どんな仕事をしていても誰もが一度は思うでしょう「もうこの仕事辞めてしまいたい」と。

介護の仕事ももちろん例外ではありません。

ここでは実際に私が体験したことも含めて、介護の仕事の大変さや辞めてしまいたいと思ったことと併せて、介護の仕事のやりがいがどこにあるのかをご紹介します。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護士を辞めたいと思った4個の理由

介護の仕事をしていて辞めたいと思ったことは何度もあります。

ここでは私が体験した身体的苦痛と精神的苦痛の2種類についてご紹介します。

介護士を辞めたいと思った理由1:給与の低さ

まずは他の職業と比較し身体的にも精神的にも辛い職業でありながら給料が低いことが挙げられます。

人を相手にしている仕事ですので、自分の理想とする終業時間には業務が終わらないことも多いです。

利用者を抱えたり移乗したりすることも多く、身体的負担も大きい仕事ですが、給料は月に13万円~16万円程です。

夜勤手当や皆勤手当、通勤手当を合わせても、月に15万円~19万円程でしょう。

実際の労働時間を時給で換算してみて「普通のバイトでも頑張ればこれ位稼げるのではないか」と不意に考えてしまうことがありました。

介護職の年収は、こちらの記事を参考に!

介護士を辞めたいと思った理由2:職場の人間関係の悩み

介護の仕事では人間関係の縺こもつれは大変です。

人を相手に作業する中で、一人では到底不可能な場面に遭遇することが多くあります。

そのような時、職員が協力し合わなければ良い介護はできません。

そこで、職員同士で人間関係が悪化した場合、どのようなことが起きるかをご説明します。

上司の場合

上司との人間関係が悪化してしまった場合、日常の業務にそれほど支障はありませんが、例えば病気や急用での欠勤を申し出る際など上司に相談しなければならない時に、気まずくて相談ができ出来なかった結果、我慢して出勤してしまう・・・ということになりかねません。

そうなってしまうと自分にとって働きづらい職場と思えてきます。

誰しも働きにくい環境には身を置きたくないですよね。

こうなってしまうと退職を考えるのも時間の問題となるでしょう。

同僚の場合

同僚と良好な関係が築けていない場合は、職務上大きな障害が出てきます。

様々な場面で介護者一人では対応が大変な利用者や不穏になった利用者をなだめる場合など、誰かに協力を要請しなければならない時、忙しく働いている先輩介護士には声を掛けづらいものです。

気心の知れた同僚であれば気軽に協力を依頼できますが、良好な関係が築けていない場合、忙しい先輩介護士よりも協力を求めることが難しくなってしまいます。

そうなると「自分一人でなんとかしよう」と考えてしまいがちですが、それはとても危険な行為です。

何か事故が起きてからでは遅いので、同僚でも先輩介護士であっても気軽に協力を求められ、また自分もすぐに対応できできるよう、日頃から円滑な関係を築いておくことが大切です。

ご家族の場合

時折、利用者のご家族と介護者との間でトラブルが生じることがあります。

ご家族のほとんどは介護の現場についてそれほど知識が豊富というわけではありません。

特に特別養護老人ホームに入所されているご家族に多く見られる傾向ですが、「利用者の望むような介護をしてほしい」と入所の際に希望されます。

介護施設に入所すればもう大丈夫、介護施設に入所したからまだ長く生きられる、と、悪い言い方をすれば「勘違いされる人」が多いのです。

介護施設が一番安全な所ではありません。

介護施設では職員がご家族に代わって介護をしますが、健康を保証するものではありません。

我々は介護のプロではありますが、ご家族の要望に全て応えられるわけわけでもありません。

ご家族とのトラブルを避けるためにも、にご家族に誤解のないよう自分達が出来ることや応えられない要望などをきちんと説明し納得してもらった上で入所を決定して頂くことが大切です。

介護士を辞めたいと思った理由3:仕事内容が理想と違った

介護の仕事は、私の考えていた理想とは全く違いました。

利用者は皆介護者の言うことを聞いてくれる人達ばかりではありませんし、トイレの誘導には時間もかかり、食事の介助は食べさせるだけで終わるものではありません。

利用者は皆食事にも入浴にもトイレにも時間が掛かります。

利用者ごとに監察すべき項目もありますし、記録する書類も多くあります。

ここで私の体験をご紹介します。

私が一番最初に就職した特別養護老人ホームは、実習施設でお世話になった施設でした。

利用者の名前が分かっているということで入社2ヶ月で早くも担当する利用者が14人になりました。

最初は介護をするだけなら14人でも何とか大丈夫だろうと思っていました。

しかし、日々の食事介助や入浴介助、オムツ交換などの日常業務に加え、記録や書類作成など細々とした業務を時間内に終わらせるのは難しく、毎日のように残業を余儀なくされていました。

書類を書いて上司に提出し見せ、承認を貰うまで休日も自宅で書類と向き合っていました。

自分の能力が把握できていないことも要因の一つですが、介護以外にも仕事が沢山ありすぎて大変だと感じたことがありました。

介護士を辞めたいと思った理由4:腰を痛めて介助が難しくなった

介護者の離職理由の一番の要因は「腰痛」です。

私も特別養護老人ホームに就職していた時と病院で看護助手をしていた時に一度ずつぎっくり腰になりました。

ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニア等になり、以来たびたび腰痛に悩まされることもあります。

利用者を一人で抱えたり、トイレ誘導や体位変換等で利用者の体重を支えることが多い職業です。

腰痛を予防し介護者の身を守るためにも「ボディーメカニクス」を習得し、介護をする際に役立てましょう。

介護者の身体的負担の軽減は介護離れの抑止に繋がるかもしれません。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際に私の周りで介護士を辞めた人の理由とは?

私の周りで介護職自体を辞めてしまった人、今の介護施設を辞めて別の事業所に移ってしまった人達の利殖理由と、私が思ったことを体験談からご紹介します。

実際に介護士を辞めた人の理由1:入社時の働く条件と違ってきた

私が働いていた施設では正社員とパートの介護士がいましたが、夜勤や遅出ができるのは正社員だけでした。

最初のころ、正社員は殆どの人が残業をしていましたが、パートは定時に帰ることができていました。

その内正社員がだんだん退職していき、パートの人数が正社員を上回ってくるとパートが残業を強いられることが多くなり、小さな子供がいるパートの人は保育園の延長保育をお願いせざるを得なくなり、結果保育料の出費が重なり退職するという事態が起こりました。

実際に介護士を辞めた人の理由2:上司の心無い一言

介護の仕事をしている時に上司から心無い一言を言われ心が折れた、という人が何人もいました。

その心無い一言はたくさんありますが、例えば上司が出来ることを自分が出来なかったりすると「なんで出来ないの」「やる気がないなら出来ないんだよ」「普通そんなに時間がかかるものじゃない」等言われ、自分なりに頑張っていることを上司に認められないということが仕事のモチベーションを下げてしまい、介護の仕事自体に気力をなくしてしまう結果に繋がりました。

実際に介護士を辞めた人の理由3:自分の担当の要介護者が亡くなった

介護の現場で担当の利用者の容態が悪くなりそのまま亡くなられることは少なからずあります。

そんなとき、自分の介護が悪かったのではないか、自分はもっと良い介護が出来たのではないか、と後悔することがあります。

その場合n介護の仕事自体が怖くなってしまったりもします。

また担当の利用者が亡くなってしまったら、自分のせいで病院に送ることになったのではないか、と日々考えてしまう人がいました。

利用者は自分より先に亡くなることは、ごく自然なことです。

沢山の人を介護するということは、沢山の人をお見送りすることでもあります。

そのことを受け止められない人は、退職後に再度介護職に就くことは殆どありません。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

本当に辞める?介護士を辞める前にできること

介護職を辞めてしまおうと考える前に、本当に辞めてしまって良いのか、介護の仕事に未練はないのか、今一度しっかり考えてみましょう。

介護士を辞める前にできること1:初心を思い出す

自分が何故介護の仕事をしようと思ったのか、辞めてしまう前にもう一度考えてみましょう。

介護の仕事にやりがいを求めてきた人、とりあえずお給料が欲しかったから手っ取り早く介護を始めた人など、理由はそれぞれあるでしょう。

しかし介護の仕事を辞めてしまう前に、自分は介護の仕事で手に入れたものがあるか、介護の仕事をきちんと理解して辞めるのか、一度振り返って考えてみましょう。

介護士を辞める前にできること2:思いきって職場を変えるのもひとつの手

介護の職場は今自分が勤めている施設だけではありません。

介護施設の介護施設の種類や形態は多様化しており、選択肢はたくさんあります。

今働いている職場が自分に合っていないと感じた時は、介護職を辞めてしまう前に思い切って職場を変えてみる事も一つの手ではないでしょうか。

職場が変わるだけで介護に対するイメージは全く違ってきます。

自分が思う介護ができる職場の環境なのか、今の働きにくい職場環境が変わるのなら、転職して心機一転、介護をもう一度見つめ直してみても良いでしょう。

介護士の転職をする時は、こちらの記事を参考に!

大変な仕事だけど、やりがいを見つけるポイントとは?

これまで介護職の大変な面をご紹介してきましたが、介護の仕事はたくさんのやりがいもあります。

ここでは私が体験した介護の仕事のやりがいとそのやりがいを見つけるポイントをご紹介します。

やりがいを見つけるポイント1:他人との深い信頼関係が出来る

自分と家族の間には切れない関係がありますよね。

介護施設では利用者の身体的なお世話や時には精神的なケアもしていきます。

当然利用者は家族ではありませんが、一日一日介護をしていると家族の様な関係ができていきます。

利用者からも、この人なら体を任せられる、この人なら相談出来る、と心から信頼され、心や体のこと全てを任せてもらえるようになります。

そこで任されることが面倒だと感じる人もいるでしょう。

しかし利用者から全てを任せてもらえるということは自分を100%信頼してもらえているということです。

家族以外でそこまで信頼してもらえる関係は、そうあるものではありません。

介護を任される=自分を信頼してもらえていると考えると、介護自体がやりがいに変わってくるでしょう。

やりがいを見つけるポイント2:人が自分のする介護で笑顔になってくれる

介護をしていく上で「仕事をこなす」ということに囚われてしまい、誰の為に介護をしているのか、利用者の顔すら見ずに作業する人も多くいます。

介護は仕事に違いありませんが、利用者の為にしていることです。

流れ作業のように仕事をこなしていくことを介護とは言いません。

入浴や食事介助の時、トイレ誘導の時など事あるごとに利用者に優しく声をかけてみましょう。

色んな人がいますから反応も様々ですが、例えば「ありがとう」と言われたり、笑顔を返してくれたりすることもあります。

誰の為に介護をしているのか、自分は利用者を一人の人としてきちんと見ているか今一度考えてみましょう。

介護の仕事=時間が無くて大変、ではなく、介護=人が笑顔になる、と変換してみましょう。

やりがいを見つけるポイント3:人を助けられる力がつく

介護は基本的に人を助ける為にあるものです。

これは介護職を離れても自分の力として残るものです。

自分の両親や身近な人に介護が必要となった時には、介護職で培った知識や技術が必ず役に立ちますし、殊に心肺蘇生法はもしもの事態があった時に自らの力で救えるかもしれません。

私の経験を一つお話しますと、まだ高校を出て介護職に就いたばかりの頃、私の近所で交通事故がありました。

事故に遭ったのは近くに住む高齢者で、救急車が来るまで私は何もできず、結局その高齢者は亡くなってしまいました。

私が何かしても結果は同じだったかもしれませんが、何もできなかったことは今でも自分の心に残ってしまいます。

もっと自分に力があったらと思っていました。

自分の周りには何も起こらないなんてことは無いのです。

介護の現場では研修や先輩から命に関わるたくさんのことを学びます。

たくさん学びたくさん経験し自分の力をつけていきましょう。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

\今の仕事を辞めるか迷ったら/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

介護の仕事について大変な事ややりがいについてお話しました。

介護の現場では毎日様々なことが起こります。

私の介護に対する考えをまとめてみましょう。

自分の担当の利用者が亡くなられたり、先輩介護士から厳しく指導されてしまったりすると、著しく仕事へのモチベーションが下がってしまい転職や退職を考えてしまいがちです。

それは他の職場でも同様でしょうが、人を相手にする職業は、自分が失敗するとに人に迷惑をかけてしまう場合がある為、失敗した時の罪悪感が大きくなってしまいます。

介護の仕事は甘くはありませんが、学ぶところが多く、人を助けられた時の充実感も大きいのも事実です。

充実感をたくさん経験し、自分の介護力を上げ、介護職が良い仕事だと誇りを持てるようになっていきましょう。

「介護士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護の仕事が大変だと言われる理由や乗り越える方法は、こちらの記事を参考に!

  介護の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  介護の仕事を探せるおすすめ求人サイト
【高時給な仕事が多い!】介護専門の派遣会社。全国各地に支店があり、きめ細かい丁寧な対応が強みです。 公式サイト 公式サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
【介護初心者に優しい】介護の資格ナシの人も応募可!派遣の場合は、介護資格講座の受講料が0円で受講させてくれます 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

仕事の悩み 介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護


介護求人に関するコラム

ホームヘルパーの仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

「長く安定して働きたい」と、介護の仕事を目指している方も多いのではないでしょうか。高齢化が進むにつれて、介護サービスの必要性はますます増え、介護市場は今後も拡大すると予測されています。介護の仕事と一口にいっても、いろいろな種類がありますが、「ホームヘルパー」という仕事はご存知でしょうか?ホームヘルパーは、その名の通り利用者の自宅に訪問して介護を行う仕事です。介護の仕事なので、もちろん体力的にも精神的にもきついことがありますが、やりがいも多い仕事です。また、雇用形態によっては、好きな時間に働くことができるので、お子さんがいる方でも安心して働くことができます。では、肝心な仕事内容はどんなことを行う

埼玉で働きやすい福祉施設10選。女性が活躍できる職場環境プラチナ認定企業だけを厳選!

「介護などの福祉施設で働きたい」「でも、出産や子育てなどでなかなか思うように仕事が続けられない、条件に合った職場が見つからない」という女性も多いです。今回はそういった方々の中でも、埼玉県やその近辺に住んでいる人向けに、埼玉県の「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナ企業として認定を受けている福祉施設を紹介します。認定企業の中でもいくつか厳選しているので、女性も働きやすく・活躍もしやすい職場が見つかりやすいはず!ぜひ参考にしてみて下さいね。プラチナ認定企業とは?プラチナ認定企業とは、埼玉県が認定を行っている取り組みです。仕事と介護や育児の両立を支援する「多様な働き方実践企業認定制度」の一環とし

夜勤の介護は大変?経験して気づいた5個のメリット・デメリット

介護の仕事をしていると、3交代勤務があります。特に入所系の施設では夜勤が入ってきます。介護の仕事をしたいと考えている人で、夜勤に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。これまでとは全く違った勤務体制でもあり、夜に働くといったことに対して不安な気持ちがあるのは当然です。「眠らずに働くってできるの?」とか「仕事量はどうなのかな?何をするのかな?」など不安はつきませんよね。夕方から朝まで働くってそんな簡単に考えることってできないですよね。なんとなく大変なイメージしか出て来なくって、なかなか介護の仕事に就くことができずにいる方もいるでしょうね。この記事では、夜勤を経験して介護士だからこそ分

介護が向いてない人の8個の特徴と対策とは?介護業界15年の私が解説します

介護福祉士の仕事をしていると、「自分はこの仕事に向いていないのではないか・・・」と感じてしまう瞬間はありませんか。仕事で失敗をしてしまったり、イライラしてしまったり。体が疲れてしまっているなど、色々なことがありますよね。これは仕事をしている中で、誰もが一度は感じてしまうことだと思います。どんな仕事をしていても必ず失敗してしまうことはあります。そしてそんな時は、「自分に介護は向いてないかも」と感じてしまうものです。本当にそうでしょうか。失敗は必ず誰にでも起こりえます。この記事では、「向いていない」と感じる人のために、本当に介護の仕事に向いていない人の8個の特徴とその対策をお伝えします。また新人育

介護求人サイトを徹底比較!おすすめの6個のサイトを紹介します

介護の仕事を探そうと思ったとき、今の時代はネットから求人サイトを探し、そこから仕事を検索される方が多いと思います。とはいえ、今は求人サイトの数がたくさんあり、介護職に特化したサイトも増えてきています。介護の仕事を探す上で介護求人サイトを比較し、おすすめのものをまとめてみました。介護求人サイトのおすすめ6選私自身、介護職を何回か転職し、そのたびに求人サイトを利用してきました。そんな私のおすすめするサイトをご紹介します。ハローワークインターネットサービスご存知の通り、厚生労働省職業安定局が行っているハローワークの求人を見ることができます。介護職専門のサイトではないですが、介護の求人もたくさんありま