高齢者社会の近年、高齢者が増え、高度医療成長に伴い、日本の平均寿命は長くなっています。

高齢者が増えるという事は高齢者施設が増え、介護士の求人が増えるという事です。

介護士の求人は様々な求人の種類がありますが、やはり高齢者施設で働こうと思うと「資格」は必要です。

ヘルパー1級2級・介護福祉士・無資格とありますが1番給与が高いのは「介護福祉士」です。

そこで介護士になるにはどのようにしたら良いか解説します。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護士になるにはどうしたらいい?

介護福祉士になる為には、国家資格を取らなくてはなりません。

介護士=介護福祉士ではありません。

介護士とは実際に「介護をする人」です。

ヘルパーでも無資格でも、介護をする人は介護士です。

その為介護士になる為には「介護をしようと思う気持ち」が大切です。

介護福祉士の資格とは

介護福祉士の資格は国家資格です。

介護福祉士とは、主に高齢者施設における介護全般の業務を行う職員になります。

その他、訪問介護として、高齢者の自宅に訪問し介護を行う事があります。

介護福祉士は専門知識を学び、介護に対する経験を積み、介護のプロになる事です。

介護とは大変な仕事でもありますが、他の仕事では体験できない事が体験できます。

介護福祉士の受験資格

介護福祉士の受験資格は、以前はホームヘルパーから、介護職員基礎研修から受験する事が出来ましたが、2016年度から3年以上の実務研修に加えて「実務者研修の450時間」の受講が義務づけられました。

介護福祉士の資格取得ルートについて

介護福祉士の資格取得のルートは主に3種類あります。

年齢に応じて自分の一番資格を取得しやすいものから選びましょう。

高校から自分の職業を介護の職種にしようと考える人ももちろんいらっしゃるでしょう。

しかし、他の仕事をしながら、介護に興味を持つ人もいらっしゃるでしょう。

また、親の介護の為に介護を勉強しようと思う人も多くいらっしゃいます。

ここでは介護福祉士になる為の資格取得ルートをご紹介します。

養成施設に通って資格取得する場合

介護福祉養成施設は大学から、専門学校があります。

高校を卒業し各都道府県の福祉大学に入学し2年以上の講習を受けなければなりません。

この講習時間も2016年4月から法律の改正で講習時間が1650時間から1800時間程度と講習時間が多くなりました。

以前は養成施設に通えばそのまま介護福祉士の国家資格が取得できましたが、2016年からは「国家資格の受験資格の取得」に変わりました。

その為、福祉大学を卒業後国家資格の受験をしなければなりません。

福祉系高校から資格取得する場合

福祉高校からの介護福祉士受験は、高校過程の勉強をしながら、介護福祉士の受験資格を取得する事が出来ます。

これも2016年の法律改正から、1190時間の勉強時間から、養成施設の勉強時間と同じく1800時間に変更となりました。

高校から国家試験の受験資格が得られる事で、介護福祉士になる1番の近道となるでしょう。

しかし、1番の近道というのは難しいものです。

高校過程の勉強をしながら、介護福祉士の受験に必要な勉強もしなければならない為、高校3年の夏休み等に時間を削られる事になるでしょう。

実務経験を経て資格取得する場合

以前は実務経験3年以上であれば、国家試験の受験資格を得る事が出来ますが、この制度も2016年の改正から、実務経験3年以上に加え「実務者研修450時間」が追加されました。

この実務者研修を得ていないと実務経験を積もうと介護福祉士の国家試験の受験資格を得る事は出来ません。

新たに義務づけられた「介護福祉士実務者研修」とは

実務者研修とは、主に以前のヘルパー1級と同じものになりますが、勉強時間は初任者研修(ヘルパー2級程度の勉強)の3倍の量になります。

講義の内容は介護事例をもとに、介護計画を立てて、実際に看護の実技を行うものと、その他にも痰の吸引や経管栄養に関する医学的な内容の勉強内容が組み込まれています。

そしてここで重要な事は、介護福祉士の資格が取得できなくても、現在勤務している介護施設で「サービス担当責任者」になる事が出来ます。

介護福祉士の合格率はどれくらい?

介護福祉士の試験内容は新しい問題と過去5年の介護福祉士の問題の中から算出されます。

合格率はその年で変化します。

合格率が高い年もあれば、低い年もありますが、昨年の28年度の合格率は70%を超えていますが、その前の年の合格率は57.9%でした。

合格率だけ見ればそこまで変化がないのではと思う人もいるでしょうが、介護福祉士の試験は全国各地の多くの人が受験します。

約20%の合格率の変化は多くの人が不合格になっているという事です。

介護福祉士の平均給与はどれくらい?

介護福祉士の平均給与は地域や就職した会社によって変わります。

もちろん首都圏での給与は平均16万~19万程になります。

地方の介護福祉士になると、平均13万から17万程になります。

ここで注意するべき事は「資格手当」の額です。

就職した会社で資格手当は違ってきます。

その資格手当は大幅に違いがでる所で、資格手当が10000円の所もあれば、2000円と少額になる所もあります。

資格手当が違うとやはり月の給与も違ってきます。

この資格手当は、求人内容からも確認出来ますし、面接でも確認する事が出来ますので、しっかり確認しておく事が大切です。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護福祉士の主な就職先

介護福祉士の免許を取得した後、次に考える事は就職先ですよね。

介護福祉士となれば、たくさんの就職先があります。

高齢者施設は多くの種類と多くの利点や欠点があります。

ここでは、その利点や欠点を踏まえてご紹介します。

介護福祉士の主な就職先1:特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは高齢者施設の中でも、介護度は1番高い高齢者が入居する高齢者施設です。

介護度が高いという事は、1日の介護量が多くなるという事です。

介護量が多くなる事は職員もその分多くなります。

たくさんの職員がいる事で、申し送りやその日の利用者の状態の報告を密に行う事が大切になります。

特別養護老人ホームの利点は多くの職員と情報を共有しながら介護が出来るという事です、自分の分からない事や出来ない事を教えてもらいながら介護を学ぶ事が出来ます。

欠点は介護度が高くなればなるほど、利用者の急変や状態の変化が激しいという事です。

急変の対処はとても難しい事です。

また、その急変で利用者が亡くなる事もあります。

人の死に関わる状況が多くなる事は職員のトラウマになる事もあります。

介護福祉士の主な就職先2:訪問介護

訪問介護は利用者の自宅に訪問し、必要な介護をする事です。

訪問介護の利点は、自宅に訪問しながら介護出来る事で、1人に対する介護に時間を多く取れるという事です。

介護以外にも、自宅の掃除や洗濯や料理も訪問介護の内容に入ります。

1人に十分な時間を取る事で、信頼関係が出来る時間も短くなるでしょう。

欠点は、自宅に入ってしまうと1人で介護をしなければならない事です。

訪問介護に慣れた職員ならば、欠点にならないでしょう。

ですが、新人の介護福祉士にとって「1人」という状況はとても心細く、冷静な判断も出来なくなります。

介護福祉士の主な就職先3:デイサービス

デイサービスとは、要介護者は夕方から朝まで自宅で過ごし、日中は養護老人ホームや病院や有料老人ホームなどに併設されている所で1日を過ごす所です。

デイサービスの利点は、介護度がやや低めの方が多い為、オムツ交換や褥瘡の処置などの難易度が高い介護はほとんど必要ありません。

レクレーションや要介護者とコミュニケーションを取る時間が多くあります。

欠点は、デイサービスは自宅と施設との「送迎業務」があります。

この送迎は慣れるまで、自宅までの道を利用者のルート分覚える必要がありますし、曜日によってサービスを受ける人も変わりますので、多くの人の情報を頭に入れる事が初めのうちは大変だと感じるでしょう。

介護福祉士の主な就職先4:有料老人ホーム

有料老人ホームとは、特別養護老人ホームと比べ、比較的介護度が低い人が入居します。

特別養護老人ホームと違う所は「医師が在住していない」事です。

有料老人ホームは介護度が低い分、医療面よりも、介護面の介助が重要視されます。

その為、有料老人ホームには医師よりも看護師やケアマネージャーが在住している所が多くなります。

有料老人ホームの利点は、重傷の介護の高い方が少ない為、日常生活に対する入浴やイベントのような介助が多くなります。

また、デイサービスと違う所は、夜間帯の勤務もありますので、給与が高くなります。

欠点は、医師が在住していない為、看護師や上司と密な連携を行いながら、自分でも医療面の観察をする事を求められる事があります。

もちろん入居者の為に勉強は大切な事ですが、自分の負担に感じる人がいるでしょう。

介護福祉士の主な就職先5:グループホーム

グループホームとは主に認知症を患っている人が集団で入居し、職員と共に生活をする場所です。

他の老人ホームと違う所は、職員も一緒に買い物に行ったり、一緒に食事を作ったり「生活の援助」を行う事です。

グループホームの利点は、オムツ交換等の身体的介護よりも、生活援助が主になる為、介護の新人では、自分でも心の余裕が出来やすい為、気持ちに余裕も出来やすいです。

欠点は、生活援助が多い為、自分の介護のスキルを上げる事が難しくなります。

自分の介護のスキルを上げる事を考えるならば、グループホームは適さないでしょう。

介護福祉士の主な就職先6:サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者住宅とは、介護は必要最低限の介護を行いながら、ここでも生活の援助が主な仕事になります。

グループホームと違う所は、一緒に食事を作ったり、買い物をしたりする事はなく、入居者は自分の個室で1日を過ごし、その居室の中に介護者が訪問し、入浴介助や個室の掃除等を行います。

介護付き高齢者住宅の利点は、1人の要介護者に対して多く時間を取った介護が出来る事と、それに加えて1人ではないという事です。

訪問介護と大いに違う利点です。

欠点は、介護付き高齢者住宅では看護師も常時在住していない事も多いです。

介護者が急変や転倒に対する対応を求められる事があります。

介護福祉士の主な就職先7:介護福祉士に人気のある就職先は?

介護福祉士に人気がある求人は、給与や勤務時間にもよりますが、給与を重視するのであれば「特別養護老人ホーム」が人気となります。

やはり介護度が高い要介護者が多い為、基本給も高くなりますし、夜間の手当も高くなります。

自分の時間を大切にしたい人は「グループホーム」や「介護付き高齢者住宅」が人気です。

残業も比較的少なくなる為、育児中の方や、扶養内でも仕事の調整もしやすくなるでしょう。

介護福祉士の転職について

介護福祉士から他の職業に転職する人もいれば、逆に介護福祉士を目指す人もいるでしょう。

自分がしやすい仕事ややりがいを求める事は人生の中で何度もある事でしょう。

ここでは介護業界の転職についてご紹介します。

未経験から介護業界に転職はできるもの?

もちろん未経験から介護業界に転職する事は出来ます。

介護業界はどんなに資格を取得していても、実際に仕事を開始するまでは、みんな「初心者」です。

それは、実際「人」を相手に介護するまで、どんなに知識だけ頭に入れようが、要介護者が1人1人違う為「教科書通り」にはいかないという事です。

訪問介護が働きやすいってホント?

訪問介護が働きやすいというのは「訪問回数」によります。

1日の訪問回数が多いと忙しいと感じる事もありますが「訪問介護」が働きやすいと感じるのは、自宅から事業所までの運転や移動時間は「自分の中でリセット出来る時間」と感じる事が出来る為です。

ほかの介護事業所は「施設の中」で仕事をしている為、気持ちのリセットがしにくい環境にあります。

外の空気に触れる機会が多い訪問介護は働きやすいと感じる人が多いでしょう。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

最後に

「介護」とは、他人の人生に他人が深く関わる事が出来る仕事です。

最後の人生の場が楽しくなるか、我慢ばかりする所にしてしまうかは、介護者によります。

自分に置き換えて考え「自分だったらこういう風に話しかけて欲しい」「自分だったらこうして欲しい」等自分に置き換えて考える事が出来る人は、良い介護士になる事が出来ます。

また、施設に求める事の中で1番多いのは「明るさ」です。

明るい職員、明るい居室が施設に求められる要求です。

「介護が上手」や「知識が多い職員」ではありません。

たとえどんなに介護が上手でも、知識が多くても「明るい介護士」には敵わないのです。

介護される人の気持ちに寄り添い、最後の人生が良い環境になりような援助が出来る介護福祉士になりましょう。



介護士求人についてもっと深堀りした情報を見る

居宅介護支援事業所求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護業界で働くにあたり、資格はたくさんありますが、その中で一番取得が難しいのがケアマネージャーの資格です。試験や研修も大変ですが、何よりも基礎資格での5年以上の実務経験が必要ですので、受験資格を得るまでも簡単ではありません。それでも、今も根強い人気のあるケアマネージャー。この仕事を目指している人はたくさんいます。そんな方にもわかりやすいように、居宅介護支援事業所でのケアマネージャーの仕事やおすすめ求人のポイントを詳しくお話していきます。居宅介護支援事業所にはどんな仕事があるの?居宅介護支援事業所で居宅ケアマネージャーとして働く場合、その仕事内容は一言では言えない位多岐に渡りますが、基本的な仕事

介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

超高齢化社会となり、介護や福祉の仕事に興味を持っている方も多いと思います。すでに国全体で介護士の需要が高まっており、資格を取得することで職に困らないために介護士を目指すことを検討している方も多くいます。しかし、正社員として介護士で働く場合、どのような勤務先やどのような働き方があるのか良くわからない方も多いのではないでしょうか。また、これまでの世間一般のイメージから、介護士として働くことへの不安や疑問をお持ちの方も多くいらっしゃることと思います。そこで今回は介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、そして最後には多くの方が気になる疑問について解説していきます。介護

介護士の年収はどれくらい?複数の介護職経験がある私が仕事別に紹介します給料を上げるための転職術も!

介護士は、安月給として世間に知られています。その理由から敬遠される事も少なくありません。私自身たくさんの介護職を経験してきました。正職員、パート、派遣、そしてその時の職種や施設形態、年収をご説明します。また、それらの経験から得た転職術もお伝えできればと思います。私はこんな介護職の経験をしてきました簡単に経歴をご説明させて頂きますと22歳~25歳:介護老人保健施設の介護士(正職員)25歳~26歳:特別養護老人ホームの介護士(フルタイムパート)27歳~30歳:デイサービスの介護士(フルタイムパート・派遣社員)30歳~32歳:グループホームのケアマネージャー(派遣社員)有料老人ホームのケアマネージャ

介護士の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

全国的に介護福祉士の人材不足が問題となっており、今でも専門学校は入学者が減る一方です。高齢者は増加傾向にあり、介護の需要は増えています。この人材不足は深刻な問題となっています。今、介護の仕事に興味がある方や、これから転職をして介護の仕事をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。介護の仕事をしたいと考えているけど、自分にできるかどうか不安を感じ踏み出せずにいるかも多いでしょう。ですから、今回は介護士の仕事をするに当たって、どんな人材が介護職に適しているかをご紹介したいと思います。皆さんの参考になればと思いますので、不安を感じている方は読んでみてくださいね。介護士はどんな仕事?介護の仕事は

介護士の転職を成功させるために!介護求人の選び方や上手に転職するための3個の注意点

介護の仕事は近年多くの求人で溢れています。しかし介護士として就職する人もいれば、転職して今の施設を離れる人もいるでしょう。介護も現場では転職や介護自体を辞めてしまう人も多くいらっしゃいます。ここでは、介護士として働いていて、転職を考えている人を対象に、どのような事に注意しながら転職をするべきなのか。また転職を成功させる為に必要な事を私の体験をもとにいくつかご紹介します。介護士の転職で注意したほうが良い3個のこと自分の介護理念と合う職場を探す介護士として働く事を決めた時「自分の理想とする介護士像」というものがあるはずです。介護自体のスキルアップをしたいと思っている人や、介護の能力よりも、介護は必

介護士とはどんな仕事?その仕事内容や介護においての役割、なり方など詳しく解説します!

今回は介護士とはどんな仕事なのか、またどのような役割を果たしているのかということについて紹介していこうと思います。今回も私の経験も交えて進めていこうと思います。介護士とはどんな仕事?介護士の仕事と聞いて一番に思い浮かぶのは利用者様の「食事・排泄・入浴」のお世話をすることだと思います。「日常生活の支援」が一番メインであり分かりやすい仕事と言えると思います。また、後で詳細は説明いたしますが世間のイメージよりも「事務的な仕事」が多いです。お年寄りのお世話を毎日しながら、事務的な仕事もかなりの量をしているというのが介護士の仕事です。介護士の具体的な仕事内容とは?具体的な業務日常生活の支援食事・排泄・入


介護士求人に関するコラム

介護士同士の人間関係で、仕事を辞めたくなるほど嫌だった2つのこと

社会に出ると嫌でも問題になってしまう「人間関係」。今回は介護士同士の人間関係について書いていこうと思います。介護士での人間関係ってどうなの?介護の世界の人間関係というと、退職理由の中でも上位にくるものとなっています。介護士の人間関係について書いていきます。施設によって職員の人柄が大きく違ってくる私自身、今勤めている施設が2つ目です。1つ目の施設でも異動が多かったので、部署でいうと複数の部署を経験しています。そこで、感じたのが同じ法人・施設内でも部署によって職員の人柄が全然違うということです。不思議なもので同じ施設でもここまで違うのかと驚いた経験もあります。自分に合った人たちが多くいる部署に入る

介護士辞める理由は何が多い?8個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

人材不足と言われている福祉業界ですが、特に介護士の不足が課題となっています。しかしそれでも多くの介護士が辞めてしまう現状があります。なぜ介護士はどんどん辞めてしまうのでしょうか。介護士は辞める理由には何が多いのでしょうか?介護士の方が転職や離職、退職を考える8個の理由と、もしあなたが介護士を辞めようと考えているのであれば、辞めるのを決める前に考えておきたいことについて解説します。介護士を辞める8個の理由とは?介護士を辞めたい、と考える人や辞めてしまう人には、ほとんどの場合以下の8個の理由が当てはまることが多いです。その理由について詳細に見ていきましょう。給与が安い介護士の給与が、その働き方や激

介護士の給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

近年、高齢者があふれている高齢化社会で、高齢者の施設は増加傾向にあります。このような傾向の中で、求人が増えるのが「介護職員」です。介護福祉士の求人は高齢者施設でたくさん出ています。ここでは介護福祉士の求人の中で給与面を主にご紹介します。介護士の給料や年収はどれくらい?介護士の給与は都市によって様々です。もちろん大都市となると、給与は高くなり、地方になると給与は比較的低くなります。介護士にもヘルパー1級2級・介護福祉士・無資格と誰でも介護職員にはなれます。ここでは主に「介護福祉士」についてご紹介します。福祉施設の介護福祉士の相場感福祉施設は主に「社会福祉法人」と「医療法人」があります。社会福祉法