:コツコツと仕事をするのが好きな人

事務の仕事は、コツコツと資料作成やデータ入力、メール作成といった業務が多いです。

ワイワイガヤガヤと事務の仕事をしていると、タイピングミスをして、大事な情報を誤って入力してしまうことも・・・。

事務は、会社の重要情報を扱っているケースもあるので、一つの入力ミスから、会社全体の信頼性に関わってきてしまう可能性もあります。

集中力も必要とされているので、コツコツとなにかを作業をすることが好きな人は、事務に向いていると思います!

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

事務に向いてない人の特徴は、こちらの記事を参考に!

「事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

事務で培った力を活かせる職種やおすすめポイント

事務の仕事がオススメなのは「社会人の基礎のスキル」が身につくというところ!

一度、事務職を経験すると、パソコンスキルや社会人のマナーを覚えることができます。

事務の仕事をしているけど、他の仕事も気になる!と考えている方に、事務で培ったスキルを活かせる職種とおすすめポイントを紹介します!

事務で培った力を活かせる職種1:WEBライター

WEBライターは、名前の通り、インターネットに掲載する記事を書くお仕事です。

フリーランスとしてWEBライターをしている方が多く、記事を執筆しながら、事務の仕事も行っています。

おすすめポイント

WEBライターは、文章力とコミュニケーション力が求められています。

これらのスキルは、事務の経験があれば、身につくことができるんです。

事務は、日ごろから、メールや電話で社内外の人たちとやりとりをしているため、文章力とコミュニケーションを自然とつけることができています。

学校を卒業してから、WEBライターとして働くこともできますが、一度、どこかの企業で事務の経験をしている方と、そうでない方では、WEBライターとしての事務作業(タスク管理、報告連絡相談)に大きな差がついてしまうことも・・・。

また、WEBライターは副業として働くことができるので、本業の事務の仕事をしながら、WEBライターがどういうものなのかも経験することもできます。

事務の経験をしたからこそ、執筆ができる記事もたくさんありますよ!

事務で培った力を活かせる職種2:WEBディレクター

WEBライターと近い職業である「WEBディレクター」。

OA事務の仕事をしている方なら、身近の職種では憧れる存在だという人もいるのではないでしょうか?

WEBディレクターとは、WEBサイト制作やWEBシステム開発に関わる仕事で、インターネット関連の会社には、必要不可欠!資料作成やクライアントとの打ち合わせがメインになっています。

おすすめポイント

WEBディレクターは、OA事務の方が行うデータ入力や資料作成を行うので、事務の経験をしたことがあり尚且つ、インターネットが好き!という方にオススメな職種です。

事務で培った力を活かせる職種3:営業

「営業」の仕事は、誰もが知っている職種ですよね!会社の顔として、クライアントに会社や案件の説明をして、契約を結ぶ仕事です。

おすすめポイント

「営業」は、事務のスキルとコミュニケーションスキルが求められています。

営業をしている人の中には、事務の仕事が苦手というひとも。

事務の経験をしたことがあれば、ExcelやWordを問題なく使いこなすことができるので、「営業」として転職しても、事務の仕事には困ることはありません。

また、営業をサポートする業務である「営業事務」を経験していれば、営業の仕事を把握しているので、すんなりと「営業」の仕事に慣れていくと思います!

営業事務を経験したことがあり、人と話すことが好き、説明をするのがうまいと言われることがあるという人は「営業」の仕事に向いています。

まとめ

事務が向いている人の特徴や事務の求人のチェックしてほしいところ、注意点をお話ししましたが、いかがでしたか?

「事務職」は、社会人のすべてのスキルが身につくといっても過言ではないと思います。

社会人デビューが遅れてしまった人は、最初は「事務」の仕事に就いてみるのもオススメです!

一度、事務の仕事に就けば、他の職種にも転職しやすくなりますし、育休産休などで、一度、社会から離れてしまっても、戻りやすくなります。

また、最近では、事務の仕事を経験したことがあれば、在宅でも仕事ができる会社も増えています!

事務の仕事をすることで、仕事の幅が広がるので、「何の仕事に就こうか悩んでいる」という方は、一度、事務の求人をチェックして、気になる会社があれば、思い切って応募してみてくださいね。

事務の仕事を効率化するには、こちらの記事を参考に!

  事務の仕事が探せるおすすめ求人サイト
  事務の仕事が探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト
テレビCMでもお馴染み、派遣の事務を探すなら!種類別に事務仕事を探せるから自分にピッタリなのも見つかりやすい! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

事務求人