人材不足と言われている福祉業界ですが、特に介護士の不足が課題となっています。

しかしそれでも多くの介護士が辞めてしまう現状があります。

なぜ介護士はどんどん辞めてしまうのでしょうか。

介護士は辞める理由には何が多いのでしょうか?

介護士の方が転職や離職、退職を考える8個の理由と、もしあなたが介護士を辞めようと考えているのであれば、辞めるのを決める前に考えておきたいことについて解説します。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護士を辞める8個の理由とは?

介護士を辞めたい、と考える人や辞めてしまう人には、ほとんどの場合以下の8個の理由が当てはまることが多いです。

その理由について詳細に見ていきましょう。

給与が安い

介護士の給与が、その働き方や激務度合いに比べとても低いことは有名です。

夜勤などをして、夜勤手当や残業手当を入れても、同じ時間勤務しているのに一般的な会社員と比べ半分近いということも珍しくありません。

実家暮らしをしなければ生活できないという方や、結婚して共働きでも辛いという場合、子供を産み育てることなど考えられないと給与が低すぎるあまり将来への不安から辞めたいと考える介護士は多く、やりがいや自分の目標、介護観などと照らし合わせても給与が理由で辞めざるを得ないという方も多いのが現状です。

激務である

介護士はとにかく激務です。

人手不足のため、なかなか休みが取れないだけでなく、休憩時間やお昼ご飯を食べる時間さえも取れないこともよくあります。

また、担当している高齢者の方によっては、「○○さんでないと嫌だ」という方も少なくないため、特定の人に業務が偏ることもあります。

体力的にも介助やお風呂に入れるなど、体全体を使うためとても疲れます。

さらに、高齢者からのワガママや無理難題に疲弊するなど精神面でも辛いことはあります。

また、絶対に不測の事態を人的ミスにより引き起こしてはいけないという緊張感から、精神的なストレスを感じる介護士は多くいるようです。

高齢者からの無理な要望や理不尽な扱いが多い

少し前述しましたが、高齢者は自分が要介護状態にあるということを受け入れることができず、そのイライラを介護士にぶつけてくることがあります。

また、先生や教授など、周囲から尊敬されていた仕事についていた人や立場出会った人ほどプライドが高く、激昂しやすかったり、理不尽な要求をしてきたりします。

どんなに理不尽な要求やワガママであったり、イライラをぶつけられたとしても、介護士はやり返したり言い返すことはもちろんできません。

それどころか笑顔でやり過ごすことを求められることも多く、とてもストレスが溜まりやすい仕事であると言えます。

高齢者の家族からの無理な要望や理不尽な扱いが多い

さらに、高齢者の家族からの無理な要望や理不尽な扱いも多くあります。

家族の方々は、当然のことながら自分の父や母、あるいは祖父母に対して細やかなケアや対応を求めてきます。

当然介護士側も全高齢者に対し、しっかりと対応していきますが、時には家族側から「うちの父だけ特別扱いをしてほしい」「この時間にこの内容の介護を行ってほしい」などと注文をされることもあります。

ただでさえ人が足りていない状況で、一般業務さえもまわっていないことの多い介護の現場で、いちいちすべての高齢者の家族の要望にオリジナルで応えることはできません。

しかし、だからといって「できません」のひとことで断って終わりにすることもできず、そのやりとりに疲弊してしまう介護士も多くいます。

腰を痛めるなど体調に支障をきたす

とにかく体力勝負の介護士は、たとえもともと運動をしっかりとしていたり、継続して体を鍛えていたとしても、特定の姿勢でいることが多く、腰を痛めやすい職業です。

他にも、背中や足など担当している業務の負荷により特定の部位や体調に支障をきたすことが多くあります。

どんなに続けたいと思っていたとしても、高齢者を抱きかかえるような姿勢を続けたことで無理がたたり、腰を痛めてしまい介護士を続けることができなくなってしまったという人も多くいます。

夜勤など不規則な生活が辛い・夜間に1人で対応するという責任感と重圧が辛い

どうしても避けて通れないのが介護士の夜勤です。

デイサービスやリハビリなどの施設であれば夜勤はありませんが、介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどでは必ず夜勤の介護士がいます。

多くの場合、1人でその施設全ての高齢者を管轄しなくてはならず、良い場合でもあともう一人看護師がいる程度で、介護業務はすべて介護士の仕事となります。

その責任感や、夜間に体調を崩したり急な異変を起こす高齢者が多いというストレス、さらには夜勤と昼勤が繰り返される不規則な生活が辛いと感じてしまい、辞めたい理由にあげる介護士はとても多いのです。

施設の人間関係が辛い

介護や福祉の仕事をしている人はみないい人というイメージがありますが、施設によっては人間関係に苦労する人もいます。

人手不足でぎりぎりの状態でまわしているがゆえに、全員がストレスを抱えているため、そのはけくちとしていじめや嫌がらせがある場合もあります。

また、どこの職場でも同じですが、多くの人間が職場に集まるとどうしても気の合わない人が出てくることはあります。

そういった人間関係のトラブルや問題は介護士も同じで、離職の理由に人間関係を上げる介護士は実は以外と多く存在します。

人間関係で悩んでいる時は、こちらの記事を参考に!

毎日同じことの繰り返しで未来が見えない

介護士は基本的には毎日同じことの繰り返しです。

そういったルーティーンの業務が好きな人であったとしても、だんだん「ずっとこんな同じことを続けていてよいのだろうか」と不安になったり、特に特別養護老人ホームの場合は、高齢者が亡くなっていくことが日常茶飯事になるとそのことにも慣れてきてしまい、慣れてくる自分に対してそれでいいのか?

と思い悩んでしまうこともあります。

さらに、介護士は特に昇進やスキルアップなどが頻繁かつ目に見えてある職業ではないため、ずっと同じ給与や立場で仕事を進めていくことについて疑問が芽生えてしまう介護士が多くいます。

昇進をするとしても、リーダーなどのそこまで給与や立場に差がないものか、施設長や理事長などかけ離れたものと極端なため、キャリアプランが描きづらいというのも悩みの種として存在します。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

本当に辞めていいの?介護士を辞める前に考えること

とはいえ、実際にどんなに不満や、介護士を続けていく自身がなくなってしまったとしても、本当に辞めていいのかどうか迷ってしまいますよね。

ここでは、介護士を辞めたいと考えている方に、本当に辞めてしまう前に一旦考えてほしいことや、立ち止まって再度検討してほしいことについてお伝えしていきます。

ほかの仕事でやっていけそうか考える

まずは、自分が介護士以外のほかの仕事でやっていけそうか、ほかの仕事につくとしたらどのような仕事がいいかをイメージしてみましょう。

やっぱり介護の仕事が好き!となるかもしれませんし、会社員としてオフィスワークをすることへの憧れや、夜勤がない仕事を願っているなど状況はさまざまあるでしょう。

そして理想の姿をイメージしてみることをおすすめします。

たとえば介護士を続けていきたいのであれば、何がなくなれば仕事を続けやすいのか、何がネックとなっているのか、それはどうすれば改善できるのかなどです。

また、ほかの仕事に就きたいと考えた場合には、最低限やりたくないことについて考えてみたり、逆に憧れの働き方や理想とするスタイル、絶対にゆずれないことなどについて考えてみましょう。

介護士の仕事はもうやりたくないししんどいと考えているけれど、夜勤の昼夜逆転の生活スタイルは自分に合っていて好きだったと考えるのであれば、コンビニの夜勤スタッフや、タクシーの運転手などへの転向も考えられます。

また、体力仕事の職業が嫌なのであれば、オフィスでの事務職などを検討すると良いでしょう。

このようにやりたくないことや、好きだった働き方のスタイルなどが自分なりにあれば、そこから少しずつ自分にあった仕事や働き方についてひもといていくことが可能です。

今の職場の状況を改善できないか考える

前述のようにほかの仕事でやっていけそうか考えた上で、やっぱり自分は介護士として頑張りたいという結論に達した場合や、介護士自体が嫌いなわけではないけどその他の条件や待遇、給与などがネックとなり続けていくことが難しいという判断に至った場合には、今の職場の状況を改善できないか考えてみましょう。

たとえば、同じ職場内でのポジションや役割の変更を願い出ることが可能かどうか、自分のこれまでの貢献をアピールして昇給などができないかを交渉してみるなどです。

もしかすると、担当フロアが変わるだけでも、今の仕事の状況は大きく改善するかもしれません。

特に人間関係や、高齢者からの理不尽な扱い、さらには業務内容がネックとなっている場合には担当フロアの変更で解決できる可能性も残されています。

まあ、待遇などについては、他の介護職員も同じことを不満に思っている可能性が高く、可能であれば複数人での交渉をすることで上層部も対応してくれるかもしれません。

ただ不満だから辞めよう、ではなくまずは自分が今いる環境を改善できないか考えることはとても重要です。

介護士として他の職場で頑張る方法を考える

自分の今の職場を改善しようと試みても難しかった場合や、上層部が改善を受け入れてくれなかった場合は介護士として他の職場で頑張る方法を考えてみましょう。

せっかくこれまで頑張ってきたキャリアがもったいなかったり、人手不足の介護の現場に対する危機感や使命感がある場合には有効な手段です。

職場が変われば待遇の改善が望める場合も多いにあります。

とくに今は社会全体で介護士や介護職員の人手不足が叫ばれているため、その対策を講じている施設も多くあります。

そういった転職先を模索することで、介護士としてのキャリアを捨てずに、介護士を続けながら働く環境の改善を試みることもひとつの手段です。

その場合は、転職先はなんとなく選ぶのではなく、転職エージェントなどを上手に利用し、効率よく自分の希望が叶う職場を見つけると良いでしょう。

できるだけ一般の転職エージェントや看護師や医師の専門エージェントではなく、介護の仕事に特化した転職エージェントを選ぶことをおすすめします。

一般の転職エージェントや看護師や医師の専門エージェントに載っている求人の場合、他の職業との抱き合わせやついでで担当営業が取ってきた場合が多く、あまり転職エージェントとしても力を入れてくれなかったり、採用内定率が下がることがあります。

次の仕事や職場を決めてから辞める

たとえ現状がどんなに辛いと感じいているとしても、もし今後も仕事を続けていきたいと考えているのであれば、まずは次の仕事や職場を決めてから退職することをおすすめします。

一般的に離職してから間が空いてしまうと、次の転職に不利だと言われています。

そこまで影響がない場合ももちろんありますが、人事担当者によっては「計画性がない人」「思いつきで行動する人」と思われてしまうこともあるためです。

しかし、現状がとても体力的・精神的に辛く、あまりにも体調に支障をきたしている場合には退職も検討しましょう。

体を壊してからでは遅いので、まずは自分の体調を健康にすることに専念しましょう。

その場合は、体調回復後に転職活動を行うときに「前職を退職した理由は、あまりに激務のため体調を崩したためです」と伝えれば問題ありません。

しかし、あまり体調をくずしたことを強調しすぎると「弱い」と思われてしまう可能性もありますので、あくまでさらりと付け加える程度にしましょう。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

介護士をやっている方が辞めてしまう理由で多いものや、辞めたいと考えてしまう理由、そして辞めようかどうか迷っていたり検討している介護士の方に辞めるのを決める前に考えておきたいことについて解説しました。

体力的にも精神的にも、そして給与面や待遇面でも本当にキツイ仕事ですが、それでも自分が介護士という仕事を選んだ理由を再度見つめ直し、本当に辞めた方が自分の人生にとって良いのか、それとも辞めない方が自分にとって良いのかなどを慎重に吟味してくださいね。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

仕事の悩み 介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護


介護求人に関するコラム

ホームヘルパーの仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

「長く安定して働きたい」と、介護の仕事を目指している方も多いのではないでしょうか。高齢化が進むにつれて、介護サービスの必要性はますます増え、介護市場は今後も拡大すると予測されています。介護の仕事と一口にいっても、いろいろな種類がありますが、「ホームヘルパー」という仕事はご存知でしょうか?ホームヘルパーは、その名の通り利用者の自宅に訪問して介護を行う仕事です。介護の仕事なので、もちろん体力的にも精神的にもきついことがありますが、やりがいも多い仕事です。また、雇用形態によっては、好きな時間に働くことができるので、お子さんがいる方でも安心して働くことができます。では、肝心な仕事内容はどんなことを行う

埼玉で働きやすい福祉施設10選。女性が活躍できる職場環境プラチナ認定企業だけを厳選!

「介護などの福祉施設で働きたい」「でも、出産や子育てなどでなかなか思うように仕事が続けられない、条件に合った職場が見つからない」という女性も多いです。今回はそういった方々の中でも、埼玉県やその近辺に住んでいる人向けに、埼玉県の「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナ企業として認定を受けている福祉施設を紹介します。認定企業の中でもいくつか厳選しているので、女性も働きやすく・活躍もしやすい職場が見つかりやすいはず!ぜひ参考にしてみて下さいね。プラチナ認定企業とは?プラチナ認定企業とは、埼玉県が認定を行っている取り組みです。仕事と介護や育児の両立を支援する「多様な働き方実践企業認定制度」の一環とし

夜勤の介護は大変?経験して気づいた5個のメリット・デメリット

介護の仕事をしていると、3交代勤務があります。特に入所系の施設では夜勤が入ってきます。介護の仕事をしたいと考えている人で、夜勤に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。これまでとは全く違った勤務体制でもあり、夜に働くといったことに対して不安な気持ちがあるのは当然です。「眠らずに働くってできるの?」とか「仕事量はどうなのかな?何をするのかな?」など不安はつきませんよね。夕方から朝まで働くってそんな簡単に考えることってできないですよね。なんとなく大変なイメージしか出て来なくって、なかなか介護の仕事に就くことができずにいる方もいるでしょうね。この記事では、夜勤を経験して介護士だからこそ分

介護が向いてない人の8個の特徴と対策とは?介護業界15年の私が解説します

介護福祉士の仕事をしていると、「自分はこの仕事に向いていないのではないか・・・」と感じてしまう瞬間はありませんか。仕事で失敗をしてしまったり、イライラしてしまったり。体が疲れてしまっているなど、色々なことがありますよね。これは仕事をしている中で、誰もが一度は感じてしまうことだと思います。どんな仕事をしていても必ず失敗してしまうことはあります。そしてそんな時は、「自分に介護は向いてないかも」と感じてしまうものです。本当にそうでしょうか。失敗は必ず誰にでも起こりえます。この記事では、「向いていない」と感じる人のために、本当に介護の仕事に向いていない人の8個の特徴とその対策をお伝えします。また新人育

介護求人サイトを徹底比較!おすすめの6個のサイトを紹介します

介護の仕事を探そうと思ったとき、今の時代はネットから求人サイトを探し、そこから仕事を検索される方が多いと思います。とはいえ、今は求人サイトの数がたくさんあり、介護職に特化したサイトも増えてきています。介護の仕事を探す上で介護求人サイトを比較し、おすすめのものをまとめてみました。介護求人サイトのおすすめ6選私自身、介護職を何回か転職し、そのたびに求人サイトを利用してきました。そんな私のおすすめするサイトをご紹介します。ハローワークインターネットサービスご存知の通り、厚生労働省職業安定局が行っているハローワークの求人を見ることができます。介護職専門のサイトではないですが、介護の求人もたくさんありま