高齢化社会の近年、医療技術の進化に伴い日本の平均寿命は長くなっています。

高齢者が増えるということは、高齢者施設が増え、介護士の需要が増えるということです。

介護士の求人には様々な種類がありますが、やはり高齢者施設で働こうと思うと資格があるに越したことはありません。

高齢者施設では無資格で働くことも可能ですが、資格がある方が給与は高くなります。

主な資格として、ヘルパー1級2級・介護福祉士とありますが、一番給与が高いのは「介護福祉士」です。

そこで、介護士になるにはどのようにしたら良いか解説します。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護士になるにはどうしたらいい?

介護福祉士になる為には、国家試験に合格しなければなりません。

介護士イコール介護福祉士ではありません。

介護士とは実際に「介護をする人」です。

ヘルパーでも無資格でも、介護をする人は「介護士」です。

介護士になる為には「介護をしようと思う気持ち」が大切です。

介護福祉士の資格とは

介護福祉士の資格は国家資格です。

介護福祉士とは、主に高齢者施設における介護全般の業務を行う職員になります。

また、高齢者の自宅に訪問し介護を行う訪問介護の仕事があります。

介護福祉士は、専門知識と介護技術を身につけた介護のプロということです。

介護職は大変な面もありますが、他の仕事では体験できないやりがいや達成感を味わうことができる仕事です。

介護福祉士の受験資格

介護福祉士の受験資格は、以前はホームヘルパーや介護職員基礎研修から受験することができましたが、2016年度から3年以上の実務研修に加えて「実務者研修修了」が義務づけられました。

介護福祉士の資格取得ルートについて

介護福祉士の資格取得のルートは主に3種類あります。

年齢に応じて自分が一番資格取得しやすいものを選びましょう。

高校から介護職に就こうと考える人もいるでしょうし、他の仕事をしながら介護に興味を持つ人もいるでしょう。

また、親の介護のために介護を勉強しようと思う人も多くいます。

ここでは介護福祉士になるための資格取得ルートをご紹介します。

養成施設に通って資格取得する場合

介護福祉士養成施設は四年制大学・短期大学・専門学校があります。

高校を卒業し各都道府県の福祉大学に入学し、2年以上の講習を受けなければなりません。

この講習時間も2016年4月から法律の改正で講習時間が1,650時間から1,800時間程度と講習時間が多くなりました。

以前は養成施設に通えばそのまま介護福祉士の国家資格が取得できましたが、2016年からは「国家試験の受験資格の取得」に変わりました。

そのため、福祉大学を卒業後国家試験を受験をしなければなりません。

福祉系高校から資格取得する場合

福祉高校からの介護福祉士受験は、高校過程の勉強をしながら介護福祉士の受験資格を取得することができます。

これも2016年の法律改正から、1,190時間の勉強時間から、養成施設の勉強時間と同じく1,800時間に変更となりました。

高校から国家試験の受験資格が得られることで、介護福祉士になる一番の近道となるでしょう。

しかし、一番の近道というのは難しいものです。

高校過程の勉強をしながら介護福祉士の受験に必要な勉強もしなければならないため、高校3年の夏休み等に時間を削られることになるでしょう。

実務経験を経て資格取得する場合

以前は実務経験3年以上であれば国家試験の受験資格を得ることができましたが、この制度も2016年の改正から実務経験3年以上に加え実務者研修修了が追加されました。

実務者研修修了していないと、実務経験を積んでいても介護福祉士の国家試験の受験資格を得ることはできません。

新たに義務づけられた「介護福祉士実務者研修」とは

実務者研修とは主に以前のヘルパー1級と同じものになりますが、勉強時間は初任者研修(ヘルパー2級程度の勉強)の3倍の量になります。

講義の内容は、介護事例をもとに、介護計画を立てて実際に介護の実技を行うものと、その他にも喀痰吸引や経管栄養に関する医学的な内容の勉強内容が組み込まれています。

実務者研修修了を取得することで、介護福祉士の資格が取得できていなくても、現在勤務している介護施設で「サービス担当責任者」になることができます。

介護福祉士の合格率はどれくらい?

介護福祉士の試験内容は、新しい問題と過去5年間の介護福祉士の問題の中から出題されます。

合格率はその年で変化します。

合格率が高い年もあれば、低い年もあります。

昨年平成28年度の合格率は70パーセントを超えていますが、その前年の合格率は57.9パーセントでした。

合格率だけ見ればそこまで変化がないのでは?と思う人もいるでしょうが、介護福祉士の試験は全国各地で多くの人が受験します。

約20パーセントの合格率の変化は、多くの人が不合格になっているということです。

介護福祉士の平均給与はどれくらい?

介護福祉士の平均給与は地域や就職した企業によって違います。

首都圏での月給は平均16万円~19万円程になります。

地方の介護福祉士になると、月給平均13万円〜17万円程になります。

ここで注意するべきことは資格手当の額です。

資格手当は大幅に違いが出るところで、1万円の所もあれば、2千円と少額になる所もあります。

資格手当が違うと、当然給与も違ってきます。

資格手当は求人内容からも確認できますし、面接でも確認することができますので、しっかりとチェックしておくことが大切です。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護福祉士の主な就職先

介護福祉士の資格を取得した後、次に考えることは就職先です。

介護福祉士となれば、様々な就職先があります。

高齢者施設には様々な種類があり、それぞれに利点や欠点があります。

ここでは、その利点や欠点を踏まえてご紹介します。

介護福祉士の主な就職先1:特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは高齢者施設の中でも、介護度が高い高齢者が入居する施設です。

介護度が高いということは、一日の介護量が多くなるということです。

介護量が多くなるということは、職員もそれに見合う人数が必要になります。

職員の人数が増えると、申し送りやその日の利用者の状態の報告を密に行い、情報を共有することが大切になります。

特別養護老人ホームの利点は多くの職員と情報を共有しながら協力し合って介護ができるということです。

自分の分からないことは教えてもらい、できないことは助け合いながら介護を学ぶことができます。

欠点は、介護度が高くなればなるほど利用者の急変や状態の変化が激しいということです。

急変の対応には迅速さと正確さが求められますので、慣れた介護職員でも難しいと思います。

また、利用者が亡くなることも度々あると思って良いでしょう。

人の死に関わる状況が多くなることは、職員の精神的な負担になることもあります。

介護福祉士の主な就職先2:訪問介護事業所

訪問介護は、利用者の自宅に訪問し、必要な身体介護や生活援助をする仕事です。

訪問介護の利点は、利用者の住み慣れた自宅に訪問することで、利用者に必要な身体介護や生活援助ができるということです。

訪問介護には身体介護以外にも、自宅の掃除や洗濯や調理などの生活援助もあります。

利用者が自宅で生活する上で必要とするサービスを提供することで、利用者と信頼関係を早く築くことができるでしょう。

欠点は、自宅に入ってしまうと一人で介護をしなければならないことです。

訪問介護に慣れた職員なら、苦にならないかもしれませんが、新人の介護福祉士にとって一人という状況はとても心細く、冷静な判断もできなくなります。

介護福祉士の主な就職先3:デイサービス

デイサービスとは、要介護状態にある高齢者がデイサービスセンター等に通い、介護職員や看護師の介助で入浴や食事やリハビリ、レクレーションなどを行い一日を過ごす場所です。

デイサービスの利点は、介護度がやや低めの方が多いため、介護施設で行うようなオムツ交換や褥瘡の処置などの介護は殆ど必要ありません。

レクレーションなどで利用者とコミュニケーションを取る時間が多くあります。

欠点としては、デイサービスでは自宅と施設との送迎をする必要があります。

送迎は、初めの内は自宅までの道を利用者のルート分覚える必要がありますし、曜日によってサービスを受ける人も変わりますので、多くの人の情報を頭に入れておかなければなりません。

しかし、慣れてしまえば欠点にはならないでしょう。

介護福祉士の主な就職先4:有料老人ホーム

有料老人ホームとは、特別養護老人ホームと比べ、比較的介護度が低い人が入居します。

特別養護老人ホームと違うところは「医師が常駐していない」ことです。

有料老人ホームは介護度が低い分、医療面よりも身体介護が重要視されます。

その為、有料老人ホームには医師よりも看護師やケアマネージャーが常駐している所が多くなります。

有料老人ホームの利点は、介護度の高い方が少ない為、日常生活に於ける入浴介助イベントの企画実行のような仕事が多くなる点です。

デイサービスと違うところは、夜間帯の勤務もあるために給与が高くなります。

欠点としては、医師が常駐していないため、看護師や上司と密な連携を行いながら、自分でも身体的な変化を観察することを求められます。

もちろん利用者のために勉強は大切なことですが、それを負担に感じる人もいるでしょう。

介護福祉士の主な就職先5:グループホーム

高齢者に於けるグループホームとは、主に認知症を患っている人が集団で入居し、職員と共に生活をする場所です。

他の老人ホームと違うのは、職員も一緒に買い物に行ったり、一緒に食事を作るといった生活の援助を行うところです。

グループホームの利点は、オムツ交換等の身体的介護が少なく、生活援助が主になるため、介護職員は時間に追われることなく気持ちに余裕を持って働けます。

欠点は、生活援助が多いため、身体介護のスキルを上げることが難しくなります。

身体介護のスキルを上げることを考えるならば、グループホームは適さないでしょう。

介護福祉士の主な就職先6:サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者住宅とは、介護不要な高齢者や要介護度の低い高齢者の為の介護施設を言います。

入居の条件として、殆ど介護が要らない状態もしくは軽い介護が必要な状態の自立した生活ができる60歳以上の高齢者と定められています。

入居者は自分の個室に住み外出もできるので、比較的自由な生活をしています。

介護者は、必要であれば居室に訪問し、入浴介助や居室の掃除等を行います。

サービス付き高齢者住宅の利点は、入居者の殆どが介護を必要としていない為、介護職員は見守りサービスと生活相談サービスが主な仕事になり身体的負担が軽減されます。

欠点は、サービス付き高齢者住宅では医師も看護師も常駐していないので、介護職員に急変や転倒時の迅速且つ適切な対応が求められることになるので、責任は重くなります。

介護福祉士の主な就職先7:介護福祉士に人気のある就職先は?

介護福祉士に人気がある求人は、給与や勤務時間にもよりますが、給与を重視するのであれば特別養護老人ホームが人気となります。

やはり介護度が高い利用者が多いため基本給も高くなりますし、夜勤手当も高くなります。

施設側のニーズも高いため、就職しやすい状況でもあります。

グループホームやサービス付き高齢者住宅も人気がありますが、介護度の低い施設では必要な介護職員の人数も限られているため求人も少ないので、狭き門と言えます。

介護福祉士の転職について

介護福祉士を目指している人もいれば、介護福祉士から他の職業を目指す人もいるでしょう。

自分に適した仕事ややりがいのある仕事に誰でも就きたいと思うものです。

ここでは介護業界の転職についてご紹介します。

未経験から介護業界に転職はできるもの?

もちろん未経験から介護業界に転職することはできます。

いきなり高齢者の介護というのは不安になるものですが、誰でも最初は初心者です。

実際に介護職員として仕事していく中で経験を積み、介護技術と知識を身につけていけば良いと思います。

その延長線上にあるのが介護福祉士などの資格取得です。

訪問介護が働きやすいってホント?

訪問介護が働きやすいというのは、主に登録ヘルパーの仕事についてだと思われます。

訪問介護は常勤ヘルパーと登録ヘルパーに分けることができますが、登録ヘルパーは訪問回数や訪問時間の希望を事業所に伝えると、基本的に希望が通ります。

主な仕事は訪問先での身体介護と生活援助ですが、それぞれ介護報酬が違うので、専門的な技術が必要な身体介護の方が給与は高くなります。

比較的時間が自由であり常勤やパートのヘルパーよりも高い時給が得られるため、登録ヘルパーとしての訪問介護は働きやすいと言えるでしょう。

1日の訪問回数が多いと忙しいと感じることもありますが、施設勤務と違い訪問先で多少ストレスを感じることがあっても、次への移動時間で気持ちのリセットができるのが良い点と言えます。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

最後に

介護とは、利用者の生活に他人である介護者が深く関わる仕事です。

日々の生活の場が楽しくなるか、そうでない所にしてしまうかは、介護者によるところが大きいです。

「自分だったらこういう風に話しかけてほしい」「自分だったらこうしてほしい」等自分に置き換えて考えることができる人は、良い介護士になることができます。

また、施設に求めることの中で一番多いのは優しさです。

優しく朗らかな職員が施設に求められる要求です。

どんなに介護技術に優れ知識が豊富でも、優しさがなければ良い介護士とは言えません。

介護される人の気持ちに寄り添い、利用者が安心して生活できるよう援助ができる介護福祉士になりましょう。



関連キーワード

介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

ホームヘルパーの仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

「長く安定して働きたい」と、介護の仕事を目指している方も多いのではないでしょうか。高齢化が進むにつれて、介護サービスの必要性はますます増え、介護市場は今後も拡大すると予測されています。介護の仕事と一口にいっても、いろいろな種類がありますが、「ホームヘルパー」という仕事はご存知でしょうか?ホームヘルパーは、その名の通り利用者の自宅に訪問して介護を行う仕事です。介護の仕事なので、もちろん体力的にも精神的にもきついことがありますが、やりがいも多い仕事です。また、雇用形態によっては、好きな時間に働くことができるので、お子さんがいる方でも安心して働くことができます。では、肝心な仕事内容はどんなことを行う

特別養護老人ホームの面接で聞かれる4個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

特別養護老人ホームの高齢者施設で勤務を希望する場合、主に2つの審査があります。1つ目は書類審査です。履歴書を送付し、採用担当者が確認します。確認後、合格できればすぐに採用面接が実施されます。履歴書を確認する1次審査に関してはよっぽどのことが書いてある、もしくは施設側が受け入れている年齢層などのイメージを大きく逸脱していない限りは合格し次の採用面接にいくパターンが多いです。採用面接をしないで入職を許可する事例はほとんどない為、面接は避けて通れない道です。ここではその採用面接において主に聞かれる質問内容や受け答えのコツ、面接時の服装などについて説明していきます。特別養護老人ホームの仕事内容特別養護

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

埼玉で働きやすい福祉施設10選。女性が活躍できる職場環境プラチナ認定企業だけを厳選!

「介護などの福祉施設で働きたい」「でも、出産や子育てなどでなかなか思うように仕事が続けられない、条件に合った職場が見つからない」という女性も多いです。今回はそういった方々の中でも、埼玉県やその近辺に住んでいる人向けに、埼玉県の「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナ企業として認定を受けている福祉施設を紹介します。認定企業の中でもいくつか厳選しているので、女性も働きやすく・活躍もしやすい職場が見つかりやすいはず!ぜひ参考にしてみて下さいね。プラチナ認定企業とは?プラチナ認定企業とは、埼玉県が認定を行っている取り組みです。仕事と介護や育児の両立を支援する「多様な働き方実践企業認定制度」の一環とし

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

生活相談員の悩みで多い5個のこととその解決法。

介護施設では法律上配置義務を課せられている施設もある「生活相談員」という仕事ですが、やりがいがある反面、悩みを抱える事も少なくありません。今回は生活相談員の多くが感じる悩み事とその解決方法について、また、生活相談員の仕事に向いている人はどのような人かという事を経験者の筆者目線の意見として紹介したいと思います。生活相談員の悩みで多い5個のこととその解決法とは?生活相談員は利用者やその家族の方が抱える悩みや困り事を解決するお手伝いをする事が仕事となります。生活習慣や考え方が異なる人を支援させて頂くため、悩みを抱えてしまう人も少なくありません。悩みが解決できず仕事を続けた結果、バーンアウト、いわゆる

ケアマネージャーの仕事がおすすめな8個の理由。経験者が解説します

2000年に介護保険制度が始まり、介護サービスの利用はそれまでの措置制度から契約制度に変わりました。それと同時に誕生した資格がケアマネージャーです。ケアマネージャーが誕生してから約20年経ちましたが、まだその役割は十分に知られていないのではないかと感じます。今回はケアマネージャー経験者である私が仕事をする中で感じた事や、ケアマネージャーという仕事のおすすめポイントを紹介したいと思います。ケアマネージャーのおおまかな仕事内容とは?ケアマネージャーの正式名称は介護支援専門員といい、仕事内容は大きく分けて3つあります。一つ目は介護を必要とする方の相談を受け、解決方法を一緒に考えた上で支援させて頂く仕

生活相談員になるには?資格や勉強しておくべきこと、仕事の探し方まで経験者が解説!

現代日本では高齢者の数が増加の一途を辿り、介護を必要とする方も増えています。その方たちを支援するための施設の数も増えています。ニュースなどで介護職員の事を取り上げられる事は多々ありますが、施設で働く他の職種については知る機会があまりありません。今回は施設で働く職種の一つ「生活相談員」になるにはどうすればいいかについて説明させて頂きます。生活相談員の大まかな仕事内容は?生活相談員の仕事内容は多岐にわたりますが、大まかな仕事内容としては調整を行う事です。生活相談員が関わる人は、要介護状態の高齢者やそのご家族の方が多く、その方達は何らかの困りごとを抱えている事が多くあります。その困りごとを解決できる

生活相談員とはどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

現代日本は急速に高齢化が進んでいます。総務省統計局が発表した2018年9月現在の高齢者(65歳以上人口)は3557万人、高齢化率は28.1%となり、高齢者人口は増加の一途を辿っています。高齢者の方が増えた事に伴い、介護施設も増え、福祉の仕事に就く人も多く存在するようになりました。「福祉の仕事」と言われ、多くの人が連想するのは、身体支援等を生業とする「介護」の仕事です。しかし、福祉の仕事の中でも身体支援を主とする仕事ではない職種がある事はご存知でしょうか?今回はその中でも施設の顔となる「生活相談員」とはどんな仕事なのか、現役の生活相談員でもある私が、皆様にご紹介したいと思います。生活相談員とはど

グループホームのアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

グループホームでのアルバイトは、各地域で求人が出ています。需要が高く、今後も人材確保が必須な業界です。実際のイメージがわきにくい部分や、どのようなメリットがあるのか、ご紹介していきます!私はこんなところでグループホームのアルバイトをやりました徒歩数分の家から近く、住宅街の中に立地しているグループホームでアルバイトをしていました。入居している人は認知症を患っている人ばかりでしたが、身体的に自立している人もいれば歩行器や車イスを使用している人と様々でした。介護度は軽度な1の方もいれば、体の半分が麻痺で動けない人や、認知症の進行が進んでいる人も入居しており、彼らの介護度は3や4の人でした。勤務時間は

認知症デイサービスとは?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

今回は認知症デイサービスとはどのようなものか書いていこうと思います。昨今は認知症という言葉は介護をしていない方でも知っている方が増えてきていると思います。しかし、デイサービスに認知症専門のものがあるということを知っている人は少ないと思います。介護の仕事をしていても知らない人もいるくらいなのではないでしょうか。実際、認知症専門のデイサービスの数自体も少ないです。そのため、勤務経験があるという人はもっと少ないと思います。認知症デイサービスとはどんな仕事?一般的なデイサービスと仕事内容自体はほとんど変わりありません。送迎前に申し送りをして、送迎に出かけます。利用者様が来所されてからは入浴・排泄・食事

介護施設で働くなら!おすすめ施設の特徴や、仕事の探し方を解説します

これから介護施設で働いてみたいという方にとって、どんな仕事があるのか気になるところですね。一般に介護はきつい仕事だといわれており、ネガティブな事柄が取り上げられるケースが多いように思われます。果たしてそれだけなのでしょうか。確かに大変な部分があることは否定できませんが、それ以上に働きがいや仕事への喜びにつながることもあるのです。そこで今回は介護施設の仕事内容や、介護施設で働くならどのようなところがいいのか、勤務先を選ぶポイントなどをご紹介していきたいと思います。現在、現役の介護士として働く私の経験も交えながらお話を進めていきます。どうぞ参考になさってみてください。介護施設とは?みなさんは、介護

デイサービスで働くメリットとは?4年働いた私が3個のメリットを紹介

私はデイサービスで合計で4年ほど勤めていた経験があります。合計というのは認知症専門のデイサービスと一般型のデイサービスの2か所で勤務経験があるからです。今回はデイサービスで働くことで得られるメリットについて書いていこうと思います。デイサービスの仕事の概要とはデイサービスは朝、利用者様の自宅へお迎えに行きます。施設では基本的に入浴・食事・レクリエーション・排泄を行います。施設に入所するほどではないけど、自宅でずっと一人で生活するには少し問題があるというような方が利用されています。ですが、昨今は施設への入所がなかなか出来ない状況(高齢者の人数が多すぎて)ですので介護度がかなり重い利用者様も利用され

グループホームのシフトでこれは嫌だな…と思う4個のあるある。そんな働き方、変えたくないですか?

グループホームの仕事はやりがいのある仕事です。シフト勤務なので、メリットデメリットがありますが、融通が利くのでライフスタイルに合わせられるのは大きなメリットです。今回はシフトのデメリットを中心に、対処法やその他の介護の仕事について、幅広く取り扱いますので、ご参考いただければと思います。グループホームの仕事の大まかな内容認知症の高齢者を対象とした介護業務グループホームに入居している高齢者のほとんどが認知症を患っています。認知症の程度には個人差がありますが、同じ話を繰り返したり、直前に起きた出来事を忘れてしまったり、予想もできないような常識を超えた行動をする人もいます。介護職員として働くのであれば

夜勤の介護は大変?経験して気づいた5個のメリット・デメリット

介護の仕事をしていると、3交代勤務があります。特に入所系の施設では夜勤が入ってきます。介護の仕事をしたいと考えている人で、夜勤に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。これまでとは全く違った勤務体制でもあり、夜に働くといったことに対して不安な気持ちがあるのは当然です。「眠らずに働くってできるの?」とか「仕事量はどうなのかな?何をするのかな?」など不安はつきませんよね。夕方から朝まで働くってそんな簡単に考えることってできないですよね。なんとなく大変なイメージしか出て来なくって、なかなか介護の仕事に就くことができずにいる方もいるでしょうね。この記事では、夜勤を経験して介護士だからこそ分

介護が向いてない人の8個の特徴と対策とは?介護業界15年の私が解説します

介護福祉士の仕事をしていると、「自分はこの仕事に向いていないのではないか・・・」と感じてしまう瞬間はありませんか。仕事で失敗をしてしまったり、イライラしてしまったり。体が疲れてしまっているなど、色々なことがありますよね。これは仕事をしている中で、誰もが一度は感じてしまうことだと思います。どんな仕事をしていても必ず失敗してしまうことはあります。そしてそんな時は、「自分に介護は向いてないかも」と感じてしまうものです。本当にそうでしょうか。失敗は必ず誰にでも起こりえます。この記事では、「向いていない」と感じる人のために、本当に介護の仕事に向いていない人の8個の特徴とその対策をお伝えします。また新人育

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

ケアマネージャーを辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

ケアマネージャーの資格を取得するためには、規定に示されている資格を取得した上で、福祉の現場で5年以上、900日以上の経験を重ね、「介護支援専門員実務研修受講試験」と呼ばれる試験の受験資格を取得する必要があります。受験資格を取得した後は、その試験に合格、実務研修を受講し、登録を済ませる事でやっとケアマネージャー資格が取得できます。その資格を取得した後で初めて仕事に就く事が許されます。その後もそれだけの苦労を重ねてやっと就職したケアマネージャーの仕事を辞めたいと感じる事が出てくる事があるかもしれません。今回はケアマネージャーを辞めたいと思う理由とその乗り越え方について記していこうと思います。ケアマ

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

訪問介護を辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じたつらさを紹介

ヘルパーとして要支援者、要介護者のお宅を訪問しサービスを行う訪問介護の仕事。やりがいもたくさんありますが大変なことも多く、仕事についても辞めてしまう人が少なくありません。訪問介護の仕事をしていた経験から、辞める理由やこの仕事のつらさについて考えてみました。経験者が紹介!訪問介護の仕事を辞めたいと思った理由やつらさとは?私は訪問介護の仕事は、ヘルパー兼サービス提供責任者として働いていました。退職を選ぶヘルパーの理由で多かったものをまとめています。移動が辛い辞めるほどの理由にはなりにくいですが、訪問介護の仕事で一番つらいのは間違いなくこの「移動」でしょう。利用者の家を訪問して行う仕事ですので、家に

訪問介護のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

訪問介護の仕事は、人手不足が社会問題化している介護職の中でも、最も求人が多い仕事です。とにかく募集を出しても人が集まらないと嘆く事業所も多く、いろいろな理由から敬遠されている仕事であることは間違いないのですが、逆にずっとこの仕事だけを続けている人もたくさんいます。そんな訪問介護のやりがいを、私の経験を踏まえてお話させていただきます。訪問介護の仕事ってどんな仕事?要支援者や要介護者の自宅を訪問し、家事や排泄、入浴など、身の回りのことの介護を行う仕事です。仕事内容はケアマネージャーが作成したケアプランに基づきますので、同じサービス内容で訪問していても、仕事内容は個人個人のお宅で違います。訪問介護の

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

介護求人サイトを徹底比較!おすすめの6個のサイトを紹介します

介護の仕事を探そうと思ったとき、今の時代はネットから求人サイトを探し、そこから仕事を検索される方が多いと思います。とはいえ、今は求人サイトの数がたくさんあり、介護職に特化したサイトも増えてきています。介護の仕事を探す上で介護求人サイトを比較し、おすすめのものをまとめてみました。介護求人サイトのおすすめ6選私自身、介護職を何回か転職し、そのたびに求人サイトを利用してきました。そんな私のおすすめするサイトをご紹介します。ハローワークインターネットサービスご存知の通り、厚生労働省職業安定局が行っているハローワークの求人を見ることができます。介護職専門のサイトではないですが、介護の求人もたくさんありま

特別養護老人ホームの給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

近年では少子高齢化の為、介護職に携わる人が減ってきていて介護業界は人員不足だと言われているので、『介護職どうだろう?できるかな?』とお悩みの方の後押しができればと思います。高齢者介護施設も様々ですが、今回は特別養護老人ホームの給料についてご説明します。特別養護老人ホームの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合最終学歴にもよりますが、150,000円〜200,000円が相場です。給与が低くて大変!というイメージを持たれがちな介護職…もちろん会社によっても違いますが、実際はそこまで低収入ということはありません。たまに『介護職なんて手取り10万ないよー』という声を耳にしますが、時給制でフル

グループホームの人間関係でよくある5個の悩み。それぞれどんな対処をすればいいの?

グループホームの人間関係での悩みとはいったいどんなことなのでしょうか?グループホームの仕事では、一般的な仕事と違って、入居者との人間関係がとても重要とされています。基本的に、介護士として入居者の方の身体介助等をするので、生活を支えている分、とても濃い信頼関係が要される仕事なんです。そこで今回は、グループホームの職員の悩み5個や、そんな時の対処法まで、しっかりご紹介していきたいと思います。グループホームでの大まかな仕事内容とは?グループホームでの介護士としての業務は、入居者のトイレ介助やオムツ交換といった身体介助や、一緒に洗濯物を畳んだり食器を洗うといった生活する上での家事を一緒に行う事が大まか

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

老人保健施設でパートをやってて良かった3つのこと

リハビリ目的の入所施設である老人保健施設。私はここで約4年間パートで働きました。忙しかったけど、いい事もたくさんあったので、経験を踏まえてお伝えしたいと思います。私はこんなところで老人保健施設のパートをやりました私が働いていた老人保健施設は、4フロアに分かれて100床ありました。そのうちの20床がショートステイ用のベッドです。系列病院である脳神経外科の病院から回ってくる入所者が多く、脳卒中で要介護状態になられた方が多かったです。老人保健施設ではありますが、3ヶ月で退所してもらうという事は無く、比較的長く入所されている方もいました。仕事内容は、正職員もパートもほとんど関係なく、同じような仕事をし

介護の仕事探しをスムーズに進める4個の方法とは?経験者が解説します

介護の業種ってどんなものがある?自分に合った介護の仕事探しをする為に様々な介護業界についてお話しします。介護の仕事にはどんな種類がある?一言で介護と言っても様々な種類の介護業界がありますので簡単に解説します。施設介護職員ほとんどの介護職員が勤務先の介護施設にて、入居している高齢者や、来所している高齢者を対象にしたケアやリハビリ業務を行う事になります。行う業務の内容も介護施設ごとに多種多様になっていきます。例えば特別養護老人ホームでは介護度が高く、身体介護が主な業務になっていきますし、グループホームでは利用している人によって看取りのケア業務から、掃除や洗濯といった生活の一部の活動を一緒に行ったり

グループホームで働くメリット8選。私が感じた良いところをまとめました

グループホームで働くメリットとはなんでしょうか?“介護”というイメージが強いグループホームでの仕事は、誰かの為に働きたい方にはもってこいな仕事です。グループホームで働くことにより、介護福祉士の資格をとるために優遇されたりなど、実は様々なメリットがあります。今回はそんなグループホームで働くことであなたのタメになるメリット8選をご紹介していきたいと思います。仕事にやりがいを持てないという方は、人の為になる“介護”の仕事をはじめてみてはいかがでしょうか?グループホームの大まかな仕事内容グループホームは多くの種類の中にある介護施設の1つです。1つのフロアでの入居者の人数は最大で9名で他の施設と比較する

有料老人ホームの給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方などを紹介します

高齢化が進む昨今、在宅での生活が難しくなったり、体が動かなくなった時のことを考え、有料老人ホームに入る方が増えてきています。要介護度等で入所に制限のある公的施設と違い、民間の施設である有料老人ホームは、入所しやすいという事情から人気が高くなり、たくさん新しい施設が建っています。有料老人ホームには、特定施設である「介護付き有料老人ホーム」と、施設の形態は取っているけれども、介護保険上は在宅サービスに位置付けられる「住宅型有料老人ホーム」「サービス付き高齢者住宅」等があります。様々な形の有料老人ホームがあり、その分求人もいつでもたくさんあります。そんな有料老人ホームの給料事情について見ていきましょ

特別養護老人ホームの仕事内容や向いている人の特徴、メリットについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護

デイケアで働くにはどうしたらいい?仕事内容や仕事の探し方を経験者が解説!

これからの日本は高齢化社会であり、非常に深刻な問題の一つとして定義されています。そのような中で介護職の必要性は非常に高くなってきているのにも関わらず人手不足なのが現状です。原因としてはハードな割に給与が低い、危険できついなど様々な理由があります。しかしながらポジティブに考えると需要が高く、またスキルを身につければ、どこに行っても働くことができ、住む場所など自由に選べ生活できるとも言えます。このようなプラスな面もある介護職について今回はデイケアで働く方法と仕事内容や仕事の探し方を説明していきます。デイケアってどんな仕事?他の介護の職種との違いとは?デイケアサービスとは、通所リハビリテーションの別

ショートステイで働くのがおすすめな6個の理由とは?仕事内容や仕事の探し方を経験者が解説!

今回は介護のショートステイでの仕事についてです。タイトルにあるようにショートステイで働くのがおすすめな理由、また私は介護業界内で転職をしていますので仕事の探し方についても書いていこうと思います。ショートステイのおおまかな仕事内容とは?ショートステイの仕事内容は施設介護とほとんど同じと言えます。施設介護の仕事に送迎がプラスされるというイメージです。一般的にはショートステイの利用者様は施設に入所されている利用者様より自立度が高い人が多いです。そのため、入浴・排泄・食事それぞれの介助において介助量自体は少ないことがあります。ショートステイの利用期間を終えて自宅へ帰った後もこれまで通り生活できるように

デイサービスで働くには?資格や勉強しておくべきこと、必要なスキルなどを経験者が解説!

デイサービスでの勤務経験をもとに、デイサービスで働くにはどうすればいいのかや、魅力や現状をできる限りお伝えしていきたいと思います。デイサービスってどんな仕事?他の介護の職種との違いとは?利用者の方にデイサービスがある場所へ来てもらい、日中の日常生活の入浴や食事の提供やリハビリテーションなどのお世話することになります。日常生活のお世話ってなに?デイサービスではまず利用される方に通所してもらうことから始まります。要介護認定や要支援認定を受けている人が自分でデイサービス先まで通わないといけないのかと疑問に思われますよね。デイサービスの仕事ではまず利用者のご自宅へ迎えに行く送迎業務から始まります。デイ

介護でホワイトな職場の2個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

最近はブラック企業という言葉を当たり前のように聞いたり言ったりしています。介護施設も例に漏れずブラックな職場はあるようです。今回はブラックな職場やホワイトな職場の特徴に触れながら、どのようにいてホワイトの職場を見つけていくのかご紹介いたします。介護にブラックな職場はまだ多い?ブラックな職場と言っても、その人によっては「まだブラックと呼べるほどではないよ」と思えるものもあるかもしれませんが、一般的なブラックな職場という意味では少なくないのではないかと思います。私自身がブラックな施設と呼べるようなところで仕事の経験はありません。しかし、ブラックな部分と呼べるような経験や見聞きしたことはたくさんあり

デイケアの仕事内容8個の役割と向いている人の特徴

現在介護職は深刻な人手不足と言われてます。国も介護職の働き方や待遇など改善に向けて様々な議論が進んでいます。今回は数ある介護施設の中でデイケアの仕事内容について解説していきます。デイケアの仕事はどんな仕事?デイケアは通所リハビリテーションと言い介護サービスを受けると共に、リハビリを中心に行い身体機能の改善を目的にしたサービスとなります。その為施設には医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士、介護士が配置されています。各、専門職の職員が協力し利用者さんにサービスを提供します。デイケアの仕事は大きく8個の役割に分けられるデイケアの仕事は施設の中で分担しそれぞれの持ち場で仕事を行いま

居宅介護支援事業所求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護業界で働くにあたり、資格はたくさんありますが、その中で一番取得が難しいのがケアマネージャーの資格です。試験や研修も大変ですが、何よりも基礎資格での5年以上の実務経験が必要ですので、受験資格を得るまでも簡単ではありません。それでも、今も根強い人気のあるケアマネージャー。この仕事を目指している人はたくさんいます。そんな方にもわかりやすいように、居宅介護支援事業所でのケアマネージャーの仕事やおすすめ求人のポイントを詳しくお話していきます。居宅介護支援事業所にはどんな仕事があるの?居宅介護支援事業所で居宅ケアマネージャーとして働く場合、その仕事内容は一言では言えない位多岐に渡りますが、基本的な仕事

介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

超高齢化社会となり、介護や福祉の仕事に興味を持っている方も多いと思います。すでに国全体で介護士の需要が高まっており、資格を取得することで職に困らないために介護士を目指すことを検討している方も多くいます。しかし、正社員として介護士で働く場合、どのような勤務先やどのような働き方があるのか良くわからない方も多いのではないでしょうか。また、これまでの世間一般のイメージから、介護士として働くことへの不安や疑問をお持ちの方も多くいらっしゃることと思います。そこで今回は介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、そして最後には多くの方が気になる疑問について解説していきます。介護

静岡介護求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

静岡県の介護求人選びで後悔しないための見極めポイントを紹介します。ローカルな情報を含めてお届けしますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。介護職はどんな仕事?介護施設によって仕事内容は大きく異なりますが、基本的には高齢者の生活を支援する事が介護職の仕事内容です。歩くときにフラフラしてしまう人には傍ですぐに支えれるように見守りを行なったり、排泄を失敗してしまう人には定期的にトイレへ行くように声かけを行ったり、それでも上手く排泄できなかった場合はリハビリパンツを着用して、パット交換を行ったりします。また、自立している人がほとんどの施設の場合は生活に刺激を得てもらう為にレクリエーションを企画し

介護老人保健施設とはどんな施設?仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

数多くある老人ホームの中でも、介護老人保健施設はあまり詳しく知られていない印象があります。しかしながら、少し独特なこの施設、実は様々な用途に合わせて利用することができるのです。そんな介護老人保健施設とはなにか、詳しく説明していきたいと思います。介護老人保健施設とはどんな施設?介護保険施設の一種になります。公的な施設ですので、収入に応じて減免が効きます。介護老人保健施設は終身目的の施設ではありません。原則三か月程度を目安に、リハビリをして在宅に帰りましょうということを目的としています。他の施設とは違い、医師や看護師の常在、常勤のリハビリ職が人員配置として定められており、介護保険上では医療系サービ

ショートステイ求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今回はショートステイ求人について書いていこうと思います。私はショートステイでの勤務経験がありますし、転職経験もありますのでその時の体験も交えて書いていけたらと思います。ショートステイのおおまかな仕事内容ショートステイは利用者様が短期間施設に入所する所となっています。短い人は1泊から利用されています。長い人は施設入所が決まるまでということでかなり長い期間利用されている方もいます。職員の仕事内容としては基本的には施設の介護士と同じで食事・排泄・入浴・レクリエーションなどの援助を行います。夜勤もありますが、送迎もあるというのが大きな特徴となっています。これだけ見るとショートステイは大変だなと思うかも

障害者介護求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護の仕事を探していると、障害者介護の求人も見かけられる事と思います。介護保険の仕事よりも煩雑な制度である障害者介護、色々な仕事がありますので、そのご説明と、よくある質問に対してお答えします。障害者介護のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容障害者介護の仕事は、高齢者と同じ施設、通所、訪問の他、作業所での募集も多くあります。障害の種類や度合いによって、介護度や仕事内容は変わってきます。障害者介護の仕事は社会でどういう役割を求められる?障害者は年代も幅広く、障害の種類も身体、知的、精神と様々です。医療の発達により、障害者の割合は増加傾向ですが、程度にはよりますが、家族や本人だけでは生活が成り立たな

特別養護老人ホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

特別養護老人ホームで働いていると『転職したい』と思う瞬間が出てきます。それは人間関係だったり仕事内容だったり様々ですが、あらかじめどんな瞬間に転職したいと思うのかを知っていれば、働き始めてすぐ辞めたいと思わないかも知れません。しかし転職は悪い事ではないので、今回は上手に転職する方法をご説明します。特別養護老人ホームで転職する人は多い?特別養護老人ホームでの転職は非常に多いと思います。施設のやり方に納得できなくて他の施設に行く場合と、介護職自体が合わない場合があります。あとは他のグループホームやデイサービスなど形態の違う施設に転職する人もいます。ただ、転職は悪い事ばかりではないんです。転職すると

有料老人ホームの転職を成功させるために!狙い目な施設の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

近年、増加傾向にある求人の中で有料老人ホームがあります。有料老人ホームは高齢化社会の中で急速に発達しています。介護福祉士の資格を持っている人の転職の中で多いのも有料老人ホームです。しかし有料老人ホームは「個人経営が出来る」と言う事で転職に失敗する事もあります。たくさんの有料老人ホームの中でたくさんの特徴やたくさんの施設経営があります。ここでは有料老人ホームにおける転職についてご紹介します。転職を成功させるためには何をすれば良い?自分が行こうと思う有料老人ホームの特色を調べる一言に有料老人ホームと言ってもたくさんの特色があります。認知症の要介護者が多い有料老人ホームや、比較的寝たきりの要介護者が

埼玉の介護求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

高齢化が進み、介護についての話題が多く聞かれるようになりました。施設の情報もCMなどを通して多く得ることができるようになりましたが、「施設」といってもその特色や取り組み方は施設の数だけあると言えます。今回は、そんな多様化が進む施設での介護の仕事の中から、埼玉介護求人でおすすめの募集内容や特徴をお伝えしたいと思います。介護職はどんな仕事?福祉施設において、利用される方の生活を支援する仕事です。基本的には、施設を利用される方が「自分だけでは困難」とされる事について支援し、ご自身でできることは尊重することになります。尊重も支援の一つです。介護求人のおすすめ募集内容の特徴介護求人のほとんどの募集内容は

介護職の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

介護の求人を見る前にぜひ読んでほしい、給料についての話をしていきたいと思います。介護職の年収相場や給料UPのポイントを含めた転職術も紹介します。介護職の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合高校卒業後に介護施設に入社した場合、ほとんどの人は無資格の状態だと思います。平均的な総支給額は15~17万円で、社会保険や厚生年金等で差引され、手取りとしては13~15万円程度でしょう。施設によっては夜勤がありますので、夜勤手当が収入に加算されていきます。最初のうちは月に4回程度の夜勤をする事と思いますが、先ほどの総支給額の中には、夜勤手当の平均的な額(夜勤1回につき4000~6000円)が4回分

ケアマネージャーの転職を成功させるために!狙い目な会社や施設の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

人手不足の介護業界の中で、ケアマネージャーの求人はそう数多くはありません。どちらかといえば飽和状態で、未経験から応募してもすんなり採用にならない、唯一の職種であると思います。しかしながら全く求人がない訳ではありませんし、経験者の転職はそう難しいものではありません。ケアマネージャーとしての転職を考えたとき、抑えるべきポイントをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。ケアマネージャーで転職する人は多い?介護業界全般に言える事ですが、転職する人は多いです。他の職種ほどではないにしろ、この間まであそこでケアマネをしていた人が今ここにいるな、という事はよくあります。そして転職がマイナスになる事も

介護バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

今後需要が増得続けていく介護業界。介護バイト求人を探す上で、おすすめの求人の特徴や、向いている人と逆に向いていない人、やりがいをご紹介します!!介護バイトの大まかな仕事内容介護の仕事を簡単に説明すると、高齢者のケアをする事です。お年寄りになると、新しい記憶がほとんどできない『認知症』や年相応、身体能力の低下があります。そのようなお年寄りの人たちが快適な生活を送れるようにサポートするのが、介護バイトの大まかな仕事内容となります。入居している利用者様によってはトイレの世話や、施設によっては食事の補助や料理をする場合もあります。デイサービスのように日中だけの場所もありますが、グループホームや有料老人

介護士の年収はどれくらい?複数の介護職経験がある私が仕事別に紹介します給料を上げるための転職術も!

介護士は、安月給として世間に知られています。その理由から敬遠される事も少なくありません。私自身たくさんの介護職を経験してきました。正職員、パート、派遣、そしてその時の職種や施設形態、年収をご説明します。また、それらの経験から得た転職術もお伝えできればと思います。私はこんな介護職の経験をしてきました簡単に経歴をご説明させて頂きますと22歳~25歳:介護老人保健施設の介護士(正職員)25歳~26歳:特別養護老人ホームの介護士(フルタイムパート)27歳~30歳:デイサービスの介護士(フルタイムパート・派遣社員)30歳~32歳:グループホームのケアマネージャー(派遣社員)有料老人ホームのケアマネージャ

埼玉デイサービス求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

今回は埼玉県のデイサービス求人について紹介します。デイサービスって何でしょう?言葉だけ聞くと「昼間のサービス」となりますね。この言葉は福祉用語です。つまり、福祉の分野での数あるサービスの一つといえます。デイサービスは、「対象とする人に対して昼間にサービスを提供します」というものなのですが、対象者には障害児児童、高齢者など、様々あります。ここではそのうち「高齢者のためのデイサービス」についてご紹介していきます。デイサービスの仕事はどんな仕事?デイサービスは、在宅で介護が必要な高齢者が日中過ごす施設です。ここでの介護職員の仕事は、食事、入浴、レクリエーション、送迎、記録やご家族へのアドバイスなど介

老人ホームの仕事内容と向いている人・向いていない人の特徴について経験者が解説します

近年、少子高齢化という事で介護職員が足りないと言われており、なおかつ介護職は3K(きつい・汚い・給与が安い)と言われています。しかしそんな事は無いのです。そこで介護施設の1つである老人ホームの仕事についてお話させていただきます。どんな仕事内容なのか、どんな人に向いていてどんな人には向いていないのか、働くメリットなど、参考にしていただけたら幸いです。老人ホームの仕事ってどんな仕事?入居されている高齢者の方が快適に生活して頂けるようサポートさせて頂くお仕事です。そして、入居者様に幸せな生活を送っていただけるよう心掛けていかなければなりません。また老人ホームには要介護認定された方が入居される為、身体

介護士の仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴・メリットについて経験者が解説します

全国的に介護福祉士の人材不足が問題となっており、今でも専門学校は入学者が減る一方です。高齢者は増加傾向にあり、介護の需要は増えています。この人材不足は深刻な問題となっています。今、介護の仕事に興味がある方や、これから転職をして介護の仕事をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。介護の仕事をしたいと考えているけど、自分にできるかどうか不安を感じ踏み出せずにいるかも多いでしょう。ですから、今回は介護士の仕事の具体的な仕事内容や、介護士に向いている人・向いていない人、介護士の仕事のメリットなどをご紹介したいと思います。皆さんの参考になればと思いますので、不安を感じている方は読んでみてください

訪問介護の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

介護のお仕事は色々有ります。その中で訪問介護の正社員求人のお仕事について書いていきます。訪問介護とはザックリ言うとホームヘルパーのお仕事で、正式名称は訪問介護員と言われます。訪問介護の正社員はどんな仕事?この点は会社によって対応する範囲・方針が変わってくると思いますので、私が経験した中でお仕事内容を書いていきます。訪問介護の正社員の大まかな仕事内容介護排泄、入浴等の衛生管理清掃調理、食事介助買い物代行、買い物同行通院介助、通院同行・薬取り管理訪問先での物品管理・補充依頼、賞味期限や使用期限の管理等安全管理会議関係担当している利用者についての状態収集および報告カンファレンスへの参加その他シフト表

介護ヘルパー求人でよくある募集内容や仕事内容、気になる疑問について解説します

介護ヘルパーの求人数も多く、よく目にされる事と思いますが、募集内容だけではわからない事もあるかと思います。募集や仕事の詳しい内容やよくある疑問を、以下に解説致します。介護ヘルパーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容在宅で暮らす要支援者や要介護者の自宅を訪問し、家事や身の回りの介助を行います。サービス内容は多岐に渡りますが、ケアマネージャーの立てた計画(ケアプラン)にある仕事しか行えません。介護ヘルパーは介護保険でどういう役割を求められる?介護ヘルパーの仕事は原則自宅内で行われ、行えるサービスは「これをしてもらわないと生活が成り立たない」「できない事を支援する」というものに限られます。比較的元

介護老人保健施設求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護老人保健施設の求人は実際にはどのような仕事内容なのでしょうか?高齢者の話し相手になってあげたり、リハビリを行ったりなど、介護老人保健施設に入居された方が自宅に戻れるよう生活を支援していくというイメージでしょうか。そんな仕事にぜひ携わりたいという方に「求人を探す際のポイント」や、「自分に合うところを見つける為の方法や注意点」をご紹介します。介護老人保健施設での仕事の疑問点も解決していきますので、ぜひ仕事探しや転職活動の参考にしてみてはいかがでしょうか?介護老人保健施設求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕事内容としては入所されている高齢者の生活の支援をするということです。食事・排泄・入

訪問介護求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

訪問介護の求人は数も多く、よく見かけられると思います。ただ、そこに書いている募集内容だけではわからない事も多いのではないでしょうか。雇用形態における違いやよくある疑問にお答えいたします。訪問介護求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ホームヘルパーとして、要支援者や要介護者などのお宅を訪問し、家事(生活援助)や、排泄、入浴、食事など体に関する介護(身体介護)を行います。訪問介護求人は社会でどういう役割を求められる?高齢化社会に伴い要介護者が増え、介護保険の財源を圧迫している昨今、できるだけ高齢者が在宅で暮らせる様にする事が今後の課題となっています。そんな中、出来ない事をピンポイントで支援する

認知症介護の仕事はどんな人に向いている?仕事内容や向いている人の特徴について解説します

今回は介護の中でも認知症介護の仕事について書いていきます。近年は介護の仕事をしていない人でも、認知症というのは聞いたことくらいはあるというくらい有名なものとなっています。認知症の人と多く接してきた私が色々と説明していきます。認知症介護の仕事はどんな仕事?認知症介護という仕事とはどんなものか。介護の仕事をしていると「認知症」の人と接するのは日常的なものになります。それくらい認知症の人はいるということです。とはいえ、お年寄りのほとんどが認知症というわけではないのですが、仕事をしていると認知症と聞いても何も驚かなくという感じで思っていただければと思います。介護の仕事の中にも「認知症」の人だけを相手に